SmartArt ツールを使って組織図を作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

組織図をスライドに追加します。この操作を行うための SmartArt ツールの使用方法について説明します。

組織図にボックスを追加する

  1. 新しいボックスを追加する場所に最も近い場所にある既存のボックスをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブにある [グラフィックの作成] グループで、[図形の追加] の下の矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

注: [SmartArt ツール] タブまたは [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックが選択されていることを確認してください。

  • 選んだボックスと同じレベルで、その図形の後にボックスを挿入するには、[後に図形を追加] をクリックします。

  • 選んだボックスと同じレベルで、その図形の前にボックスを挿入するには、[前に図形を追加] をクリックします。

  • 選んだボックスより 1 つ上のレベルにボックスを挿入するには、[上に図形を追加] をクリックします。新しいボックスは、選択したボックスの位置に配置され、選んだボックスとその直下にあるすべてのボックスがそれぞれ 1 つ下のレベルに下がります。

  • 選んだボックスより 1 つ下のレベルにボックスを挿入するには、[下に図形を追加] をクリックします。

  • アシスタント ボックスを追加するには、[アシスタントの追加] をクリックします。アシスタント ボックスは、SmartArt グラフィックの同じレベルにある他のボックスの上に追加されますが、テキスト ウィンドウでは同じレベルの他のボックスの後に表示されます。[アシスタントの追加] は、組織図レイアウトでのみ利用でき、階層レイアウトでは利用できません。

さらに詳しく

テンプレートを使って PowerPoint で組織図を作成する

SmartArt グラフィックを使って組織図を作成する

テキスト ウィンドウで組織図の一部を作成し、その詳しい方法を

「ビデオ 2: テキスト ウィンドウを使って組織図を作成する」で説明しました。

組織図を完成させるために、今度は Smart Art ツールを使います。これは組織図を選ぶと必ず表示されます。

[デザイン] タブを使って組織図を完成させ、SmartArt のスタイルと配色を適用します。

ですが、まだ各管理者の直属の部下を追加する必要があります。 まず、管理者の田中 真夕を選びます。

次に、[図形の追加] の横の矢印をクリックし、[下に図形を追加] をクリックします。

これで田中 真夕に下位の図形が追加されました。

また、図形のレイアウトも自動的に調整されます。管理者の図形は左右に分岐しています。

これらは以前、縦に積み重なっていました。

図形を追加すると、分岐によって組織図が水平に作成されます。

田中 真夕のグループに別の図形を追加するには、新しい図形を選んだまま、

[図形の追加] の横の矢印をクリックして、[後に図形を追加] をクリックします。

管理者ごとにこの手順を繰り返します。管理者を選び、[図形の追加] の横の矢印をクリックして、[下に図形を追加] をクリックします。

[後に図形を追加] をクリックして、グループに別の図形を追加します。

管理者全員に新しい図形が追加されました。

次に、名前と役職を追加します。 拡大して表示します。

図形を選んで名前を入力し、Shift キーを押しながら Enter キーを押して新しい行を開始し、役職を入力します。

名前と役職をすべて入力したら、もう一度縮小します。

組織図を作成したら、レイアウトを調整できます。

たとえば、各管理者の下に名前を追加すると、組織図は縦長になります。

拡大して表示します。

縦長の組織図のレイアウトを変更するには、変更するグループの上にある図形、田中 真夕を選びます。

次に、[レイアウト] をクリックし、[左右に分岐] を選んで、図形を両側に分岐させます。

グループごとにこれを行い、組織図を水平に広げて、下に図形を追加できるようにスペースを作ります。

拡大して、組織図で図形を移動する方法を見てみましょう。

田中 真夕と直属の部下を小林 良太のグループの右側に移動する場合、田中 真夕をクリックして、[下へ移動] をクリックします。

図形のレベルの上げ下げは、それほど簡単ではありません。

小林 良太の部下である鈴木 莉子が管理者に昇格したとします。

鈴木 莉子を選んで、[レベル上げ] をクリックします。

鈴木 莉子は管理者のレベルに昇格しましたが、同僚のエンジニアの岡本 聡志が鈴木 莉子の部下になってしまいました。

これで正しいとして、実際に小林 良太が異動になったとします。

小林 良太を選んで Delete キーを押すと、組織図は正しくなります。

しかし、小林 良太は異動にならず、岡本 聡志がまだ彼の部下であるなら、次のようにして鈴木 莉子を昇格させます。

小林 良太を選び、[図形の追加] の横の矢印をクリックして、[後に図形を追加] をクリックします。

これで、小林 良太の横の管理者のレベルに、新しい空の図形が挿入されます。

次に、鈴木 莉子の情報を削除し、新しい図形に彼女の名前と新しい役職を入力します。

鈴木 莉子の古いポジションは、後で入力できるように空けておきます。

組織図が完成し、スライド タイトル用のテキスト ボックスも挿入しました。

ここで、組織図を少し拡大します。

組織図をクリックして選び、隅をポイントして、双方向の矢印をドラッグします。

組織図を中央揃えにするには、[ホーム] タブの [配置] をクリックし、[配置] をポイントして [左右中央揃え] をクリックします。

組織図のスタイルを設定するには、[SmartArt ツール] の下の [デザイン] タブをクリックし、SmartArt スタイルを適用します。

それぞれのスタイルをポイントすると、プレビュー表示されます。

たとえば、[光沢] などです。

次に、[色の変更] をクリックし、色のスタイルを選びます。 ポイントすると、色のスタイルのプレビューが表示されます。

組織図の最初の外観に戻って最初からやり直す場合、[グラフィックのリセット] をクリックします。

SmartArt のレイアウトとさまざまなツールやスタイルを使って、わかりやすい組織図を楽しく作成できました。

詳しくは、コースのまとめをご覧いただき、ご自分で試してみましょう。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×