Skype for Business (Lync) の通知を変更する

Lync からの通知方法に不満がある場合、設定を変更することができます。たとえば、インスタント メッセージ (IM) の通知の要求を見落としていることに気付いた場合、見落としにくくなるように変更できます。逆に、Lync の音による通知が煩わしければ、その音が鳴らないように設定できます。多忙を極めている場合は、本当に重要な連絡先からの通知のみをオンにし、それ以外はすべてをオフにします。また、自分がだれかの連絡先に追加されても特に通知が必要なければ、その通知プロセスを停止することもできます。

注: 受信した IM 通知に応答する方法の詳細については、「Skype for Business (Lync) IM を使用する」を参照してください。

通知をもっと目立つものにする

会話要求通知が届いたのに気付かなかったという経験をして、通知をもっと目立つようにしたくなる場合もあるでしょう。その場合は、次の操作を行います。

  1. Lync が常に前面に表示されるように設定します。[オプション] ボタン [オプション] の横にあるドロップダウン矢印をクリックして、[ツール]、[常に手前に表示] の順にクリックします。

  2. Lync で音による通知を行うように設定されていることを確認します。[オプション] ボタンをクリックして、[着信音と効果音] をクリックしてから、[Lync で効果音を鳴らす (通話の着信音、IM 通知など)] チェック ボックスをオンにして、パネルでそれ以外のチェック ボックスがオンになっていないことを確認します。

    Lync の通知設定を変更する

  3. コンピューターのスピーカーおよびその他のオーディオ デバイスの音量が適切な大きさになっていることを確認します。

  4. 複数のディスプレイ モニターを使用している場合は、作業中のモニター上に Lync メイン ウィンドウを移動することを習慣にしてください。

  5. 既定よりもわかりやすい、または、より目立つ通知音を選択することを検討してください。

    1. [着信音と効果音] オプションを開き、[効果音設定] ボタン、[効果音] タブの順にクリックします。

    2. プログラム イベント表示パネルのスライダーを下方にドラッグして、Lync のリストを表示します。

    3. [受信した IM] をクリックします。ウィンドウ下部の [効果音] に、"LYNC_iminvite.wav" と表示されます。

    4. その横にあるドロップダウン矢印をクリックし、一覧にある他の効果音をいくつか聴いて確認します。

    5. 送られてくるインスタント メッセージ通知にふさわしい効果音が見つかったら、[適用] をクリックします (プログラム イベント表示パネルに "受信したインスタント メッセージ" と表示され、効果音パネルには選択した .wav ファイルの名前が表示されます)。[OK] をクリックします (この目的に使用する独自の .wav ファイルを録音し、そのファイルを参照して IM 通知として選択することもできます)。

    6. インスタント メッセージ以外のコミュニケーションに対するユーザー設定の通知を設定するには、手順 c に戻って、受信インスタント メッセージ以外の Lync コミュニケーション モード (着信通話、着信ビデオ通話、チームの着信通話など) をクリックし、そのコミュニケーションの種類に対して手順 d と e を実行します。

音声通知をオフにする

  • Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタン、[着信音と効果音] の順にクリックして、[効果音] の [Lyncで効果音を鳴らす (通話の着信音、IM 通知など)] チェック ボックスをオフにします。

[応答不可] オプションを設定する

非常に忙しい場合は、状態を「応答不可」に設定することによって割り込みの数を減らすことができます。しかし、重要な連絡先からの連絡は維持することをお勧めします。[ワークグループ] 関係を割り当てた連絡先 (通常最も近い同僚) には例外を設定することができます。

[オプション] ボタン、[通知] の順にクリックし、[状態が「応答不可」の場合] で、次のいずれかの操作を実行します。

  • 状態を [応答不可] に設定しているときに、中断されないよう Lync 通知をすべて非表示にするには、[通知を表示しない] をクリックします。

  • 状態を [応答不可] に設定しているときに、「ワークグループ」のメンバーからの会話への招待のみを表示し、その他の通知をすべて非表示にするには、[「ワークグループ」のプライバシー関係の人からの会話の通知のみを表示する] をクリックします。

  • 状態を [応答不可] に設定しているときに、通知はすべて表示するが、会話への招待は「ワークグループ」のメンバーから送信されたものだけに制限するには、[すべての通知を表示するが、会話の通知は「ワークグループ」のプライバシー関係の人からの通知のみを表示する] をクリックします。

連絡先に追加されたときの通知を変更する

Lync の既定では、だれかが自分を連絡先として追加すると、自分の連絡先リストに追加するかもしれない候補者のリストに追加されます。Lync メイン ウィンドウの連絡先ビューにある [新規] タブをクリックすると、このリストが表示されます。自分の連絡先リストに追加するユーザーを決定して、新しい連絡先にプライバシー関係とグループ メンバーシップを割り当てます。

この作業が面倒な場合は、Lync で自分を連絡先に追加したすべてのユーザーが自動的に自分の連絡先リストに追加されるように設定することができます。そのユーザーには、仕事仲間のプライバシー関係が割り当てられます。これらの連絡先を自動的に追加する方法を次に示します。

  • [オプション] ボタン、[通知] の順にクリックし、[だれかの連絡先リストに追加された場合に通知する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×