Skype for Business 会議に参加するには、[ロビーで待つ必要が必要なユーザーを決定します。

新しい Skype for Business 会議を作成する場合、会議に直接参加するユーザーや、招き入れるまで待機するユーザーを決定します。 大規模な会議、または機密性の高い情報を扱う場合には、これらのオプションを変更することをお勧めします。 [会議] タブの [会議] オプションをクリックすると、新しい Skype for Business 会議で次のオプションを設定できます。

[ロビーで待たずに会議に直接参加する人を選択してください]

結果

推奨される場合

[会議の開催者である自分のみ]

自分のみが会議に直接参加できます。他のすべてのユーザーは、許可されるまで待機する必要があります。

高度なセキュリティを要する会議と機密情報を扱う場合。

会社内から招待した人

招待されたユーザーのみが会議に直接参加できます。他のすべてのユーザーは、許可されるまで待機する必要があります。

機密情報についての話し合いで、特定のユーザーのみ参加できるようにする場合。

[同じ組織のユーザー]

会社内のすべてのユーザーが、招待されていなくても、会議に直接参加できます。

外部からの参加者がおらず、機密情報についての話し合いでない場合。

[すべてのユーザー (制限なし)]

会議のリンクにアクセスできるすべてのユーザーが会議に直接参加できます。

外部からの参加者を招待しており、機密情報を話し合っていません。

注: [すべてのユーザー] 以外のオプションをオンにした場合、Skype for Business デスクトップ クライアントを使用する発表者には、ロビーで待機するダイヤルイン ユーザーは表示されず、会議への参加を許可できません。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

関連項目

オンライン会議と電話会議のオプションを設定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×