StrConv 関数

指定した文字列を変換して、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

StrConv ( string, conversion [, LCID ] )

StrConv 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

string

必須。 変換される文字列式を指定します。

conversion

必須。 整数データ型の値を指定します。 実行する変換のタイプを指定する列挙型の値です。

LCID

省略可能です。 LocaleID (システムロケールとは異なる場合)。 (既定値はシステム LocaleID)

設定値

引数 conversion引数 の設定値は次のとおりです。

定数

説明

vbUpperCase

1

文字列を大文字に変換します。

vbLowerCase

2

文字列を小文字に変換します。

vbProperCase

3

文字列内の各単語の先頭の文字を大文字に変換します。

vbWide *

4*

文字列内の半角文字 (1 バイト) を全角文字 (2 バイト) に変換します。

vbNarrow *

8*

文字列内の全角文字 (2 バイト) を半角文字 (1 バイト) に変換します。

vbKatakana **

16**

文字列内のひらがなをカタカナに変換します。

vbHiragana **

32**

文字列内のカタカナをひらがなに変換します。

vbUnicode

64

システムの既定のコードページを使用して、文字列を Unicode に変換します。 (Macintosh では使用できません)。

vbFromUnicode

128

文字列を Unicode からシステムの既定のコードページに変換します。 (Macintosh では使用できません)。

* 東アジア ロケールに適用されます。

** 日本にのみ適用されます。

注: これらの定数は、Visual Basic for Applications (VBA) で指定します。 結果として、実際の値の代わりにコード内の任意の場所で使うことができます。 ほとんどの場合、 vbuppercase + vbwideなどを組み合わせることができます。たとえば、vbwide 場合は、 "vbwide ode + vbfromunicodeのようになります。 VbwidevbwideVbwide、およびvbwideの定数は、適用されないロケールで使用された場合にランタイムエラーを発生させます。

大文字と小文字の区別を適切に行うため、文字列内の単語を区切る有効な記号として、Null (Chr$(0))、水平タブ (Chr$(9))、ライン フィード (Chr$(10))、垂直タブ (Chr$(11))、フォーム フィード (Chr$(12))、キャリッジ リターン (Chr$(13))、スペース (1 バイト文字セット) (Chr$(32)) があります。 DBCS の場合、スペースの実際の値は国や地域により異なります。

解説

ANSI 形式のバイト配列から文字列に変換する場合は、StrConv 関数を使用する必要があります。 Unicode 形式のバイト配列から変換を行う場合は、代入ステートメントを使用します。

クエリの例

結果

ProductSales から Expr1 として、strConv (ProductDesc, 1) を選択します。

"ProductDesc" フィールドの値を大文字に変換し、列 Expr1 に表示します。

ProductSales からの小 Caseid として [strConv (ProductDesc, 2)] を選択します。

"ProductDesc" フィールドの値を小文字に変換し、列の小文字 Id で表示します。 すべての単語の最初の文字を "ProductDesc" から大文字に変換し、列の不適切な Id で表示します。 その他のすべての文字は小文字のままになります。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、StrConv 関数を使用して Unicode 文字列を ANSI 文字列に変換します。

Dim i As Long
Dim x() As Byte
x = StrConv("ABCDEFG", vbFromUnicode) ' Convert string.
For i = 0 To UBound(x)
Debug.Print x(i)
Next

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×