Skype for Business Online で使う電話を入手する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Skype for Business Online は、Skype for Business アプリの使用において従来式の電話の機能性や操作性を利用したいユーザー向けに、デスクトップ電話に適合および対応しています。このトピックでは、Skype for Business Online での使用でサポートされる電話およびファームウェアのバージョンについて説明し、組織内で電話機をセットアップする際に役立つその他の情報を提供します。

最新の更新内容およびサポート対象のデバイスに関する最新情報については、Skype for Business のデバイス カタログをご覧ください。

サポートされる電話

Skype for Business Online ユーザーの場合は、Certified for Skype for Business の電話機について認定済みに示されている複数のモデルと、Skype for Business のデバイス カタログの Skype for Business Online カテゴリの下に一覧表示されている、Lync Phone Edition (LPE) が動作する電話機から選ぶことができます。

Microsoft では、密接に協力して、Polycom、Yealink、およびの開発や、電話システムで Office 365 で Skype for Business Server のさまざまなデバイス パートナー IP 電話プログラム (PIP) を通じてを認定するのにはパートナーです。

Skype for Business 用として新しい電話機を注文する際、適正な製品 ID がある電話機を購入することが重要です。このような製品 ID により、お客様は受け取った電話機が Skype for Business Online の対象バージョンがインストール済みのものであることを確認できます。

電話機のパートナー

Skype for Business 固有の製品 ID

Polycom

製品 ID -019

Yealink

SIP-TXXG Skype for Business Edition

AudioCodes

UCXXXHDEG (SfB)

Polycom 電話機の詳細については、「マイクロソフト対応音声ソリューション」をご覧ください。

Yealink 電話機の詳細については、「Skype for Business の IP 電話機」をご覧ください。

AudioCodes 電話機の詳細については、「Skype for Business の IP 電話機」をご覧ください。

注: Lync Phone Edition サポート Skype for Business Online されます。2014 年 4 月/10/と延長サポート対象の Lync Server 2013 製品サポート ライフ サイクルとを連携させるには 4 月/11/2023 まで LPE プラットフォームのメイン ストリーム サポートを終了します。LPE ライフ サイクルの詳細については、 Microsoft 製品のライフ サイクルを参照してください。LPE キャップ モデルは skype for Business Online サポートされていません。

サポートされるファームウェア

これは、サポートの電話された電話システムで Office 365 で動作するために必要なソフトウェアの最小リリースです。

電話機の種類

最小限のファームウェア

リリース日

最適化済み (Lync Phone Edition)

4.0.7577.4463

2015 年 5 月

認定済み Polycom VVX シリーズ

5.4.0A

2015 年 12 月

Yealink

X.8.1.52

2017 年 2 月

AudioCodes

3.0.0.459.1

2016 年 12 月

注: ユーザーを Skype for Business Online に移行する前に、オンプレミスの展開用にセットアップした Lync Phone Edition (LPE) の電話機を、最低限のまたはそれ以降の必要なファームウェアに更新する必要があります。携帯電話のファームウェアを更新する前にユーザーをオンプレミスから Skype for Business Online に移行した場合、それらの電話機は Skype for Business Online に接続できません。

必要なライセンス

Skype for Business Online 電話以外のユーザー ライセンスの追加、Microsoft ライセンスは必要ありません。必要なユーザーの詳細については、ライセンスには、 Skype for Business や Microsoft チーム アドオンのライセンスが参照してください。

製造元のライセンス モデルは、Open SIP と Skype for Business 認定済みファームウェアとの間で異なる可能性があります。認定済みのモデルを Open SIP ファームウェアで用途変更する場合は、製造元にファームウェアのライセンス要件について確認する必要があります。

Skype for Business Online 接続済み電話機の機能セット

すべてのデバイスの機能および性能については、製造元のユーザー ガイドを確認してください。

機能

Polycom 3PIP

Yealink 3PIP

AudioCodes 3PIP

LPE

ユーザー資格情報でのサイン イン

あり

あり

はい

なし

PC (ペアリング) 経由のサイン イン、Windows のみ

あり

はい

あり

あり

(Web サイン イン) 使用でのサイン イン

注: 展開ガイドのサポート可否マトリックスを確認してください。

あり

はい

はい

なし

シングル クリックでの会議参加

あり

あり

あり

あり

クリックしてダイヤル (ペアリング)

あり

はい

あり

あり

会議のコントロール

あり

あり

あり

あり

ビジュアル ボイスメール

あり

あり

あり

あり

電話のロック

あり

あり

あり

あり

デバイスの更新

あり

あり

あり

あり

インバンド プロビジョニング

あり

あり

あり

あり

QoE

あり

あり

はい

なし

ログのアップロード

注: 現在、すべてのログは Microsoft サポート チームのみにアップロードされます。電話のログにお客様がアクセスすることはできません。

あり

あり

あり

あり

先進認証

あり

あり

はい

なし

複数の緊急電話番号

はい

なし

なし

あり

Exchange の予定表の統合*

あり

あり

あり

あり

注: PC のテザリングが必要

プレゼンス統合

あり

あり

あり

あり

企業ディレクトリ

あり

あり

あり

あり

デリゲーション

あり

あり

はい

なし

連絡先の写真の統合

なし

はい

いいえ

あり

その他の情報

詳細な設定手順については、「Skype for Business Online 電話機の展開」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×