StopMacro マクロ アクション

Access デスクトップ データベースで StopMacro マクロ アクションを使って、現在実行されているmacroを中止することができます。

設定

StopMacro アクションには引数はありません。

解説

通常は、マクロを中止する必要がある場合に、このアクションを使います。このアクションを含むマクロのaction rowでconditional expressionを使うことができます。式の評価が True (–1) の場合、Access はマクロを中止します。

たとえば、custom dialog boxに入力した日の注文合計を表示するformを開くマクロを作成するとします。その場合、条件式を使って、ダイアログ ボックスの注文日controlに有効な日付が含まれていることを確認できます。含まれていない場合、MessageBox アクションでエラー メッセージを表示し、StopMacro アクションでマクロを中止することができます。

マクロで Echo または SetWarnings アクションを使い、echoまたはシステム メッセージの表示をオフにしている場合、StopMacro マクロ アクションで自動的にオンに戻ります。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールではこのアクションは使えません。

マクロを使用してフォームを同期する

次のマクロは、仕入れ先フォームの右下隅で製品リスト フォームを開き、現在の仕入れ先の製品を表示します。EchoMessageBoxGoToControlStopMacroOpenFormMoveAndSizeWindow の各マクロ アクションの使用が表示されます。MessageBoxGoToControl、および StopMacro の各アクションでの条件式の使用も表示されます。このマクロは仕入れ先フォームの製品レビュー ボタンに関連づけられている必要があります。

条件

操作

引数: 設定

コメント

Echo

エコーの設定:いいえ

マクロの実行中に画面の更新を停止します。

IsNull([SupplierID])

MessageBox

メッセージ:製品を確認する仕入れ先の記録に移動し、[製品レビュー] ボタンを再度クリックします。

警告音: はい

種類:なし

タイトル:仕入先を選択する

仕入先フォームに現在の仕入先がない場合、メッセージが表示されます。

...

GoToControl/コントロールの移動

コントロール名: CompanyName

CompanyName コントロールにフォーカスを移動します。

...

StopMacro

マクロを停止します。

フォームを開く

フォーム名:製品一覧

表示:データシート

フィルター名

Where Condition: [SupplierID] = [Forms]![Suppliers]![SupplierID]

データ モード:読み取り専用

ウィンドウモード: "標準"

製品一覧フォームを開き、現在の仕入先の製品を表示します。

MoveAndSizeWindow

:0.7799"

:1.8"

仕入れ先フォームの右下に製品一覧フォームを配置します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×