Skype for Business Online のセットアップ

作成協力者: Diane Faigel

Skype for Business をセットアップするには、Office 365 グローバル管理者の権限を持つ必要があります。Web のアクセスを部分的に制限するファイアウォールまたはプロキシ サーバーを利用している場合は、Microsoft パートナー に Skype for Business のセットアップを依頼することを検討してください。

1. Skype for Business のプラン

Office 365 Business Premium または Business Essentials をお持ちの場合は、Skype for Business を使用して、サブスクリプションを使用している社内の他のユーザーにオンライン通話を発信することができます。たとえば、社内のユーザーが 10 人である場合、下記の手順 2 から.6 までを実行した後に を使用して電話や IMで相互に連絡を取り合うことや、Skype for Businessオンライン会議を開催することができます。また、オンライン会議に外部の人を招待することもできます。

Skype for Business を使用して、所属する企業の外部のユーザーとの通話の発着信を行う場合は、次の操作を実行します。

  • オプション 1: 無料の Skype アプリを使用します。とても小規模な企業 (たとえば、ユーザーが 1 から 2 人) の場合、Skype アプリを使用する方が効果的です。国内通話と国際通話のどちらもより低料金で利用できます。Skype アプリでも、電話会議の開催、ビデオ通話の発信、プレゼンテーションでのデスクトップの共有が可能です。料金と支払いオプションをご確認ください

  • オプション 2: ご利用のプランをアップグレードして、Office 365 電話システムと Office 365 通話プランを購入します。各プランの料金を確認して利用を切り替えるための最も簡単な方法は、サポートに連絡してすべての操作を代行してもらうことです。

詳細については、「Skype for Business のプラン」をご覧ください。

2. Office 365 にサインインする

Skype for Business Online は、Office 365 スイートのサービスの一部です。Skype for Business Online をセットアップするには、Office 365 にサインインする必要があります。その手順を紹介します。

  1. Office 365 のユーザー ID を確認します (例: rob@fourthcoffee.com など)。Microsoft Online Services チームから、Office 365 の購入時に作成した Skype for Business Online のユーザー ID が記載されているメールが送信されています。メールは次のように表示されます。

    Skype for Business Online にサインアップした後に受信したウェルカム メールの例です。これには、Office 365 ユーザー ID が含まれています。

  2. https://portal.office.com/ にアクセスして、Office 365 のユーザー ID とパスワードを入力します。サインインすると、Office 365 admin centerが表示されます。

    Skype for Business Online プランを持っている場合の Office 365 管理センターの外観の例です。

3. ドメインとユーザーをセットアップする

Office 365 にサインインしたら、ドメインと組織内のユーザーが Skype for Business Online を使用するようにセットアップできます。

  1. Office 365 にユーザーとドメインを追加する: Office 365 セットアップ ウィザードを使用して、 でカスタム ドメイン (Office 365fourthcoffee.com など) をセットアップします。既定では、Office 365 セットアップ ウィザードには Skype for Business Online のセットアップ、Skype for Business のユーザー ID の作成が含まれています。既にウィザードを使用して Office 365 のドメインをセットアップした場合は、この手順は完了しています。

  2. ドメインと DNS の接続を確認する: ドメイン トラブルシューターなどのツールを使用して、ドメインと DNS の設定が正しいことを確認します。これによって、将来何か問題が発生した場合でも DNS 設定は原因から排除できますので、後でセットアップの問題を調べる手間を省くことに繋がります。

  3. 発信接続をセットアップする: ほとんどの小規模事業では、この手順どおりに行う必要はありません。ただし、Web へのアクセスを部分的に制限するファイアウォールまたはプロキシ サーバーがある場合は、Skype for Business Online のエンドポイントへのアクセスを許可するためのルールを作成する必要があります。これは高度な手順であるため、ファイアウォールやプロキシ サーバーの設定の経験がある人に行ってもらうことをお勧めします。このような作業を行ったことがない場合は、Microsoft パートナーと契約して、Skype for Business のセットアップを依頼することを検討してください。

4. 組織内の IM とプレゼンスをセットアップする

インスタント メッセージ (IM) とプレゼンス情報 (プレゼンス情報とは) は、Skype for Business の基本的な機能です。既定では、組織内のユーザーは相互に Skype と IM でやり取りをすることができます。

  1. 組織内のユーザー以外に Skype for Business ユーザーがやり取りできるユーザーを次の中から選びます。

  2. 同僚がオンライン状態かどうかを表示できるユーザーを選ぶ: プレゼンス機能を使うと、オンライン状態のユーザーが表示され、連絡可能、取り込み中、外出中、プレゼンテーション中などの状態が示されます。

    個人メッセージによる個人のオンライン状態の例。

    組織内のすべてのユーザーに次のような既定の設定を選ぶことができます。

    • 個人のオンライン プレゼンス情報を組織内の全員に自動的に表示する

    • 個人のオンライン プレゼンス情報を連絡先にのみ表示する

手順については、「Skype for Business Online でプレゼンスを設定する」をご覧ください。

5. Skype for Business をダウンロードしてインストールする

Skype for Business を PC、Mac またはモバイル デバイスで使用するには、組織内の自分または自分以外の人がまず、デバイスにダウンロードされた Skype for Business をインストールする必要があります。

6. すべての機能が動作していることを確認するためのテストを行う

最初に組織内の自分と自分以外の人が Skype for Business にサインインできることをテストします。相互に IM の送受信ができることを確認し、相互のプレゼンスを表示して、簡単な会議を始めてみます。

問題がある場合は、次の操作を行います。

他の機能をセットアップする場合

他の機能をセットアップする前に、それらの機能を使用するためのライセンスを取得していることを確認します。Skype for Business アドオン ライセンス

組織内のユーザーは電話による会議への参加が必要なことがあります。Skype for Business では、このような状況のためのダイヤルイン会議の機能が含まれています。参加者は、モバイル デバイスや PC で Skype for Business アプリを使用する代わりに、電話を使って Skype for Business 会議にコールインできます。

詳細な手順については、「ダイヤルインまたは Office 365 電話会議のセットアップ」をご覧ください。

Office 365 電話システムは組織に電話システムを提供する機能です。組織内の他の Skype for Business ユーザーへの通話は無料で、従業員は他の従業員または外部の発信者からのボイスメールを受け取ることができます。詳細については「Office 365 での電話システムで利用できる機能」をご覧ください。

通話プラン サービスを追加すると、従業員は Skype for Business で主な電話番号を取得します。従業員は外部の人に電話をかけたり、外部の人から電話を受け取ったりすることができます。VoIP 電話、PC およびモバイル デバイスを使用して音声通話を行うことができます。また、緊急時に 911 に通報して対応を要請することもできます。

詳細な手順については、「Office 365 通話プランのセットアップ」をご覧ください。

Skype Meeting Broadcast は、最大で 10,000 人の出席者を含む会議を作成、開催、およびブロードキャストする機能です。機能の詳細については、「Skype 会議ブロードキャストとは」をご覧ください。

Skype Meeting Broadcast のセットアップ手順の概要を以下に示します。

  1. ユーザーにライセンスを割り当てる: ブロードキャスト会議を開催するすべてのユーザーに、Skype for Business Online または Enterprise プランのライセンスを割り当てます。

  2. Skype 会議ブロードキャストを有効にする: 既定では、この機能は無効になっています。有効にすると、ユーザーは組織内の他のユーザーとのブロードキャスト会議を開催することができます。

  3. Skype 会議ブロードキャスト用にネットワークをセットアップする: 組織外の出席者とのウェビナーおよび他のブロードキャストを開催するには、ネットワークを構成する必要があります。

  4. 練習用の会議を予約して、ユーザーが参加するようにする: https://portal.broadcast.skype.com で Skype Meeting Broadcast を予約し、誰かに会議に参加してもらうことで、ブロードキャスト会議が正しく機能するかどうかを確認します。

ネットワーク接続要件を確認する

Skype for Business のオーディオ、ビデオ、アプリケーション共有の品質は、エンドツーエンド ネットワーク接続の品質に大きく左右されます。最適な操作性を得るには、会社のネットワークと Skype for Business Online 間に高品質の接続を確立することが重要です。ネットワークとチューニングの情報については、「Skype for Business Online のパフォーマンスのチューニング」をご覧ください。

セットアップはすべて完了しましたか? Skype for Business の使用を開始する

Skype for Business についてもっと知る: トレーニング トピックに関するこのリストを確認すると、すばやく開始するのに役に立ちます。

Skype for Business 電話会議を開始する

Skype for Business 用にビデオ デバイスをセットアップする

Skype for Business でビデオ通話を発信および受信する

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 New to Office 365?
Discover free video courses for Office 365 admins and IT pros, brought to you by LinkedIn Learning.

関連項目

Skype for Business Server 2015 でのハイブリッド展開の計画

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×