StrComp 関数

文字列式の結果を示す Variant (Integer) を返します。

構文

StrComp ( string1, string2 [, compare ] )

StrComp 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

string1

必須。任意の有効な文字列式。

string2

必須。任意の有効な文字列式。

compare

省略可能。文字列比較の種類を指定します。compare引数が Null の場合、エラーが発生します。compare を省略すると、Option Compare の設定によって、比較の種類が決まります。


設定

compare 引数の設定:

定数

説明

vbUseCompareOption

-1

Option Compare ステートメントの設定を使用して、比較を実行します。

vbBinaryCompare

0

バイナリの比較を実行します。

vbTextCompare

1

テキストの比較を実行します。

vbDatabaseCompare

2

Microsoft Office Access 2007 のみ。データベース内の情報に基づいて比較を実行します。


戻り値

StrComp 関数の戻り値は次のとおりです。

条件

StrComp の戻り値

string1 string2 より小さい

-1

string1 string2 が等しい

0

string1 string2 より大きい

1

string1 または string2Null である

Null


注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、StrComp 関数を使って、文字列比較の結果を返します。3 番目の引数が 1 の場合、テキスト比較が実行されます。3 番目の引数が 0 または省略された場合、バイナリ比較が実行されます。

Dim MyStr1, MyStr2, MyComp
MyStr1 = "ABCD": MyStr2 = "abcd" ' Define variables.
MyComp = StrComp(MyStr1, MyStr2, 1) ' Returns 0.
MyComp = StrComp(MyStr1, MyStr2, 0) ' Returns -1.
MyComp = StrComp(MyStr2, MyStr1) ' Returns 1.

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×