SmartArt グラフィックにアニメーションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

提供をさらに強調またはフェーズで、情報を表示、SmartArt グラフィックのアニメーションをSmartArt グラフィックまたは個々 の図形に追加します。たとえば、画面の片側からすばやくスライドインする図形や、ゆっくりとフェード インする図形を作成できます。

アニメーションを追加する

SmartArt グラフィックのアニメーションを設定するには、は、アニメーションを設定する]、 [アニメーション] をクリックする SmartArt グラフィックに移動し、[アニメーション] グループで、目的のアニメーションの種類をクリックします。その他の選択肢を表示する ボタン イメージ その他] をクリックします。(アニメーションを削除するにだけ] をクリックします。)

[アニメーション] タブの [その他] ボタン

アニメーションを追加すると、個々の図形にアニメーションを設定できるようになります。

  1. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、効果のオプション] をクリックし、[ 1 つずつ] をクリックします。

    [アニメーション] グループの [効果のオプション] ボタン

  2. [アニメーションの詳細設定] グループで[アニメーション ウィンドウ]をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. [アニメーション ウィンドウ]一覧で、SmartArt グラフィック内のすべての図形を表示する展開プロセス 展開記号 ] をクリックします。

  4. すべてのアニメーションを設定する、(ctrl キーを押し、[順番にそれぞれの図形] をクリックして、[アニメーション]グループなし] をクリックしない図形を選択します。(これによって、アニメーション効果が図形削除されます。これは、から削除されない、図形、SmartArt グラフィック。)

    [アニメーション] グループの [なし] (アニメーション効果を指定しない) のオプション

  5. 選択しなかった残りの図形については、[アニメーション ウィンドウ] で各図形を個別に右クリックし、目的のアニメーション オプションを選びます。

ヒント: ([アニメーションの詳細設定] グループで[アニメーション] タブ) 1 つの SmartArt グラフィックからにアニメーションをすばやくコピーするアニメーションのコピー/貼り付けを使用します。

  1. アニメーションの順序を逆にしたい SmartArt グラフィックを表示します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、ダイアログ ボックス起動ツールの リボンのダイアログ ボックス起動ツール ボタン ] をクリックします。

    [アニメーション] タブのダイアログ ボックス起動ツール

  3. [SmartArt アニメーション] タブをクリックし、[順序を逆にする] チェック ボックスをオンにします。

    [SmartArt アニメーション] タブの [順序を逆にする] チェック ボックスの部分

さまざまな効果オプションを使ってアニメーションを微調整することができます。

重要: 一部のアニメーション効果は、SmartArt グラフィックには適用できませんが、図形には適用できます。これらの効果を SmartArt グラフィックに適用する場合は、その SmartArt グラフィックを右クリックし、さらに [図形に変換] をクリックします。

  1. アニメーションを微調整したい SmartArt グラフィックを表示します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. [アニメーション ウィンドウ] ボックスの一覧で、変更するアニメーションの右側にある矢印をクリックした後、[効果のオプション] をクリックします。

    ドロップダウン メニューに [効果オプション] が表示されている

  4. 表示されたダイアログ ボックスの [SmartArt アニメーション] の [グループ グラフィック] ボックスの一覧から、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    [1 つのオブジェクトとして]

    SmartArt グラフィック全体を 1 つの画像またはオブジェクトと見なしてアニメーションを設定します。

    [すべて同時]

    各図形に対して個別のアニメーションを同時に設定します。[1 つのオブジェクトとして] との違いは、図形が回転または拡大するアニメーションで顕著に現れます。[すべて同時] を選んだ場合、回転または拡大するのは個々の図形ですが、 [1 つのオブジェクトとして] を選んだ場合は、SmartArt グラフィック全体が回転または拡大します。

    [個別]

    個々の図形に対してアニメーションを順次設定します。

    [レベル (一括)]

    同じレベルにあるすべての図形に対してアニメーションを同時に設定します。たとえば、第 1 レベルのテキストが表示された図形と第 2 レベルのテキストが表示された図形がそれぞれ 3 つずつある場合、まず第 1 レベルの図形にまとめてアニメーションが設定され、その後で第 2 レベルの図形にまとめてアニメーションが設定されます。

    [レベル (個別)]

    各レベルにある個々の図形に対してアニメーションを順次設定します。ただし、1 つのレベル内で設定が終わるまで、次のレベルでの設定は行われません。たとえば、第 1 レベルのテキストが表示された図形が 4 つ、第 2 レベルのテキストが表示された図形が 3 つある場合、まず第 1 レベルの各図形にアニメーションが順次設定され、その次に第 2 レベルの各図形に対してアニメーションが順次設定されます。

注記: 

  • [すべて同時] を選んだ場合のアニメーションと、[1 つのオブジェクトとして] を選んだ場合のアニメーションでは、その動作に違いがあります。たとえば、[すべて同時] オプションと [スライドイン] アニメーションを選んだ場合、すべての図形がそれぞれの移動先へ同時に到達するよう、移動距離の長い図形ほど移動速度が速くなります。一方、これと同じアニメーションと [1 つのオブジェクトとして] オプションを選択すると、すべての図形が同じ速度で移動します。

  • [1 つのオブジェクトとして] 以外のオプションを選んだ場合、SmartArt グラフィックの背景はスライド上に表示されます。背景にはアニメーションを設定できないため、スライドの見栄えが悪い場合は、SmartArt グラフィックの塗りつぶしや線を [なし] に設定してみてください。

  1. アニメーションを削除する場合の SmartArt グラフィックに移動します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

    アニメーション ウィンドウ

  3. アニメーション ウィンドウ] ボックスの一覧で、変更するアニメーションの右側にある矢印をクリックし、[削除] をクリックします。

アニメーションが最適かを決定するには、ほとんどのアニメーションが、テキスト ウィンドウの最上位の行頭文字で始まるし、そこから下へ移動するための SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウで、情報を確認します。または、再生できるアニメーション逆の順序で (上にある「アニメーションの順序を逆」セクションを参照してください)。テキスト ウィンドウが表示されない場合、は、[ SmartArt ツールの [デザイン] タブの [グラフィックの作成] で[テキスト ウィンドウ]をクリックします。

使うことができるアニメーションは SmartArt グラフィックのレイアウトによって異なりますが、使用できるアニメーションであれば、すべての図形に対して同時に設定することも各図形に対して個別に設定することもできます。

SmartArt グラフィックに適用するアニメーションは、図形、テキスト、または WordArt に適用できるアニメーションとは次の点で異なります。

  • 図形間の接続線は、常に 2 番目の図形に関連付けられ、個別にアニメーションが設定されることはありません。

  • SmartArt グラフィック内の複数の図形に 1 つのアニメーションを適用した場合、そのアニメーションは図形が表示される順序で再生されます。アニメーションの順序は全体を逆転させることしかできません。

    例:    6 つの図形があり、それぞれの図形に A から F までの各アルファベットが 1 つずつ順に割り振られているとします。このときアニメーションは、A から F の順に再生されるか F から A の順に再生されるかのどちらかです。A から C まで再生した後 F から D まで再生するなど、変則的な順序での再生はできません。ただし、複数のスライドを作成すれば、擬似的にこのような順序で再生することは可能です。この例の場合、A から C の順にアニメーションを再生するスライドと F から D の順にアニメーションを再生するスライドを作成します。

  • SmartArt グラフィックのレイアウトを切り替えると、追加したすべてのアニメーションが新しいレイアウトに転送されます。

アニメーションを追加する

重要: 色のタイプ ライター開始効果または反転の終了効果などの他のアニメーション効果は図形に対してのみ利用できます。SmartArt グラフィックで使用できる効果が淡色表示されます。SmartArt グラフィック、個々 の図形に SmartArt グラフィックに変換するには、および [アニメーション効果を追加で使用できるアニメーション効果を使用する場合。

  1. アニメーション化する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] で、[アニメーション] ボックスの一覧から目的のアニメーションをクリックします。

    Animations tab image

  1. アニメーション化する SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの[アニメーション] グループで、分岐を 1 つずつクリックするかをレベル 1 つずつを選択します。

    Animations tab image

  3. [アニメーション] タブの [アニメーション] で [アニメーションの設定] をクリックします。

    [アニメーション] グループのイメージ

  4. カスタム アニメーション リストでは、SmartArt グラフィック内のすべての図形を表示する展開プロセス 展開記号 ] をクリックします。

  5. アニメーションの設定] リストで、すべての図形を CTRL キーを押しながら、各図形を順番にクリックして、アニメーションを設定したくないを選択します。

  6. [削除] をクリックします。これは、図形のアニメーション効果を削除します。SmartArt グラフィックから図形自体を削除してされません。

  7. 残りの各図形に対して、[アニメーションの設定] リストで図形を選択することによって、設定するアニメーションのオプションを正確に選択し、図形を右クリックするか、[変更] をクリックします。

  8. 使用するアニメーションのオプションを選択が完了したら、アニメーションの設定] ウィンドウを閉じます。

注: SmartArt グラフィックで使用できる効果が淡色表示されます。SmartArt グラフィック、 SmartArt グラフィックを個々 の図形に変換してアニメーション効果を追加で使用できるアニメーション効果を使用する場合。

  1. 順序を逆にするアニメーションが設定されている SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] で [アニメーションの設定] をクリックします。

    [アニメーション] グループのイメージ

  3. ユーザー設定のアニメーションリストで、ユーザー設定のアニメーションを右クリックし、[効果のオプション] をクリックします。

  4. [SmartArt アニメーション] タブをクリックし、[順序を逆にする] チェック ボックスをオンにします。

レイアウトによっては、使用すると、SmartArt グラフィックのアニメーションを設定するときに、次のオプションを使用して、アニメーションを微調整ことができます。

アニメーション

説明

[1 つのオブジェクトとして]

SmartArt グラフィック全体を 1 つの大きな図またはオブジェクトのように見なして、アニメーションを適用します。

[すべて同時]

SmartArt グラフィック内のすべての図形が同時に動くように、アニメーションを設定します。[1 つのオブジェクトとして] との違いは、図形が回転または拡大される場合に最も大きく現れます。[すべて同時] では、各図形が個別に回転または拡大されます。[1 つのオブジェクトとして] では、SmartArt グラフィック全体が回転または拡大されます。

[個別]

各図形に個別にアニメーションを設定し、1 つずつ順番に動かします。

[分岐別 (個別)]

同じ分岐のすべての図形が同時に動くように、アニメーションを設定します。このアニメーションは、組織図または階層構造レイアウトの分岐に適しており、[個別] と同様の動作になります。

[レベル別 (一括)]

同じレベルのすべての図形が同時に動くように、アニメーションを設定します。たとえば、第 1 レベルのテキストを含む図形が 3 つと、第 2 レベルのテキストを含む図形が 3 つ存在するレイアウトでは、まず第 1 レベルのテキストを含む 3 つの図形が一緒に動き、次に第 2 レベルのテキストを含む 3 つの図形が一緒に動きます。

レベル 1 およびレベル 2 テキストが表示されたテキスト ウィンドウのイメージ

[レベル別 (個別)]

SmartArt グラフィック内の図形に対して、まずレベル別にアニメーションを設定し、次にレベル内の個々の図形にアニメーションを設定します。たとえば、第 1 レベルのテキストを含む図形が 4 つと、第 2 レベルのテキストを含む図形が 3 つ存在するレイアウトでは、まず第 1 レベルのテキストを含む 4 つの図形がそれぞれ個別に動き、次に第 2 レベルのテキストを含む 3 つの図形がそれぞれ個別に動きます。

注記: 

  • [すべて同時] を適用すると、アニメーションによっては [1 つのオブジェクトとして] を適用した場合とは異なる動作になることがあります。たとえば、[スライドイン] アニメーションに [すべて同時] オプションを適用すると、すべての図形が目的の位置に同時に到達できるように、より遠くまで移動する図形の速度が速くなります。[1 つのオブジェクトとして] を適用した場合は、SmartArt グラフィックのすべての部分が同じように ([スライドイン] の例では同じ速度で) 動きます。

  • SmartArt グラフィックに [1 つのオブジェクトとして] 以外で適用したアニメーションがある場合、その SmartArt グラフィックの他のアニメーションに [1 つのオブジェクトとして] を適用することはできません。複数のアニメーションを SmartArt グラフィックに適用する場合は、すべてを [1 つのオブジェクトとして] のアニメーションにするか、すべてを [1 つのオブジェクトとして] 以外のアニメーションにする必要があります。

  • アニメーションを [1 つのオブジェクトとして] 以外で SmartArt グラフィックに適用した場合、SmartArt グラフィックの背景は常にスライド上に表示されます。塗りつぶしや線が適用されていない背景ははっきりとは見えないことがありますが、背景にアニメーションを設定することはできません。

  • [スライドイン] などのアニメーションを SmartArt グラフィックに適用した後、特定の図形からアニメーションを削除した場合、アニメーションを削除した図形は最初からスライドに表示されるようになります。

  • アニメーションが適用されている SmartArt グラフィックを別のスライドにコピーすると、アニメーションもコピーされます。

  1. 削除するアニメーションが設定されている SmartArt グラフィックをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] で、[アニメーション] ボックスの一覧の [アニメーションなし] をクリックします。

    [アニメーション] グループのイメージ

SmartArt グラフィックのレイアウトにアニメーションが最適かを決定するには、情報を表示する SmartArt グラフィックのテキスト ウィンドウのため、ほとんどのアニメーションは、テキスト ウィンドウの上部にある起動し、下に移動します。または、再生できるアニメーション逆の順序で (上にある「アニメーションの順序を逆」セクションを参照してください)。[テキスト] ウィンドウが表示されない場合は、表示できます。

使用可能なアニメーションは SmartArt グラフィックに選択されているレイアウトによって異なりますが、どの場合でも、すべての図形を同時に動かすか、または一度に 1 つの図形を動かすことができます。

SmartArt グラフィックにアニメーションを設定する最も簡単な方法は、[アニメーション] ボックスの一覧から選択することです。必要に応じて、作業ウィンドウの [アニメーションの設定] でアニメーションをカスタマイズできます。

編集記号の番号付きタグを使用して、スライドのアニメーション効果のあるアイテムが記載されています。これらのタグ [アニメーションの設定]ボックスの一覧のアニメーションに対応する SmartArt グラフィックの横に表示される、標準にのみ表示ビューでアニメーションの設定]作業ウィンドウが表示されます。

SmartArt グラフィックに適用するアニメーションは、図形、テキスト、または WordArt に適用できるアニメーションとは次の点で異なります。

  • 図形間の接続線は、常に 2 番目の図形に関連付けられ、個別にアニメーションが設定されることはありません。

  • SmartArt グラフィック内の図形にアニメーションを適用した場合、アニメーションは図形が表示される順序で再生されます。再生順序は変更できませんが、順序全体を逆にすることだけはできます。たとえば、6 個の図形があり、それぞれに A から F までの文字が 1 つずつ含まれている場合、アニメーションを再生できる順序は A から F または F から A になります。A から C の後に F から D を再生するなど、ばらばらの順序でアニメーションを再生することはできません。ただし、複数のスライドを作成すると、この順序を擬似的に実現できます。この例では、A から C までの図形にアニメーションを設定した 1 つのスライドと、F から D までの図形にアニメーションを設定した 2 番目のスライドを作成します。

  • 別のレイアウトに切り替えを追加したすべてのアニメーションは、新しいレイアウトに転送されます。

注: 意図したメッセージが伝わりにくくなったり、出席者を圧倒したりするのを避けるために、アニメーションは多用しすぎないようにしてください。

関連項目

SmartArt グラフィックを作成する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×