SmartArt グラフィックから図形を削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、SmartArt グラフィックまたは SmartArt グラフィックの図形の削除について説明します。SmartArt グラフィックから図形を削除しない場合は、以下のリンクが役立つことがあります。

テキスト ウィンドウまたは SmartArt グラフィック内から図形を削除することができます。

この記事の内容

図形の削除の概要

テキスト ウィンドウ内から図形を削除する

SmartArt グラフィック内から図形を削除する

SmartArt グラフィックの接続線または矢印を削除する

SmartArt グラフィック全体を削除する

SmartArt グラフィックからクリップ アートまたは図を削除する

図形の削除の概要

第 2 レベルのテキストが存在している状態で第 1 レベルのテキストの行を削除すると、第 2 レベルの 1 番目の行が第 1 レベル (一番上の図形) に上がります。次の図では、図形 One、Two、Three のすべてに、行頭文字と英字で構成されている第 2 レベルのテキストが含まれています。

2 レベルのテキストを表示する縦方向プロセス

図形 Two から第 1 レベルのテキストを削除すると、第 2 レベルのテキスト C が第 1 レベルに上がります。

レベル 2 のテキストを上に移動した縦方向プロセスのレイアウト

大きい図形の一部である図形を削除することはできません。たとえば、次の図に示す [リスト] 種類の [画像付きカード型リスト] レイアウトでは、3 つの大きい図形のいずれかから小さい円の図形だけを削除することはできません。関連付けられた図形はすべて一緒に選ぶ必要があり、そうすることによって大きい図形を削除できます (関連付けられた図形とは、大きい図形を作るために組み合わされた図形のことです)。以下の例では、関連付けられた図形が選択されています。

選択済みの関連付けられた図形を示す画像付きカード型リスト

[対立とバランスの矢印] レイアウト ([集合関係] 種類) 内の背景の図形 (矢印や除数バーなど) も削除することはできません。

ページの先頭へ

テキスト ウィンドウ内から図形を削除する

  1. 削除する図形を表すテキストの行を選びます。

  2. Delete キーを 2 回押します。

注: 最上位レベルの図形に他の図形が含まれ、その下に [アシスタント] 図形が存在する (テキスト ウィンドウでそのように表示される) 場合、最上位レベルの図形を削除すると、[アシスタント] 図形が自動的に最上位の階層に上がります。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィック内から図形を削除する

  1. 削除する図形の境界線をクリックします。

  2. Del キーを押します。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックの接続線または矢印を削除する

SmartArt グラフィックの図形を接続している線や矢印を削除することはできません。これらは接続されている図形の一部と見なされるためです。ただし、接続線や矢印を透明にすることで削除されたように見せることはできます。

  1. SmartArt グラフィック内の線を選びます。複数の線を変更するには、最初の線をクリックし、Ctrl キーを押しながら他の線をクリックします。

  2. [SmartArt ツール] の [書式] タブの [図形のスタイル] で、[図形の枠線] の横にある矢印をクリックします。

    SmartArt ツール - 図形のスタイル

    [SmartArt ツール] タブまたは [書式設定] タブが表示されない場合は、SmartArt グラフィックが選択されていることをご確認ください。

  3. [線なし] をクリックします。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィック全体を削除する

SmartArt グラフィック全体を削除するには、削除する SmartArt グラフィックの境界線をクリックし、Delete キーを押します。

ページの先頭へ

SmartArt グラフィックからクリップ アートまたは図を削除する

SmartArt グラフィックに図またはクリップ アートを追加した場合、図またはクリップ アートを含む図形の塗りつぶし設定を変更することで削除できます。

  1. 図またはクリップ アートを削除する SmartArt グラフィック図形の境界線を右クリックします。図またはクリップ アートが SmartArt グラフィック全体に背景として適用されている場合は、SmartArt グラフィックの境界線を右クリックします。

  2. ショートカット メニューで、[図形の書式設定] または [オブジェクトの書式設定] をクリックします。

  3. 図またはクリップ アートを置き換える対象に応じて、[塗りつぶし​​] タブで [塗りつぶし​​なし]、[塗りつぶし (単色)] または [塗りつぶし (グラデーション)] をクリックし、必要な塗りつぶしオプションを選びます。

  4. [閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 

  • 図形を削除するには、その境界線をクリックする必要があります。削除する図形にテキストが含まれている状態で、その境界線ではなく図形内をクリックした場合に、Delete キーを押すとテキストの一部は削除されますが、図形自体は削除されません。

  • 大きな図形を作るために他の図形と組み合わされた図形 (関連付けられた図形) を削除しようとすると、選択した図形内のテキストのみが削除されますたとえば、最後の図 (選択された関連付けられた図形) では、色の付いた小さい四角形の上にある白い大きな図形を選んで Delete キーを押すと、白い図形内のテキストは削除されますが、図形自体は残ります。ただし、塗りつぶしの色線のスタイルを使って、図形が削除されたように見せることはできます。

  • 最上位レベルの図形やそのテキストをカスタマイズした場合、その図形に適用されたカスタマイズは、下のレベルの図形のレベルが上がると失われる場合があります。

  • 図形を別の図形に接続またはリンクする接続図形 (線や矢印など) を選んだ場合、接続図形は削除できないため、その図形内のテキストだけが削除されます。ただし、塗りつぶしの色線のスタイルを使って、図形が削除されたように見せることはできます。

  • [マトリックス] レイアウトなどの一部の SmartArt グラフィック レイアウトでは、SmartArt グラフィック内の図形の数が固定され、図形を削除することができません。図形の数が固定されている SmartArt グラフィックの詳細については、「Which SmartArt graphic layouts have unlimited shapes?」 (図形に制限がない SmartArt グラフィック レイアウト) を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×