Skype for Business 2016 の新機能

Skype for Business 2016 の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マイクロソフトでは常に Skype for Business の改善に努めています。ここでは現在利用可能な新機能について説明します。

Windows 版 Skype for Business


2017 年 6 月 13 日

画面共有通知

画面の共有は、引き続きして簡単な共有を停止することを通知するこの通知が表示されます。この通知が表示される場合。

  • IM 会話の画面を共有します。

  • 会議で、画面の共有を停止画面共有せずに電話を切ます。

IM 会話の通知を共有します。

注: Skype for Businessクライアントでは、この機能はまだ表示されない場合。ロールアウトを開始してとすぐに表示する必要があります。


2017 月 9日

新しい問題レポート ツール

[問題の報告] ダイアログ ボックス

今すぐ問題を報告したり、 Skype for Businessの機能について Microsoft、 Skype for Businessのメイン ウィンドウの右に直接フィードバックを送信できます。

詳細情報

会議への参加をモバイル ユーザー向けの簡体字

会議 Id (アクセス コード) と電話番号を組み合わせて、 Skype for Business会議の出席依頼が更新されました。電話番号をクリックし、別の手順として、会議 ID を入力する代わりに、モバイル ユーザーはすぐに参加する電話番号をタップします。

モバイルで会議出席依頼

詳細情報

Skype for Business から Microsoft チーム会議に参加します。

Microsoft チームを使用している office 365 ユーザーは、今すぐ表示し、 Skype for Business会議ビューから自分のチーム会議に参加できます。

Skype for Business からチーム会議に参加します。

注: Skype for Businessクライアントでこれらの機能はまだ表示されない場合。ロールアウトが起動するだけとすぐに表示する必要があります。


2017 年 4 月 18 日

Outlook の Skype for Business の連絡先フォルダーが廃止されました

Outlook または Outlook Web App に Skype for Business の連絡先フォルダーが表示されない場合は、組織によってポリシー設定が変更され、非表示となっていることがあります。最新の Office 365 Outlook Web App では、Skype for Business の連絡先を Skype for Business 2016 のチャットのサイドバーから直接確認することができます。

Web 表示の Office 365 Outlook

同様に、モバイルまたはデスクトップ クライアントを使用する場合、Skype for Business 2016 クライアントを使用して Skype for Business の連絡先を表示することができます。

詳細情報

以前のリリース

着信通知の改善

Skype for Business の通知は、より現代的な表示を操作性を持つようになりました。新しい通知では、着信通話の情報をより詳細に示すようになり、通話に対してすばやい操作を簡単に行えるようになります。

改善されたデザインを示す [通知] ウィンドウ

詳細情報

着信の転送の改善

新しい [参照] ボタンが Skype for Business ユーザー インターフェイスに追加され、通話の転送機能が改善されています。コンサルト転送機能により、他のユーザーに相談してから通話を転送することが簡単に行えます。

[参照] ボタンを示す [通話コントロール] ウィンドウ

詳細情報

ユーザーインターフェイスの外観の一新

Skype for Business の UI は外観が大幅に変わっています。その更新内容は、キーボード ナビゲーションの改善、スクリーンリーダーの互換性、テキストと背景のコントラストを強める色の変更とアイコン、その他の視覚表示の拡張機能を含んでおり、すべてのユーザーが向上したアクセシビリティを体験できるよう設計されています。

新たな視覚表示の更新の例

詳細情報

会議でのビデオベースの画面共有

より高速で信頼性のある、効率的な画面共有を会議および電話会議で実現します。この機能は、以前はピアツーピアのビデオベースの画面共有でのみ利用できました。

注: この機能を使用するには、新しいバージョンの Skype for Business Server 2015 2016 の累積的な更新プログラム (Office 365 のみ) が必要です。バージョンの要件の詳細についてご確認ください。

詳細については、「Skype for Business Server 2015 のビデオベースの画面共有」をご覧ください。

オフライン メッセージ

Skype for Business では、相手がオンラインでなくても、メッセージを送ることができます。オフラインの相手にメッセージを送るときに「このメッセージを送信できません。」のような通知を受け取ることはなくなりました。

方法を確認する

会議の添付ファイルの事前読み込み

Outlook でオンライン会議をセットアップするときに、事前に添付ファイルを読み込んでおき、メンバーが参加するとすぐに会議を開始します。

方法を確認する

Office 365 から Skype for Business を起動する

Office 365 のビジネス向け Outlook on the web (Outlook Web アプリ) で Outlook ナビゲーション バーから、一部の基本的な Skype for Business タスクを開始および実行できるようになりました。

ナビゲーション バーから Skype for Business を開始する

方法を確認する

進行中の通話を保留にすることなく、音声を新しく接続されたデバイスに切り替えるように促す

進行中の通話を保留にすることなく、進行中の通話や会議の音声を新しく接続されたデバイスに切り替えるように促されます。

スリムな Skype for Business

設計に関する多くの投資を行った結果、Skype for Business 16 クライアントはより小さく機敏になりました。必要な容量だけでなく必要なメモリもバージョン 15 より少なくなり、結果としてすべてのユーザーに優れたパフォーマンスを提供できます。

Skype for Business 会議で共同編集を行う

文書、スプレッドシート、または PowerPoint プレゼンテーションの作成中に他のユーザーと共同作業する必要がある場合は、Office 365 および Skype for Business を使用して共同で作成や編集を行いながら、会議に参加したり IM 会話をしたりできます。共同編集のセッションに参加中のすべてのユーザーは、文書への変更をリアルタイムで確認できます。

方法を確認する

スマート連絡先リスト

Skype for Business を初めて使用するときには、連絡先リストにマネージャーとチーム メンバーが既に含まれていて、全員に状態更新情報がタグ付けされています。これは、Skype for Business が、会社のグローバル アドレス帳を調べて、同じマネージャーの部下になっているユーザーを選ぶためです。当然ながら、連絡先の追加や削除、グループの作成、グループの連絡先の並べ替えを行えば、使いやすいようにこのリストを変更できます。

チームの状態更新を表示しないようにしたい連絡先のマークを解除できます。

この機能は、Office 365 ユーザー向けに既定でオンになっています。オンプレミスのユーザー向けにはこの機能は既定でオフになっていますが、管理者がインバンド設定で有効にすることができます。

スマート連絡先リストは Skype for Business 15 と Skype for Business 16 の両方のクライアントで利用できます。

連絡先の追加方法を説明してください

連絡先のマークを解除する方法を説明してください

操作に応じたヒント

操作に応じたヒントは、前に使ったことがない Skype for Business の機能を使えるときに提案してくれるので便利です。実行している作業に適したヒントが提供されます。たとえば、連絡先を検索しているときに、次のようなヒントが表示されることがあります。

検索ボックスに名前の初めの部分を入力するとポップアップ表示されるヒント

ヒントを消すには、ヒントの上にある X をクリックします。ヒントを消すと、ヒントは再び表示されません。

この機能は、Skype for Business 16 でのみ使用できます。

ピアツーピアのビデオベースの画面共有

Skype for Business のビデオベースの画面共有 (VbSS) テクノロジを利用することで、より簡単に同僚と画面を共有できるようになりました。ピアツーピアの通話やチャット中に画面上のコンテンツを表示する方法は以前と変わりありませんが、接続時間が大幅に短縮され、発表者と閲覧者の間で画面プレゼンテーションが常に同期されます。

VbSS は会話の双方の参加者が Skype for Business 16 を使用している場合のみ使用されます。ネットワーク帯域幅の要件などの詳細については、「Skype for Business Server 2015 のビデオベースの画面共有」をご覧ください。

先進認証

先進認証では、Active Directory Authentication Library (ADAL) を利用して、Office 365 と Skype for Business のユーザーのさまざまなサインイン シナリオを可能にします。これらのシナリオには、多要素認証、SAML (Security Assertion Markup Language) ベースの ID プロバイダーのサインイン、スマート カード、証明書ベースの認証が含まれます。

管理者は、MSDN にアクセスして ADAL の詳細を参照できます

Office 365 グループのサポート

個別の連絡先を連絡先リストに追加できることは既によく知られていることだと思いますが、今回、組織が Office 365 グループを使用している場合にそれらもリストに追加できるようになりました。手順は同じです。グループ名を検索して、一覧に表示されたら右クリックして、[連絡先リストに追加] をクリックするだけです。

Skype for Business 16 で使用できなくなった機能

Lync の操作方法   は、バージョン 15 でのみサポートされます。バージョン 16 では、すべてのユーザーが Skype for Business の操作方法のみを使用できます。

リモート通話コントロール   は、Lync と Skype for Business の以前のバージョンの機能で、ユーザーが PBX (構内交換機) 電話を Lync と Skype for Business クライアントで制御できるようにするものでした。

注: Microsoft は、優れたパートナーと提携し、IP 電話や他の製品をシームレスに連携させてエンタープライズ レベルの通信ソリューションをお客様に提供できるように努力しています。この提携の詳細については、Skype for Business Solutions Web サイトをご覧ください。

Mac での Skype for Business

更新プログラムは Microsoft AutoUpdate (MAU) から入手可能です。MAU を使用するには、Mac での Skype for Business を起動して、[ヘルプ]、[更新プログラムのチェック] の順に選びます。Mac での Skype for Business をまだインストールしていない場合は、Microsoft ダウンロード センター からダウンロードしてインストールできます。

2017 年 6 月リリース

リリース日:2017 年 6 月 20日

追加された機能

  • 連絡先をその人たちが、以前に説明する[チャット] タブから直接では、ユーザーは検索できますようになりました。

    [チャット] タブの連絡先を検索します。
  • ユーザーは、ユーザーに追加Skype for Businessで相手の連絡先リスト [連絡先] タブで、新しい連絡先リストからを表示できます。

    [連絡先] タブで、新しい連絡先リスト
  • エンタープライズ ボイスのユーザーは、[会議] タブから、電話で参加]を選択して、会議に参加するときに、携帯電話に移動する音声を使用して選択できます。

    [会議] タブの [電話] オプションで会議に参加します。
  • 会議で、[その他のオプション(...)] ボタンを追加します。

    他のオプション] を示すスクリーン ショット

    によっては、会議のさまざまなコマンドを使用してメニューを表示する他のオプション] を選択するなど。

    • エンタープライズ ボイスのユーザーは、電話で会議に参加するかを選択して、会議に参加した後、携帯電話にオーディオを切り替えることができます。

    • ユーザーは、 PowerPoint ファイルの共有を選択して、会議中に PowerPoint プレゼンテーションを共有できます。

    • ユーザーは、会議情報の表示]を選択して (リンク、会議 ID とコールイン電話番号を会議の開催者の名前) などの会議の情報を確認できます。

    • ユーザーは、通話履歴書を選択して、保留中の呼び出しを再開できます。

  • ユーザーは、生の声がブラウザーで参加するのではなく、 Skype_for_Business-on_Mac組織とフェデレーションされていない別の組織での会議を今すぐ参加できます。 単に [への参加会議] タブの [オンライン会議と同様にします。

  • ユーザーできます今すぐ会議に参加する Microsoft チーム [会議] タブから直接Skype for Businessで、会議を選択してへの参加を押します。

    チーム会議の [会議] タブ
  • 会議で、画面を共有するには、ビデオを使った画面の共有の高いフレーム レートと品質が向上Skype for Business Online ユーザーが使用されます。

    注: Skype for Businessオンライン ユーザーのみです。

  • オンプレミスのユーザーには、自分専用のミーティング スペース (を会議ごとに、同じ会議 ID を使用) と Outlook で会議をSkype for Businessスケジュール今すぐできます。

  • 会議のスケジュールを Outlook のようになりましたが使用されます事前に割り当てられている会議オンプレミス ユーザーの場合は、使用可能な場合です。

    注: Skype for Business Server 2015 Skype for Business 2013 のみでサポートされます。

  • さまざまな機能 (IM、電話、ビデオ、メール、会議のスケジュールなど) の連絡先カードにし、[タッチ バーのサポートを追加する会議 (会議のコントロールなど、ビデオ、マイク、および共有)。

  • クラウド PBXの自動応答とクラウド PBX でキューの通話をSkype for Business Online ユーザーの追加をサポートします。

改善点

  • 代理管理のためのサポートを向上します。

    注: Skype for Businessのサポートされているサーバー 6.0.9319.281 オンプレミスします。

  • 会議中の接続を維持したままのみ今すぐ自動的に再接続されます十分なネットワークの品質が再設定されたら、ネットワークの問題が原因で削除された場合。

  • Skype for Business Online ユーザーの双方向のファイルを転送では、既知の問題を修正します。

    注: Skype for Business Online ユーザー Skype for Business Server 2015 の更新バージョン 1617.5 とに対応します。

  • 問題が解決をメモリ、第 4 世代 MacBook Pro と、アプリがリークが大量のメモリ後、ビデオ通話またはビデオを使った画面共有します。

  • 場所通知センターは、ネットワークの問題についての警告で塗りつぶされますが、問題を解決します。

  • 場所 00 常に正規化された+ユーザーの地域に関係なく、問題を解決します。

  • 場所修飾の電話番号の文字は正しくの翻訳桁の呼び出しが失敗する原因になっている問題を修正します。

  • PSTN 番号をダイヤルするときに、二重の発信音音が、問題を解決します。

  • 一般向けの会議をスケジュールする場合は、ポリシーの変更が原因で、会議を更新するユーザーを求めるメッセージが表示されている問題を修正します。

  • 複数の参加者が、デスクトップまたは会議中のプログラムを共有するが、黒い画面が表示された、問題を解決します。

  • ピア ツー ピア通話をミュートまたはミュート解除問題固定します。

  • サインイン、画面の共有の問題については、およびがクラッシュするには、さまざまな問題を解決します。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

統合連絡先ストアを有効にした場合、連絡先の管理、代理人の管理などがサポートされていません

Exchange の統合連絡先ストアのSkype for Business管理者がユーザー アカウントが有効になっている場合、ユーザーはSkype for Businessで自分の連絡先リストを変更できません。 ユーザーは、Outlook では、その連絡先リストに変更をできます。

その他の既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

以前のリリース

リリース日: 2017 年 4 月 18 日

追加された機能

  • ピアツーピアでのファイル転送が Skype for Business Online で有効です。ユーザーはチャット セッション中にチャット メッセージの入力ボックスのクリップ アイコンをクリックすることによってファイルを送受信できるようになりました。ファイルを直接 Finder からチャット メッセージの入力ボックスにドラッグすることもできます。

    ファイルが添付されたチャット ウィンドウ

改善点

  • ユーザーが着信を受信すると、通話に応答するためのビデオ プレビューおよびビデオ ボタンが着信呼び出しパネルに表示されます。

  • 委任者の代わりに代理人から通話を受信する Skype for Business ユーザーは、その通話が委任者の代わりに発信されたことを確認できるようになりました。

  • ユーザーが呼び出しデバイス設定を保存すると、アプリケーションの再起動後に選択した内容が保存されます。

  • 連絡先リストの名前はアルファベット順に並べ替えられます。

    連絡先リスト
  • 複数回にわたり参加しようとすると、会議への参加が拒否されたことが通知されます。

  • すでに存在する連絡先グループを作成しようとすると表示されるエラー メッセージを修正しました。

  • Exchange の接続の問題を修正しました。

  • マルチドメインのサインインの問題を修正しました。

  • 細かいバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

リリース日: 2017 年 3 月 28 日

追加された機能

  • ユーザーは連絡先グループの「代理人」グループに代理人を追加して、通話ルーティングの環境設定を代理人に設定することができるようになりました。

  • 代理人は誰によって代理人として指名されたかを確認できます。

  • 代理人は委任者の代理として通話を行えます。

    注: 代理人/委任者の機能は現在 Skype for Business Online ユーザーのみが利用できます。今後さらに機能が実装されます。

  • ユーザーは「音が鳴る」デバイス用の別個のオーディオ設定を追加できます。

  • ユーザーが USB デバイスを接続すると、デバイスへの切り替えを求められます。

  • 連絡先カードと連絡先の詳細ビューに [グループ] ボタンが追加されました。これにより、ユーザーは連絡先リストに他のユーザーをすばやく追加できるようになりました。

  • ユーザーはグループの連絡先カードから、配布リストとグループに対して通話を発信したり IM を送信できるようになりました。

  • メッセージが日付で区切られるようになりました。

  • チャット ウィンドウでオプション SIP の URI のサポートが追加されました。

  • 管理者は、ユーザー プロファイルにより電子メールおよびユーザー名を設定できるようになりました。

  • ユーザーに対して、通話体験を評価するよう求めるメッセージが時々表示されるようになりました。

改善点

  • コンピューターの再開時の会話履歴の利用可能性についての間違った警告を修正しました。

  • HTTP プロキシ設定を構成せずにネットワーク プロキシ サーバーを使用するネットワーク上の Mac での Skype for Business へのサイン インの試行時に、エラー メッセージを受信しない問題を修正しました。

  • ヘッドセットのミュート/ミュート解除に関する複数の問題を修正しました。

  • ミュートと接続に関する問題を修正しました。

  • Outlook で作成された会議に関する問題と、Polycom および Skype Room Systems からの参加に関する問題を修正しました。

    注: 修正を適用するには、Skype Room Systems で Mac クライアントにより予約された既存の会議を予約し直す必要があります。

  • 会議およびカレンダーの更新では、Exchange にサインイン済みでないユーザーは、Exchange へのサインインを求められます。

  • 1 対 1 の会話での画面共有を改善しました。

  • 通話の終了を改善しました。ロビー内で一部のユーザーが通話を終了できなかった問題を修正しました。

  • ナレーションによるお知らせの機能を向上し、その他のアクセシビリティ機能も改善しました。

  • メッセージ「マイクはミュートになっています。」の位置を変更しました。

  • その他の UI の改善とバグ修正を実装しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

既知の問題

既知の問題の完全な一覧については、「既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2017 年 2 月 7 日

追加された機能

  • ピア ツー ピアの IM 会話中にユーザーがデスクトップを共有できるようになりました。

    注: オンプレミスの Skype for Business Server 2015 ユーザーに対する Windows クライアントでの Skype for Business 2016 からのピア ツー ピアのデスクトップ共有には、Skype for Business Server 2015 の 2 月の更新プログラムが必要です。オンプレミスのLync Server 2013  ユーザーに対する Windows クライアントでの Skype for Business 2016 からのピア ツー ピアのデスクトップ共有はサポート対象外です。

  • 次の USB デバイスについて認定済みサポートが適用されるようになりました。

    • Polycom CX300

    • Jabra Speak 510

    • Jabra Evolve 65

    • Plantronics Blackwire C520-M

    • Logitech Webcam C930e

改善点

  • ユーザーが連絡先を検索したときに、重複した連絡先および連絡先の電子メールが同時に表示されます。サインイン情報を削除する対処により、ユーザーに表示される連絡先は 1 つだけになりました。

    1. Mac での Skype for Business からログ アウトします。

    2. サインイン情報を削除します。

  • デスクトップ共有と会議の通話に関するバグを修正しました。

  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を介した共有スクリーンの表示時の CPU パフォーマンスの改善を実装しました。

  • クライアントの UI と通知を改善しました。

  • クライアントによって上書きされていた Microsoft AutoUpdate チャネルの問題を修正しました。

  • ユーザーが通話を転送できない問題を修正しました。

  • アクセシビリティに関連した問題を改善しました。

  • クラッシュする問題を修正しました。

  • その他のバグ修正を実装しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

Outlook の予定表に基づいてプレゼンスが自動的に「会議中」に更新されない

Outlook の予定表に基づいてプレゼンスを自動的に更新する機能は現時点ではサポートされていません。この機能は Mac での Skype for Business の今後の更新で対応する予定です。

IM 会話でのデスクトップ共有を表示できない

Windows 版 Skype for Business ユーザーが IM 会話 (ピアツーピアまたはグループ IM) でデスクトップを共有するときに、Mac での Skype for Business ユーザーに対して空白の画面が表示される場合があります。

対応策: Windows 版 Skype for Business ユーザーがプログラムまたはウィンドウを共有するか、Mac での Skype for Business ユーザーが Mac での Skype for Business アプリを再起動するようにしてください。

Skype Room Systems 会議に参加できない

Skype Room Systems では、Mac での Skype for Business によってスケジュールされた会議に参加できません。

対応策: 会議にダイヤル インするか、Windows クライアント版の Skype for Business を使用して会議をスケジュールしてください。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。


リリース日: 2016 年 12 月 20 日

改善点

  • Microsoft AutoUpdate の ChannelName プリファレンスにカスタム チャネルを使用する組織の問題を修正しました。

リリース日: 2016 年 12 月 12 日

追加された機能

  • ビデオベースの画面共有 (VBSS) 表示が Office 365 で利用できます。VBSS は、RDP よりも効率的にネットワーク上でコンテンツを共有する方法を提供するテクノロジです。詳細情報

  • Lync Server 2013 ユーザー向けの単一ウィンドウ モード。Mac での Skype for Business では複数の会話を単一ウィンドウで管理するための優れたエクスペリエンスを既に実現しています。このエクスペリエンスは、16.2 以前ではサポート対象外であった Lync Server 2013 に接続する Mac クライアントにも適用範囲を広げています。また、以前にサーバー側の会話履歴が無効化されていた場合に、単一ウィンドウを利用することができませんでした。この症状は、所属する組織が明確に EnableAutoIMArchive を無効化しない限り、発生しないようになりました。さらに、Mac クライアントがアクティブな場合はメッセージを自動的に受け取るようになり、IM は不在着信メッセージとしても表示されます。

    単一ウィンドウ:

    • SSCH に依存しません。EnableIMAutoArchiving のみに依存します。

    • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合はオンになります。

    • EnableIMAutoArchiving が無効になっている場合はオフになります。

    自動受け取り:

    • Mac での Skype for Business は、最もアクティブなエンドポイントの場合、常に IM を自動的に受け取ります。

    • SSCH が有効な場合は、サーバーによって受け入れられます。会話は Exchange で永続的になり、会話リストに表示されます。

    • SSCH が無効または設定されていない場合 (Lync Server 2013 など) は、クライアントは IM を受け取り会話ウィンドウに表示しますが、Exchange の「会話の履歴」フォルダーには保存しません。

      • EnableIMAutoArchiving が有効または設定されていない場合:

        • Mac での Skype for Business は会話をローカルに表示し、ローミングしません。

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は会話リストに再表示されます。

        • ユーザーが Mac での Skype for Business のクリーン インストールを行うか、別のコンピューターからログ オンすると、過去の会話の履歴は表示されません。

      • EnableIMAutoArchiving が無効の場合:

        • ユーザーが会話ウィンドウを閉じるか、クライアントを再起動すると、会話は永続的ではなくなり、会話リストに表示されません。

  • 音声通話では、デスクトップ共有を追加できるようになります。

注: 単一ウィンドウ モードは既に Office 365 および Skype for Business Server 2015 2015 ユーザーで利用できます。ただし、EnableIMAutoArchiving ポリシーが管理者によって無効化されている場合は、単一ウィンドウ モードは利用できません。

改善点

  • 既定の通知タイプをバナーに変更しました。ユーザーが通知センター上の設定を変更できます ([Skype for Business] > [基本設定] > [通知])。

  • 会議中や通話中のユーザー エクスペリエンス。

  • グループ管理

  • クライアントの安定性およびその他のバグの修正

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

連絡先の検索の制限

Mac の検索では、フェデレーションされた連絡先および Skype コンシューマーの連絡先を表示しないという既知の制限があります。表示できるのは ローカルの Active Directory の連絡先のみです。

Windows 版 Skype for Business クライアントでのデスクトップ表示

通話中の、Windows 版 Skype for Business 2016 のオンプレミス ユーザーからのデスクトップ表示は現在サポート対象外です。

対応策: ユーザーは電話会議に参加するか「今すぐミーティング」を使うことができます。

重要: Mac での Skype for Business クライアントは、Office 365、Skype for Business Server 2015、Lync Server 2013 と互換性があります。Lync Server 2010 を使用しているユーザーは引き続き Lync for Mac 2011 を Mac クライアントとして使用する必要があります。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

リリース日: 2016 年 11 月 22 日

追加された機能

連絡先グループの管理

  • Skype for Business Online および Skype for Business Server 2015 のユーザーは、連絡先リストで連絡先グループおよびエンタープライズ配布グループを追加、削除できるようになりました。

連絡先を状態変更通知の対象としてマークする

  • Skype for Business Online、Skype for Business Server 2015、Lync Server 2013 のユーザーは、連絡先の状態がオンラインに変わったときに通知されるように連絡先をマークすることができます。

改善点

メッセージング

  • 受信者が着信メッセージに応答できない場合の送信者のエクスペリエンスが改善されました。

  • チャット通知に関する問題が修正されました。特定の状況において、新しいチャットをクライアントが既読であると判断するためにマーク付けされなかった問題を解決しました。

会議

  • 数多くの修正と信頼性の向上により、より安定した会議のエクスペリエンスを得られるようになりました。

全般

  • 予定表の同期に関する問題が修正され、起動時に会議が正しく取得されるようになりました。

  • サインインのバグの修正。特定のアカウントの種類でサインインができない問題を解決しました。

既知の問題

新しい問題

問題

コメント

単一またはタブ形式のウィンドウ エクスペリエンスが利用できない

既定では、トポロジが次の要件を満たす場合、すべての会話が単一またはタブ形式のウィンドウに表示されます。ただし、サーバー側会話履歴が有効になっているかどうかをクライアントが検出できず、デフォルトの単一ウィンドウ ビューに戻らない場合があります。この問題は、[環境設定] の設定を更新することで解決できます。

単一/タブ形式のウィンドウのエクスペリエンスに関する要件:

  • Skype for Business Online または Skype for Business Server 2015

  • サーバー側会話履歴の有効化

単一ウィンドウ モードが利用できない場合のトラブルシューティングとして、次のことを確認してください。

  • [環境設定]、[一般] の順に選択した場合に表示される [会話を個別のウィンドウに表示する] チェック ボックスがオフになっている。

E-911 と ADFS の組み合わせがサポートされていない

これは既知の問題で、Skype for Business Server 2015 の今後の更新で解決される予定です。

連絡先グループの追加、名前変更、削除メニューが、グループを新規追加した直後に無効になる

対応策: 任意の連絡先またはグループを選択すると、メニューが再び有効化されます。

[グループの展開] / [グループの折りたたみ] シェブロン アイコンが、最小化または最大化した後に連絡先のリストと同期しなくなる Skype for Business

対応策: シェブロンをクリックしてアイコンを修正します。

100 件を超える連絡先を持つ配布グループを追加すると、100 件の連絡先のみが表示される

対応策: 配布グループの全メンバーの一覧を表示するには、Outlook でグループを展開します。

既知の問題の完全なリスト

既知の問題 - Mac 版 Skype for Business」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×