Skype for Business (Lync) の音声のトラブルシューティング

場合によっては、ドライバーが見つからない、オーディオ デバイスに互換性がない、ある手順が設定中に行われなかったなどの理由により、Lync コンピューターの音声が機能しないことがあります。以下に示すトラブルシューティングの推奨方法を実行すると、一般的な音声の問題を解決できます。

ヒント: 手軽な回避策としては、電話を使って会議にコールインしてから、時間があるときに、以下のトラブルシューティングを試してください。詳細については、「Lync 会議にコールインする」を参照してください。また、Lync 会議や通話を開始する前に、必ずオーディオ デバイスを設定してテストしてください。

コンテンツ

相手の声が聞こえない

相手側にこちらの声が聞こえていない

Skype for Business (Lync) でオーディオ デバイスが認識されないか、"スピーカーとマイクが動作していません" というエラーが表示される

コンピューターのサウンドが卓上電話から聞こえる

Skype for Business (Lync) で IP 電話を設定する

エラー メッセージの通知

相手の声が聞こえない

音声が聞こえない場合は、以下をご確認ください。

  • Lync 会議で、[電話/マイク] ボタン Lync のマイク ボタン をポイントして、[デバイス] タブをクリックします。必要なデバイスが選択されて、音量の設定が大きいことを確認します。スピーカーのスライダーを使って、音量を調整します。

    会議のオーディオ メニューのスクリーン ショット

  • デバイスが USB ハブに接続されている場合は、それをコンピューターに直接接続します。

  • コンピューターのスピーカー音量も確認してください。(通常はコンピューターの右下隅にある) タスク バー上のスピーカー アイコン Windows のサウンド ボタン をクリックします。続いてスライダーを使って、選択したデバイスの音量を変更します。

    音量ボタンのスクリーンショット

  • 卓上電話がある場合は、スピーカーがオンであり、音量の設定が大きいことを確認します。

相手側にこちらの声が聞こえていない

  • ミュートになっていないことを確認します。ミュートになっている場合、会議の [電話/マイク] ボタンは ミュートされたマイクのスクリーンショット のように表示されます。このボタンをクリックして、ミュートを解除します。

  • Lync 会議で、[電話/マイク] ボタン Lync のマイク ボタン をポイントして、[デバイス] タブをクリックします。使用するデバイスが選択されていることを確認します。

    音声通話のコントロールのスクリーン ショット

  • Lync メイン ウィンドウで、[オプション] Lync オプション ボタンのスクリーンショット 、[オーディオ デバイス] の順に選んで、目的のマイクを選びます。次に、スライダーを使って、マイクの音量を調整します。青のインジケーターを利用して、話すのに適切なレベルを選びます。

Lync のオーディオ チェック マイクのスクリーン ショット

Lyncでオーディオ デバイスが認識されないか、"スピーカーとマイクが動作していません" というエラーが表示される

それぞれのステップが終了したら、デバイスが動作していることを確認してから、次の解決策の実行に移ります。

  • Windows 8.1 をご利用の場合は、デバイスのドライバーを最新バージョンに更新してください。「ドライバーのダウンロードとインストール」を参照してください。

  • デバイスが USB ハブに接続されている場合は、それをコンピューターに直接接続します。

  • デバイスとの接続を切断して、再起動してから、もう一度接続します。

  • 次の手順で、オーディオ デバイスが無効になっていないことを確認します。

    1. [スタート]、[コントロール パネル] の順にクリックします。

    2. [コントロール パネル] で [サウンド] をクリックして開きます。

    3. 右クリックして、[無効なデバイスの表示] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

      無効なアイテム表示のスクリーン ショット

    4. オーディオ デバイスが無効の場合は、デバイスを右クリックして、[有効] をクリックします。

      有効なデバイスのスクリーン ショット

  • 次の手順に従って、[デバイス マネージャー] でハードウェアの変更をスキャンします。

    1. [スタート]、[コントロール パネル] の順にクリックします。

    2. [デバイス マネージャー] をクリックして開きます。

    3. コンピューター名を選んで、[操作]、[ハードウェア変更のスキャン] の順にクリックします。これで、新しいデバイスが検出され、ドライバーがインストールされます。

  • 製造元の Web サイトから最新のドライバーをダウンロードして、インストールします。

コンピューターのサウンドが卓上電話から聞こえる

この問題は、Lync ではなく、卓上電話を Windows の既定のオーディオ デバイスとして設定した場合に発生することがあります。

Windows の既定のオーディオ デバイスを確認します。

  1. [スタート] ボタンをクリックして、[プログラムとファイルの検索] に「サウンド」と入力します。

プログラム検索のスクリーン ショット

  1. メニューの [サウンド] をクリックします。

  2. [再生] タブで、コンピューターのスピーカーやヘッドセットなどの別のデバイスを右クリックし、[既定のデバイスとして設定] をクリックします。

    Windows でデバイスを既定として設定する

Lync で IP 電話を設定する

自分のアカウントが IP 電話用に構成されている場合、サポート対象の卓上電話を使って、プレゼンス、検索、連絡先詳細などの Lync 機能を利用できます。

  1. 電話機に付属している USB コードを使って、電話機をコンピューターに接続します。

  2. ネットワーク ケーブルを使って、電話機をルーターに接続します。電話機が社内ネットワークに接続されている必要があります。

  3. 電話の指示に従い、Lync で設定した電話番号と PIN を使ってログオンします。

    PIN が思い出せない場合は、Lync メイン ウィンドウの [Lync電話] タブをクリックし、[PIN] をクリックして、ページ上の指示に従って再設定します。

  4. 電話の設定が終了したら、Lync の [Lyncオプション] に移動し、その電話をオーディオ デバイスとして選びます。詳細については、「Lync 音声を設定およびテストする」を参照してください。

エラー メッセージの通知

場合によっては、Lync の会話ウィンドウや Lync メイン ウィンドウに、音声に関する通知が表示されることがあります。通知をクリックすると、詳細情報や解決策の提案が表示されます。以下の例を参照してください。

エラー メッセージのスクリーン ショット

Lync 音声に関する詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×