Spc 関数

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

出力を配置するために Print # ステートメントまたは Print メソッドと共に使用されます。

構文

Spc ( n )

必須の n引数 は、一覧で次の式を表示または出力する前に挿入する必要があるスペースの数です。

解説

n が出力行の幅よりも小さい場合、出力されたスペースの数のすぐ後に次の出力位置が始まります。n が出力行の幅よりも大きい場合、Spc は次の出力位置の計算に次の数式を使用します。

currentprintposition + (n Mod width)

たとえば、現在の出力位置が 24、出力行の幅が 80 である場合に Spc(90) と指定すると、次の出力は位置 34 (現在の出力位置に 90/80 の残りを足したもの) から始まります。現在の出力位置と出力行の幅の差が n (または n Mod width) を下回る場合、Spc 関数は次の行の開始までスキップし、n – (widthcurrentprintposition) と等しいスペースを生成します。

注:  文字幅に合わせて表の幅が適切な幅になるようにします。

プロポーショナル フォントで Print メソッドを使用する場合、Spc 関数を使用して出力されるスペース文字の幅は、常に選択したフォントのポイントの、すべての文字の幅の平均になります。ただし、出力される文字数と、その文字が占める固定幅の列数に関連はありません。たとえば、大文字の W は 1 つの固定幅の列より大きくなりますが、小文字の i は 1 つの固定幅の列より小さくなります。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Spc 関数を使用して、ファイルとイミディエイト ウィンドウの出力を位置揃えしています。

' The Spc function can be used with 
' the Print # statement.
Open "TESTFILE" For Output As #1 ' Open file for output.
Print #1, "10 spaces between here"; Spc(10); "and here."
Close #1 ' Close file.

次の文では、30 のスペースの後、イミディエイト ウィンドウに (Print メソッドを使用して) テキストが出力されます。

Debug.Print Spc(30); "Thirty spaces later..."
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×