SmartArt グラフィックの背景の書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、変更して、SmartArt グラフィックの背景を書式設定について説明します。スライドの背景については、スライドの背景色を書式設定を参照してください。Microsoft Office PowerPoint 2003 で使用したパターンの塗りつぶしに似た、ない詳細パターンの塗りつぶし PowerPoint 2007 でを参照してください。文書の背景として使用する画像を変更するには、 [置換] または [削除する図を参照してください。SmartArt グラフィックの図形に塗りつぶし効果を追加する方法の詳細については、図形、図形の境界線、または SmartArt グラフィック全体の色の変更を参照してください。

SmartArt グラフィックの背景には、単色やグラデーションの塗りつぶしの色を使用したり、背景としてテクスチャや画像を使用することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

SmartArt グラフィックの背景色を変更する

SmartArt グラフィックの背景として塗りつぶし (グラデーション) を使用する

SmartArt グラフィックの背景としてテクスチャを使用する

SmartArt グラフィックの背景として図を使用する

SmartArt グラフィックから背景色、塗りつぶし (グラデーション)、テクスチャ、または図を削除する

SmartArt グラフィックの背景色を変更する

  1. SmartArt グラフィックの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  2. [塗りつぶし] ペインをクリックし、[塗りつぶし (単色)] をクリックします。

  3. [] ボタン イメージ をクリックし、目的の色をクリックします。

    背景をテーマの色に含まれていない色に変更するには、[その他の色] をクリックし、[標準] タブで使う色をクリックするか、[ユーザー設定] タブで独自の色を作成します。ユーザー設定の色または [標準] タブの色は、後で文書のテーマを変更しても更新されません。

  4. 背景色が透けて見える度合いを指定するには、[透明] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。透過性には、0% (完全に不透明、既定値) から 100% (完全に透明) までの値を指定できます。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックの背景として塗りつぶし (グラデーション) を使用する

グラデーションを使用すると、薄い網掛けから濃い網掛け、または 1 つの色から別の色に徐々に変わる効果を作成できます。グラデーションを使用して、レインボー効果を作成することもできます。

  1. SmartArt グラフィックの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  2. [塗りつぶし] ウィンドウをクリックし、[塗りつぶし (グラデーション)] をクリックします。

  3. 組み込みのグラデーションの塗りつぶしを選択するには、[既定の色] [プリセット] ボタン をクリックし、希望のオプションをクリックします。

  4. グラデーションの塗りつぶしのオプションを設定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • グラデーションの塗りつぶしを行うときの方向を指定するには、[種類] の一覧からオプションを選択します。選択した種類が [方向] の下に表示されるオプションを決定します。

    • 色や網掛けに別の方向を選択するには、[方向] をクリックし、希望のオプションをクリックします。使用できる方向は、[種類] の一覧から選択したグラデーションの種類によります。

    • グラデーションの塗りつぶしの図形内での回転角度を指定するには、[角度] ボックスに、希望の角度の値を入力します。このオプションは、[種類] 一覧で [線形] を選択した場合のみ表示されます。

    • グラデーションの分岐点を設定するには、一覧で分岐点の数値をクリックし、位置、色、透過性の値を設定します。

      グラデーションの分岐点は、位置、色、および透過性の値で構成され、非線形グラデーションの作成に使われます。たとえば、赤、緑、青と変化するグラデーションを作成する場合、3 つのグラデーションの分岐点 (各色に 1 つの分岐点) を追加する必要があります。図形の隅にのみグラデーションを表示する場合は、グラデーションの分岐点を使用してグラデーションを非線形にする必要があります

      位置を設定するには (グラデーションの塗りつぶしの色と透過性が変わる場所)、[分岐点] スライダーを移動するか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

      グラデーションの分岐点に使用する色を選択するには、[] ボタン イメージ をクリックして、目的の色をクリックします。1 つ色のグラデーションを作成するには、同じ色の別の網掛けを選択します。複数の色のグラデーションを作成するには、グラデーションの分岐点ごとに別の色を選択します。たとえば、最初のグラデーションの分岐点を赤にし、2 つ目のグラデーションの分岐点はオレンジにすると、レインボー効果を作成できます。

      背景色が透けて見える度合いを指定するには、[透過性] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。透過性には、0% (完全に不透明、既定値) から 100% (完全に透明) までの値を指定できます。透過性はグラデーションの分岐点に適用され、塗りつぶし全体には適用されません。

  5. ヒント: 既存のグラデーションの分岐点を調整するには、一覧で変更する分岐点の数値をクリックします。分岐点を追加または削除するには、[追加] または [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックの背景としてテクスチャを使用する

  1. SmartArt グラフィックの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  2. [塗りつぶし] ウィンドウをクリックし、[塗りつぶし (図またはテクスチャ)] をクリックします。

  3. [テクスチャ] をクリックし、使用するテクスチャをクリックします。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックの背景として図を使用する

  1. SmartArt グラフィックの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  2. [塗りつぶし] ウィンドウをクリックし、[塗りつぶし (図またはテクスチャ)] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルから図を挿入するには、[ファイル] をクリックし、挿入する図を探してダブルクリックします。

    • コピーした図を貼り付けるには、[クリップボード] をクリックします。

    • クリップ アートを背景の画像として使うには、[クリップ アート] をクリックして、[検索文字列] ボックスに、目的のクリップを表す単語や語句を入力するか、クリップ アートのファイル名またはファイル名の一部を入力します。

    • 検索時に Microsoft Office Online で使用できるクリップ アートを追加するには、[Office Online のコンテンツを含める] チェック ボックスを選んで、[検索] をクリックし、挿入するクリップをクリックします。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックから背景色、塗りつぶし (グラデーション)、テクスチャ、または図を削除する

  1. SmartArt グラフィックの境界線を右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  2. [塗りつぶし] ウィンドウをクリックし、[塗りつぶしなし] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×