SmartArt グラフィックのレイアウトと種類を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SmartArt グラフィックを作成する場合は、SmartArt グラフィックのカテゴリまたは種類からレイアウトを選択します。各種類にはさまざまなレイアウトが含まれています。たとえば、[循環] 種類では [中心付き循環] レイアウトを選択できます。

この記事の内容

レイアウトと SmartArt グラフィックの種類の変更の概要

SmartArt グラフィックのレイアウトを変更します。

SmartArt グラフィックの種類を変更します。

SmartArt グラフィックのレイアウトと種類の変更の概要

SmartArt グラフィックのレイアウトには図形の数が一定数に固定されているものがあります。たとえば、[集合関係] 種類の [対立とバランスの矢印] レイアウトは 2 つの相反するアイデアまたはコンセプトだけを表すようにデザインされています。このため、2 つの図形だけにテキストを含むことができます。

2 つのテキスト用図形を持つ対立とバランスの矢印

3 つ以上のアイデアを伝える場合は、[ピラミッド リスト] レイアウトのように 3 つ以上のテキスト用図形を持つレイアウトに切り替えます。SmartArt グラフィックのレイアウトまたは種類を変更すると、情報の外見上の意味が変わる可能性があることに注意してください。たとえば、[手順] 種類の [基本ステップ] のように矢印がすべて右向きのレイアウトと、[循環] 種類の [連続性強調循環] のように矢印が円の中にあるレイアウトでは意味が異なります。

両方を追加して、ほとんどの SmartArt グラフィックの図形の削除を実行できます。 も、最適な視覚的に表現するデータを提供するレイアウトを選択する必要があるため、さまざまな図形の位置を変更します。追加または図形を削除する、または両方の図形の数と、図形内のテキストの量に基づいて、テキストを編集するには、配置と図形の位置が自動的に更新されます。

SmartArt グラフィックをカスタマイズし、その後にグラフィックのレイアウトを変更すると、カスタマイズされた内容の一部が新しいレイアウトに引き継がれない場合があります。ただし、現在の 2007 Microsoft Office system ドキュメントを保存して閉じる前に元のレイアウトに戻った場合、カスタマイズされた内容はすべて元のレイアウトで再現されます。

新しいレイアウトでの見栄えがよくないため、引き継がれないカスタマイズ内容もあります。次の表は保存されるカスタマイズ内容と、失われるカスタマイズ内容を特定しています。

引き継がれるカスタマイズ内容

引き継がれないカスタマイズ内容

色 (線および塗りつぶしスタイルなど)

図形の回転

スタイル (個々の図形、および SmartArt グラフィック全体に適用されたスタイルなど)

図形の反転

効果 (影、反射、面取り、光彩など)

図形の位置変更

テキストに適用された書式設定

図形のサイズ変更

図形座標の変更 (例: 円から四角への変更)

右から左、または、左から右への方向の変更

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックのレイアウトを変更する

  1. レイアウトを変更する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [レイアウト] で、目的のレイアウトをクリックします。

    1 つの種類] で [レイアウト] グループ内で使用できるレイアウトをすべて表示するには、レイアウトのサムネイルの横にあるその他] ボタン ボタン イメージ をクリックします。すべての種類やレイアウトを確認するには、[その他のレイアウト] をクリックします。

    [SmartArt ツール] タブまたは [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択したことを確認してください。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックの種類を変更する

  1. 種類を変更する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [ SmartArt ツール] の [デザイン] タブの [レイアウト] グループで [その他] ボタン ボタン イメージ をクリックし、[その他のレイアウト] をクリックします。

    [SmartArt ツール] タブまたは [デザイン] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックを選択したことを確認してください。

  3. 使用する種類とレイアウトをクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×