StopAllMacros マクロ アクション

Access デスクトップ データベースで StopAllMacros マクロ アクションを使って、現在実行されているすべてのマクロを中止することができます。

設定

StopAllMacros マクロ アクションには引数はありません。

解説

通常は、すべてのマクロを中止する必要があるエラーが発生した場合に、このアクションを使います。このアクションを含むマクロのアクション行で条件式を使うことができます。式の評価が True (–1) の場合、Access はすべてのマクロを中止します。

たとえば、他のマクロの実行を含む、いくつかの複合アクションの 1 つとしてメッセージ ボックスを表示するマクロがあるとします。ユーザーがこのメッセージ ボックスで [キャンセル] をクリックすると、StopAllMacros マクロ アクションで、実行中のすべてのマクロを中止できます。

マクロで Echo または SetWarnings アクションを使い、エコーまたはシステム メッセージの表示をオフにしている場合、StopAllMacros マクロ アクションで自動的にオンに戻ります。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールではこのアクションは使えません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×