Skype for Business (Lync) ビデオ通話の発信、受信、管理

会社がビデオ通話とビデオ会議を有効にしていれば、連絡先に対して顔を見ながらのビデオ通話を発信できます。必要なものは、カメラとコンピューターのスピーカーとマイクだけです。コンピューターにオーディオ デバイスが組み込まれていない場合は、ヘッドセットを使うこともできます。

ビデオ通話を開始する

  1. Lync を開いて、連絡先を探すか、検索ボックスに名前を入力して、目的の相手を見つけます。

  2. 連絡先の写真をポイントし、[ビデオ] アイコンをクリックします。

    ビデオ通話を開始するための連絡先と [カメラ] アイコンのスクリーン ショット

  3. 連絡先の画面に通知が表示されます。この通知で、相手は要求を受け入れたり拒否したりします。

  4. ビデオ通話が受け入れられると、ビデオの表示用に会話ウィンドウが開き、ここでミュート、ミュート解除、保留などの操作のためのコントロールを使用できます。

  5. 話が終わったら、ウィンドウを閉じるか、または [カメラ] アイコンをクリックして次のいずれかの操作を行うことにより、通話を終了させます。

  6. [自分のビデオを停止]: 自分のビデオは停止させますが、他の人のビデオは表示されたままになります。

  7. [ビデオの停止]: 自分に見えているビデオはすべて停止しますが、音声だけはそのまま残されます。

ビデオを既存の IM 会話に追加することもできます。ウィンドウ内の [カメラ] アイコンをクリックするだけでビデオが開始します。

IM からビデオを開始した画面のスクリーン ショット

ビデオ コントロールとビューを使う

[レイアウトを選択します] をクリックして、オプションを選びます。

  • [ギャラリー ビュー]: 参加者全員のビデオを表示します (3 人以上いる場合)。

  • [スピーカー ビュー]: 発表者のビデオまたは写真を会議ウィンドウの右下隅に表示し、それに加えて共有しているすべての内容を表示します。

  • [コンテンツ ビュー]: 共有しているコンテンツだけを表示します。

  • [コンパクト表示]: コンパクトなウィンドウに参加者の写真のタイルを表示します。

    ビューの選択のスクリーン ショット

出席者のビデオまたは写真を右クリックすると、次の操作を実行できます。

  • 会議から [ミュート]、[ミュート解除]、[削除] を実行できます。

  • [ビデオ スポットライトを固定する]: スポットライト以外の人のビデオ/写真をオフにします。

[ビデオ ギャラリーを別ウィンドウで表示] をクリックすると、ビデオや写真を別のウィンドウに表示できます。

  • [全画面表示] をクリックすると、ビデオまたは写真が大きく表示されます。

  • [ビデオ ギャラリーを元のウィンドウに戻す] をクリックすると、通常の表示に戻ります。

    ビデオ ギャラリーを別ウィンドウで表示する

ビデオ通話に応答する

着信があると、画面上に通知が表示されます。次のいずれかの操作を行います。

  1. 呼び出しに応答するには、写真領域内をクリックします。

  2. [無視] をクリックすると、呼び出しを拒否して、ボイス メールに送ることができます。

  3. 他の操作を行うには、[オプション] をクリックします。

    • 通話を [ボイス メール] に送ります。

    • [モバイル] または [自宅] をクリックして、電話を転送します。

    • [IM で返信] をクリックして、音声やビデオの代わりにインスタント メッセージで返信します。

    • 通話に応答するが、ビデオは開始しない場合は、[音声のみで応答] をクリックします。

    • [応答不可] をクリックして、呼び出しを拒否し、以降は着信しないようにします。

      ビデオ通話の着信を通知する、右上隅に連絡先の写真が表示されたスクリーン ショット

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×