Skype for Business 電話会議開催者アクティビティ レポート

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しい Office 365 の [レポート] ダッシュボードには、組織内の Office 365 製品全体にわたるアクティビティの概要が表示されます。このダッシュボードでは、個々の製品レベルのレポートまで掘り下げ、各製品内のアクティビティについてより細かい洞察を得ることができます。たとえば、[Skype for Business 電話会議開催者アクティビティ] レポートを使用して、ユーザーが IM、音声/ビデオ、アプリケーション共有、Web、ダイヤルイン/アウト - サードパーティ、およびダイヤルイン/アウト - Microsoft を使用する電話会議をどれだけ開催しているかを確認できます。詳細については、「レポートの概要」をご覧ください。

このレポートとその他の Skype for Business レポートで、組織全体で開催した会議アクティビティの詳細がわかります。 これらの詳細は、組織でその他のビジネス上の決定を調査、計画、実行しているときに役立ちます。

注: 管理者として Office 365 管理センターにログオンすると、すべての Skype for Business レポートを見ることができます。

Skype for Business 電話会議開催者レポートを取得する方法

  1. Office 365 管理センターの [レポート] に移動します。

  2. 左のメニューで [レポート] を選ぶか、[レポート] ウィジェットをクリックします。

  3. ダッシュボードにある Skype for Business アクティビティ ウィジェットをクリックしてから、[Skype for Business 電話会議開催者アクティビティ] をリストから選ぶか、[使用状況] ページにある [レポートを選んでください] リストから選びます。

    Skype のメニューが強調表示されているビジネス会議の開催者アクティビティを含むレポートします。

    重要: Office 365 のサブスクリプションによっては、ここで説明する製品やアクティビティ レポートの一部が表示されないことがあります。

Skype for Business 電話会議開催者レポートを解析する

[アクティビティ]、[ユーザー]、[] のグラフを見ることで、開催された Skype for Business 電話会議の状況を確認できます。

ページの構成の会議のレポートをビジネスの Skype

1

Skype for Business 電話会議開催者アクティビティ レポートでは、過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を確認できます。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 ~ 48 時間の遅延を反映します。

3

[アクティビティ] グラフの対話型グラフとリアルタイム データを使用して、使用状況の傾向を把握し、開催された電話会議の合計数と、組織で開催された電話会議のタイプを確認します。このグラフには、組織全体で開催された [IM]、[音声/ビデオ]、[アプリケーション共有]、[Web]、[ダイヤルイン/アウト - サード パーティ]、[ダイヤルイン/アウト Microsoft] の電話会議の合計数とタイプが表示されます。

4

[ユーザー] グラフの対話型グラフとリアルタイム データを使用して、使用状況の傾向を把握し、組織で開催された電話会議の一意のユーザー数を確認します。このグラフには、開催された電話会議の [IM]、[音声/ビデオ]、[アプリケーション共有]、[Web]、[ダイヤルイン/アウト - サード パーティ]、[ダイヤルイン/アウト Microsoft] のタイプともに合計ユーザー数が表示されます。

5

[] グラフの対話型グラフとリアルタイム データを使用して、使用状況の傾向を把握し、Microsoft を電話会議プロバイダーとして音声/ビデオ、ダイヤルインとダイヤルアウトを使用した電話会議を開催した場合の、ユーザーが使用した分単位の通話時間を確認します。このグラフは、開催された電話会議中に使用された [音声/ビデオ]、[ダイヤルイン Microsoft (分)]、[ダイヤルアウト Microsoft (分)] の合計通話時間が分単位で表示されます。

6

各グラフには、「X」軸(水平)と「Y」軸(垂直)があります。

  • [アクティビティ] アクティビティ グラフの Y 軸は、組織内でユーザーが開催した電話会議の IM、音声/ビデオ、アプリケーション共有、Web、ダイヤルイン/アウト - サードパーティ、ダイヤルイン/アウト Microsoft の合計数です。

  • [ユーザー] アクティビティ グラフの Y 軸は、組織内でユーザーが開催した電話会議の IM、音声/ビデオ、アプリケーション共有、Web、ダイヤルイン/アウト - サードパーティ、ダイヤルイン/アウト Microsoft を行ったユーザーの合計数です。

  • [] アクティビティ グラフの Y 軸は、組織内でユーザーが開催した電話会議の音声/ビデオ、ダイヤルイン Microsoft (分)、ダイヤルアウト Microsoft (分) の分単位の合計時間です。

  • どちらのグラフも、X 軸はこの特定のレポートで選択した日付範囲です。

7

凡例の項目をクリックして、グラフに表示する系列をフィルター処理できます。たとえば、[アクティビティ] グラフで [IM]、[音声/ビデオ]、[アプリケーション共有]、[Web]、[ダイヤルイン/アウト - サード パーティ]、[ダイヤルイン/アウト - Microsoft] をクリックまたはタップすると、それぞれに関連した情報のみが表示されます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

8

この表は、ユーザーごとの、開催した電話会議アクティビティの内訳を示しています。また、Skype for Business が割り当てられているすべてのユーザーと、ユーザーが開催した電話会議を示しています。表に新しい列を追加することができます。

  • [ユーザー名] はユーザーの名前です。

  • [削除済み] はユーザーのライセンスが削除されたことを示します。

    注: 削除されたユーザーのアクティビティは、選択した期間中の任意の時点でそのユーザーがライセンスされた場合に限り、引き続きレポートに表示されます。 [削除済み] 列は、アクティブではない状態になったユーザーが引き続きレポート内のデータに影響している可能性に注意するのに役立ちます。

  • [削除日] は、ユーザーのライセンスが削除された日付です。

  • [前回のアクティビティの日付 (UTC)] は、ユーザーが前回アクティビティを行った日付 (UTC) です。

  • [IM] は、開催された IM 会議の合計数を示します。

  • [音声/ビデオ] は、開催された音声/ビデオ会議の合計数を示します。

  • [アプリケーション共有] は、開催されたアプリケーション共有会議の合計数を示します。

  • [Web] は、開催された Web 会議の合計数を示します。

  • [ダイヤルイン/アウト - サード パーティ] は、サード パーティの電話会議プロバイダーを使用して開催されたダイヤルイン/アウト電話会議の合計数を示します。

  • [ダイヤルイン/アウト Microsoft] は開催されたダイヤルイン/アウト Microsoft (PSTN) 会議の合計数を示します。

  • [音声/ビデオ通話分数] は、音声/ビデオを使用した電話会議を開催したときに使用した合計時間を分単位で示します。

  • [ダイヤルイン Microsoft (分)] は、Microsoft を音声電話会議プロバイダーとして使用して開催された会議で使用されたダイヤルインの合計時間を分単位で示します。

  • [ダイヤルアウト Microsoft (分)] は、Microsoft を音声電話会議プロバイダーとして使用して開催された会議で使用されたダイヤルアウトの合計時間を分単位で示します。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターのアクティビティ レポート」の「ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法」セクションを参照してください。

9

レポートに列を追加またはレポートから列を削除するには、[] をクリックまたはタップします。

Skype for Business Online レポート管理ボタン。

10

また、[エクスポート] をクリックまたはタップして、レポート データを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。

Skype for Business レポート エクスポート ボタン。

これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

Skype for Business のその他のレポートを表示しますか?

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 管理センターのアクティビティ レポート

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×