Skype for Business (Lync) へのサインインと Skype for Business (Lync) からのサインアウト

Skype for Business (Lync) に初めてサインインする

Skype for Business (Lync) を閉じるまたは終了する

[Windows にログオンするときに自動的に Skype for Business (Lync) を起動する] オプションを変更する

パスワードを再設定または変更する

スマート カードで Skype for Business (Lync) にサインインする

スマート カードが登録されたことを確認する

スマート カードでサインインする

Lync に初めてサインインする

Lync をインストールすると、通常自動的に Lync のサインイン情報が構成されます。ただし、最初は手動で Lync を起動することが必要な場合があります。この方法を次に紹介します。

  1. 組織のネットワークにログオンします。

  2. [スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Lync 2013] の順にクリックします。

  3. Lync サインイン画面が表示されます。

  4. サインイン アドレス ボックスが既に入力されている場合、表示されているアドレスが正しいことを確認します。

  5. 正しくない場合、またはボックスが空の場合は、自分のサインイン アドレスを入力します。

  6. 空のパスワード ボックスが表示された場合は、自分のパスワードを入力します。

  7. 次に、[サインイン] をクリックします。

サインインできない場合、問題の解決方法については「Lync のサインイン エラーのトラブルシューティング」を参照してください。

Lync を閉じるまたは終了する

Lync を使い終わったら、表示を閉じるか、セッションからサインアウトするか、またはプログラムを終了することができます (すべて [ファイル] メニューから実行できます)。次の表で、オプションの違いについて説明します。

オプション

実行する方法

機能

終了する

Lync メイン ウィンドウで、[オプション] Lync の [メニューの表示] ボタン -- [オプション] ボタンの横の下向き矢印 ボタンの横にある矢印をクリックし、[ファイル] をクリックしてから [終了] をクリックします。

Lync セッションが終了し、コンピューター上の Lync がシャットダウンされます。

終了後、Lync を再起動する場合は、[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Lync 2013] の順にクリックします。

閉じる

Lync メイン ウィンドウで

  • [オプション] ボタンの横にある矢印をクリックし、[ファイル]、[閉じる] の順にクリックします。

または

  • ウィンドウの右上隅にある [X] をクリックします。

Lync の表示が閉じますが、ユーザー ID で識別されている Lync セッションは引き続き実行されます。したがって、引き続き通知を受け取り、他のユーザーと対話できます。

タスク バーまたは画面の一番下にある通知領域の Lync アイコンをクリックすれば、いつでも表示を元に戻すことができます。

サインアウトする

Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタンの横にある矢印をクリックし、[ファイル]、[サインアウト] の順にクリックします。

ユーザー ID に関連付けられている Lync セッションが終了しますが、Lync はバックグラウンドで引き続き実行されます。サインアウトすると、サインイン ウィンドウが表示されます。

ヒント: [サインイン情報を削除] をクリックすれば、サインアウトするときにコンピューターのメモリからログオン ID とパスワードの記録を削除できます。このようにすると、サポート担当者が行うサインインの問題のトラブルシューティングが容易になることがあります。また、権限のないユーザーがあなたの資格情報でログインすることは難しくなるため、サインイン情報のセキュリティも確保できます。

[Windows にログオンするときに自動的に Lync を起動する] オプションを変更する

Lync の起動動作を変更する方法は、次のとおりです。

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション Lync のオプション ボタン -- 歯車のようなアイコン ]、[個人] の順にクリックします。

  2. [Windows にログオンするときに自動的に Lync を起動する] と [起動時に Lync を前面に表示する] オプションのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

パスワードを再設定または変更する

パスワードを忘れてしまった場合や変更したい場合は、職場のテクニカル サポート (通常は、Lync アカウントのセットアップ担当者) にお問い合わせください。その場合は、「Active Directory でユーザーのパスワードを再設定するhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754395.aspx 」のリンクを知らせてください。

スマート カードで Lync にサインインする

一部の組織では、Lync 2013 ユーザーのセキュリティを強化するために、2 要素認証と呼ばれる、複数ステップのサインイン プロセスを使用しています。このオプションを使用することが予想される場合、Lync にサインインするために「スマート カード」が必要になります。スマート カードには、物理と仮想の 2 種類があります。

スマート カード

詳細

物理

クレジット カードほどのサイズです。 ログインするときは、スマート カード リーダー (通常、コンピューターに組み込まれています) に差し込みます。

仮想

有形物ではなく、コンピューター上の特殊なチップに書き込まれる電子 ID で、実質、コンピューターの中にスマート カードを組み込んだ状態になります。 TPM (トラステッド プラットフォーム モジュール) チップを搭載している Windows 8 コンピューターでのみ利用できます。 各仮想スマート カードはインストールされているデバイスとのみ関連付けられるため、使用する Windows 8 コンピューターごとに別々のカードを登録する必要があります。

スマート カードが必要な場合、ドメイン システム管理者または IT サポート チームに必要なスマート カードの種類と入手できる場所を確認してください。

スマート カードが登録されたことを確認する

スマート カードを使ってサインインする前に、カードの “登録” が必要です。つまり、ユーザーの資格情報がカードに識別される必要があります。 これは、カードが物理でも仮想でも同じです。 このプロセスは、ドメイン システム管理者または IT サポート チームが既に実施している場合もあります。 不明な場合は確認してください。

スマート カードでサインインする

  1. [アドレス] ボックスに Lync ID を入力し、[サインイン] をクリックします。

[サインイン情報を削除] が強調表示された Lync サインイン ウィンドウのセクション

  1. サインインの手順を進めるにあたって、スマート カードの手順を開始するポップアップ ウィンドウが表示され、物理スマート カードを使用している場合、カード リーダーにスマート カードを挿入するように要求されます。 セキュリティのセットアップに応じて、要求は次のようになります。

[スマート カードを挿入してください] プロンプト

カードを挿入し、コンピューターがスマート カードを検出したことを確認したら、[OK] をクリックします。

[OK] が強調された [スマート カード] ダイアログ ボックスを選ぶ

  1. (この手順は、仮想カードと物理カードの両方に適用されます): スマート カードの暗証番号 (PIN) を入力し、[OK] をクリックします。 (受け取っていない場合は、どの PIN を使用するかをドメイン システム管理者に問い合わせてください。)

[スマート カード PIN を入力してください] ダイアログ

注: ユーザー ID またはパスワードが認識されないというエラー メッセージが表示されたら、サインイン ページで [サインイン情報を削除] を選び、もう一度サインインします。 これによりコンピューターのメモリからサインイン資格情報が消去されるため、問題が解決する可能性があります。

[サインイン情報を削除] ボタンが強調された Lync サインイン

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×