Sum 関数

クエリで指定されたフィールドに含まれる一連の値の合計を返します。

構文

Sum( expr )

expr プレースホルダーは、加算する数値データを含むフィールドを識別する文字列式、またはそのフィールドのデータを使用して計算を実行する式を表します。expr のオペランドには、テーブル フィールド名、定数、または関数を指定します。関数については、組み込み関数またはユーザー定義関数のどちらも指定できますが、他の SQL 集計関数は指定できません。

解説

Sum 関数は、フィールドの値を合計します。たとえば、Sum 関数を使用して、配送料の合計金額を決定できます。

Sum 関数は、Null フィールドを含むレコードを無視します。次の例は、製品の UnitPrice フィールドと Quantity フィールドの合計を計算する方法を示しています。

SELECT Sum(UnitPrice * Quantity) AS [Total Revenue]
FROM [Order Details];

Sum 関数は、クエリ式、およびQueryDef オブジェクトの SQL プロパティで使用することができます。また、SQL クエリに基づいて Recordset オブジェクトを作成する場合にも使用できます。



スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×