Skype for Business レコーディング マネージャー

Skype for Business レコーディング マネージャー

Skype for Business レコーディング マネージャーを使って、会議のレコーディングを再生する、レコーディングの保存場所を参照する、他のユーザーが表示できるようにレコーディングを公開することができます。

Skype for Business の会議レコーディングを管理する

  1. レコーディング マネージャーにアクセスするには、Skype for Business のメイン ウィンドウで、[ツール] をクリックして、[レコーディング マネージャー] をクリックします。会議内からレコーディング マネージャーを開くこともできます。

  2. レコーディングを強調表示し、次のいずれかの操作を行います。

    • レコーディングを再生するには、[再生] をクリックします。(インストールされている場合は) Windows Media Player でビデオが開きます。

    • [参照] をクリックして、レコーディングの場所に移動します。ビデオを移動したり、他のユーザーに送信して見てもらったりすることができます。

    • [名前の変更] をクリックし、強調表示されている領域に新しい名前を入力します。

    • コンピューターからレコーディングを完全に削除するには、[削除] をクリックします (ごみ箱には送られません)。

    • [発行] をクリックすると、レコーディングの名前を変更して、別の場所に保存できます。[オプション] をクリックして、レコーディングに含めるコンテンツの種類 (IM やビデオなど) も選択できます。

詳細については、「レコーディング マネージャーによる保存と公開」を参照してください。

会議のレコーディング方法の詳細については、「Skype for Business 会議のレコーディングと再生」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×