SmartArt を使ってみよう

図を含む文書を作成する (4) smartart を使用する

Word には、SmartArt と呼ばれる描画機能が用意されています。

SmartArt に用意されているリスト、プロセス図、組織図、関係図などのテンプレートを使用すると、複雑な図形を簡単に作成できます。

SmartArt を使用する

SmartArt を使用して、申込手順のプロセス図を作成してみましょう。

  1. SmartArt を挿入する位置にカーソルを移動します。

この例では、本文の最後の行の下にカーソルを移動します。

smartart を挿入する位置をクリックします。

  1. [挿入] タブの [] で [SmartArt] をクリックします。

[挿入] タブの [図] で [smartart] をクリックします。

[SmartArt グラフィックの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  1. 適切なレイアウトをクリックし、[OK] をクリックします。

この例では、[手順] の [プロセス] を選択します。

使用するレイアウトを選択して、[ok] をクリックします。

SmartArt が挿入され、[ここに文字を入力してください] ウィンドウが表示されます。

smartart が挿入されます。

ヒント: SmartArt を挿入したときに新しいタブが表示されるのはなぜでしょうか。

Doctor

SmartArt が挿入されると、[SmartArt ツール] が表示され、[デザイン] タブと [書式] タブが自動的にリボンに追加されます。

[デザイン] タブには、SmartArt の種類およびデザインを変更するためのコマンドがまとめられています。

[書式] タブには、図形のデザインおよび位置を変更するためのコマンドがまとめられています。

[smartart ツール] が表示され、[デザイン] タブがリボンに追加されます。

SmartArt の外側をクリックすると、[SmartArt ツール] は非表示になります。[SmartArt ツール] を再び表示するには、SmartArt をクリックします。

次に、[ここに文字を入力してください] ウィンドウを使用して、図形内にテキストを入力します。

  1. [ここに文字を入力してください] ウィンドウの 1 行目にカーソルが置かれていることを確認したら、テキストを入力して、左側の図形内にテキストを入力します。

この例では、「申込書フォームの送信」と入力します。

[ここに文字を入力してください] ウィンドウのテキスト領域にテキストを入力します。

図形の内部にテキストが表示されます。

  1. 下方向キーを押してカーソルを次の行に移動します。

↓ キーを押して次の行に移動します。

  1. 2 行目に「確認の電子メールを受信」、3 行目に「受講票の受領」と入力し、Enter キーを押します。

Enter キーを押すと、[ここに文字を入力してください] ウィンドウに 1 行追加され、図形がもう 1 つ追加されます。

テキスト領域を追加するには、enter キーを押します。

  1. 4 行目に「セミナー当日」と入力します。

追加された行にテキストを入力します。

  1. SmartArt の操作が完了したら、SmartArt 枠の外側をクリックします。

[ここに文字を入力してください] ウィンドウと [SmartArt ツール]が非表示になります。

smartart の外側をクリックし、smartart の編集を終了します。

ヒント: SmartArt の挿入のデモ

Doctor

SmartArt を挿入する操作のデモについては、このページを参照してください。

必要な手順が詳しく紹介されています。

ページの先頭へ

<< 前へ | 1 2 3 4

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×