Skype for Business 会議または IM 会話で共同編集を行う

Skype for Business 会議または IM 会話で共同編集を行う

文書、スプレッドシート、または PowerPoint プレゼンテーションの作成中に他のユーザーと共同作業する必要がある場合は、Office 365 および Skype for Business を使用して共同で作成や編集を行いながら、会議に参加したり IM 会話をしたりできます。 共同編集のセッションに参加中のすべてのユーザーは、文書への変更をリアルタイムで確認できます。

開始に必要なもの

  • Skype for Business デスクトップ クライアントを含む Office 365 (現在使用中の Office バージョンの確認方法)

  • OneDrive for Business (OneDrive for Business とは)

  • 編集対象の Word、Excel、OneNote、PowerPoint またはその他の Office ファイル (ファイルは OneDrive for Business のサイトにアップロードされている必要があります)。

    注: 共同編集機能は既定でオンになっていますが、所属組織のテナント管理者がオフにすることができます。 ここで説明されている機能が見つからない場合は、テナント管理者にお問い合わせください。

会議で共同編集を行う
  1. Skype for Business 会議に全員が揃ったら、[コンテンツを表示する] ボタン [コンテンツを表示する] ボタン をクリックします。

  2. [Office ドキュメントの共同編集] をクリックします。

    [プレゼンテーション] メニューの [共同編集] オプション

  3. [OK] をクリックして、会議に参加しているすべてのユーザーに、自分の文書へのアクセスを認める旨のメッセージを承諾します。

  4. 編集するファイルを選びます。 OneDrive for Business フォルダーから何か選ぶ必要があります。 ローカル コンピューターまたはその他のファイル共有でファイルを選ぼうとすると、次のメッセージが表示されます。

    OneDrive for Business 以外の場所からファイルを開こうとして表示されたエラー メッセージ

  5. すべての参加者が編集を開始できる会議ウィンドウでファイルが開きます。

    チャット ウィンドウにファイルへのリンクが自動的に表示されるので、外部のユーザーやSkype for Business Web App経由で接続しているユーザーも参加できます。

IM セッションで共同編集を行う
  1. IM セッションから、[コンテンツを表示する] ボタン [コンテンツを表示する] ボタン をクリックします。

  2. [Office ドキュメントの共同編集] をクリックします。

    IM 会話の [プレゼンテーション] メニューの [共同編集] オプション

  3. [OK] をクリックして、会議に参加しているすべてのユーザーに、自分の文書へのアクセスを認める旨のメッセージを承諾します。

  4. 編集するファイルを選びます。 OneDrive for Business フォルダーから何か選ぶ必要があります。 ローカル コンピューターまたはその他のファイル共有でファイルを選ぼうとすると、次のメッセージが表示されます。

    OneDrive for Business 以外の場所からファイルを開こうとして表示されたエラー メッセージ

  5. 該当ファイルがクラウド上で、適切な Office アプリ (Word 文書は Word、PowerPoint 文書は PowerPoint など) の形式で開き、すべての参加者が編集を開始できます。

関連項目

一時的な Skype for Business 会議を始める

Skype for Business 会議に参加する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×