StrConv 関数

指定した文字列を変換して、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

StrConv ( string, conversion [, LCID ] )

StrConv 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

string

必須。変換される文字列式を指定します。

conversion

必須。整数データ型の値を指定します。実行する変換のタイプを指定する列挙型の値です。

LCID

省略可能。システムの LocaleID 値と異なる場合は、LocaleID 値を指定します (既定値は、システムの LocaleID です)。


設定値

引数 conversion引数 の設定値は次のとおりです。

定数

説明

vbUpperCase

1

文字列を大文字に変換します。

vbLowerCase

2

文字列を小文字に変換します。

vbProperCase

3

文字列内の各単語の先頭の文字を大文字に変換します。

vbWide *

4*

文字列内の半角文字 (1 バイト) を全角文字 (2 バイト) に変換します。

vbNarrow *

8*

文字列内の全角文字 (2 バイト) を半角文字 (1 バイト) に変換します。

vbKatakana **

16**

文字列内のひらがなをカタカナに変換します。

vbHiragana **

32**

文字列内のカタカナをひらがなに変換します。

vbUnicode

64

システムの既定のコード ページを使用して、文字列を Unicode に変換します (Macintosh では使用できません)。

vbFromUnicode

128

文字列を Unicode からシステムの既定のコード ページに変換します (Macintosh では使用できません)。


* 東アジア ロケールに適用されます。

** 日本にのみ適用されます。

注: 上記の定数は、Visual Basic for Applications (VBA) により指定されます。このため、定数を、実際の値の代わりにコードのどの部分でも使用できます。多くの場合、定数は、vbUpperCase + vbWide のように組み合わせて使用できます。ただし、vbUnicode + vbFromUnicode のように互いに両立しない定数を組み合わせて使用することはできません。定数 vbWidevbNarrowvbKatakana、および vbHiragana は、これらが適用されていないロケールで使用すると、実行時エラーの原因となります。

大文字と小文字の区別を適切に行うため、文字列内の単語を区切る有効な記号として、Null (Chr$(0))、水平タブ (Chr$(9))、ライン フィード (Chr$(10))、垂直タブ (Chr$(11))、フォーム フィード (Chr$(12))、キャリッジ リターン (Chr$(13))、スペース (1 バイト文字セット) (Chr$(32)) があります。DBCS の場合、スペースの実際の値は国や地域により異なります。

解説

ANSI 形式のバイト配列から文字列に変換する場合は、StrConv 関数を使用する必要があります。Unicode 形式のバイト配列から変換を行う場合は、代入ステートメントを使用します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、StrConv 関数を使用して Unicode 文字列を ANSI 文字列に変換します。

Dim i As Long
Dim x() As Byte
x = StrConv("ABCDEFG", vbFromUnicode) ' Convert string.
For i = 0 To UBound(x)
Debug.Print x(i)
Next
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×