SmartArt グラフィックとグラフの使い分け

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SmartArt グラフィックは、情報やアイデアを視覚的に表現したものであり、グラフは数値またはデータを視覚的に示したものです。基本的に、SmartArt グラフィックはテキスト用に設計され、グラフは数値用に設計されています。

SmartArt グラフィックとグラフのどちらを使用するかを決めるには、次の情報を参考にしてください。

SmartArt グラフィックを使用する作業

  • 組織図を作成する。

  • 意思決定ツリーなどの階層構造を示す。

  • プロセスやワークフローにおけるステップや段階を示す。

  • プロセス、手順、またはその他のイベントの流れを示す。

  • 情報を一覧で示す。

  • 循環する情報や繰り返される情報を示す。

  • 重なり合う概念など、要素間の関係を示す。

  • マトリックス図を作成する。

  • ピラミッド図内の比例関係や階層関係を示す。

  • SmartArt グラフィック レイアウトでテキストを入力して、自動的に配置および位置揃えすることによって図をすばやく作成する。

SmartArt グラフィックを作成するには、「SmartArt グラフィックを作成する」をご覧ください。使用する SmartArt グラフィック レイアウトを決定する方法については、「SmartArt グラフィックを選択する」をご覧ください。

グラフを使用する作業

  • 横棒グラフまたは縦棒グラフを作成する。

  • 折れ線グラフまたは散布 (データ要素) 図を作成する。

  • さまざまな株価を図示するために使用される株価チャートを作成する。

  • 等高線グラフ、ドーナツ グラフ、バブル グラフ、レーダー グラフ、または円グラフを作成する。

  • 棒グラフや折れ線グラフなどの複合グラフを作成する。

  • Microsoft Excel ブックのライブ データにリンクする。

  • Microsoft Excel ブックの数値が更新されたときにグラフを自動的に更新する。

  • "What-if"計算を使用してグラフの番号を変更して、変更が自動的に表示することと、すぐに反映をできるようにします。

  • データに基づいて凡例または目盛線を自動的に追加する。

  • 誤差範囲やデータ ラベルなどのグラフ特有の機能を使用する。

グラフの作成方法について詳しくは、[参照] セクションのリンクをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×