Skype for Business チャット ルームを作成して管理する

Skype for Business 管理者から権限を付与されていれば、すぐに常設チャット ルームの作成を開始できます。 チャット ルームを作成、管理、無効にするには、次のようにします。

新しいチャット ルームを作成する

  1. Skype for Business メイン ウィンドウの [チャット ルーム] タブで、[ルームの追加 ルームの追加 ]、[チャット ルームの作成] を選択します。

    チャット ルームの作成

    注: これらのオプションが表示されない場合は、チャット ルームを作成、管理する許可を Skype for Business 管理者から取得していません。

  2. 表示される [自分のルーム] ページで、[新しいルームの作成] を選択します。

    [自分のルーム] ページ

新しいチャット ルームに名前を付ける

チャット ルームを作成するとき、固有のわかりやすい名前を付けます。

  1. [チャット ルームの作成] ページの [ルーム名] セクションに名前を入力します。

    [チャット ルームの作成] ページ

    注: ルーム名には、256文字までの英数文字またはスペースを含む特殊文字を、任意の組み合わせで使用できます。

  2. [名前の確認] を選択して名前がまだ使われていないことを確認します。指示があれば別の名前を選びます。

    注: ルーム名を後で変更した場合、新しい名前が表示され、ルームのメンバーとフォロワーが移行されます。 ただし始めから適切な名前を指定し、それを継続的に使用することをお勧めします。 ルーム名を変更すると、通知を設定したユーザーやルームをお気に入りに追加したユーザーの混乱をまねくおそれがあります。

チャット ルームの説明を入力する

チャット ルームを作成するとき、ルームの目的についての説明を入力します。 説明は短くし、メンバー申請をするか、ルームでのチャットの話題を定期的にチェックするために通知を設定するかどうかを他のユーザーが判断しやすい内容にします。 この説明はいつでも変更できます。

  • [チャット ルームの作成] ページの [説明] セクションに、ルームの目的についての説明 (256 文字まで) を入力します。

プライバシー設定を選ぶ

プライバシー設定は 3 つあります。 すべての Skype for Business チャット ルームにプライバシー設定があります。

  • [チャット ルームの作成] ページの [プライバシー] セクションで、プライバシー設定 ([公開]、[非公開]、または [秘密]) を選択し、誰がそのチャットを見つけて参加できるかを制御します。

    設定

    説明

    公開

    誰でもこのルームを (検索で) 見つけることができ、開いて、読んだり書き込み (投稿) したりできます。 公開ルームには「メンバーシップ」はありません。

    非公開

    メンバー以外もこのルームを見つけて誰がメンバーになっているかを見ることはできますが、ルームを開いて読んだり投稿したりできるのは、メンバーだけです (これは既定の設定です)。

    非公開ルームに参加するには、ルーム マネージャーに依頼してメンバー リストに追加してもらう必要があります。 チャット ルーム マネージャーはルーム カードで調べることができます。

    秘密

    メンバー以外は、このルームやそのルーム カードを見つけることも、誰がルームのメンバーかを知ることも、内容を読んだり投稿したりすることもできません。

管理対象ルームのプライバシー設定は、いつでも変更できます。

チャット ルームに Web ベース アプリケーションを追加する

組織が決定した Skype for Business 常設チャットの使い方によっては、チャット ルームでのメンバーの活動の生産性を向上する多数の便利な Web ベース アプリケーションにアクセスできる場合があります。 ルームで利用できる Web ベース アプリケーションがある場合は、[チャット ルームの作成] ウィンドウにアドインの見出しが表示されます。

  • [チャット ルームの作成] ページの [アドイン] セクションで、ドロップダウン リストを使用して使用する Web アプリを選んでください。

チャット ルームのカテゴリを選択する

Skype for Business チャット ルームの「カテゴリ」とは、利便性のためにさまざまなルームに適用できる、ルームの特性の集まりです。 たとえば、不動産会社で、営業チーム用、法務部門用、経営陣用にそれぞれルーム カテゴリを設定すると便利な場合があります。 ルーム カテゴリごとに、個別のレコード保持ポリシー、必須のプライバシー設定などを指定できます。 それらの特性は、そのルーム カテゴリに属するすべてのルームに継承されます。

ルーム カテゴリの概念は、ルームのメンバーシップと設定に影響を及ぼします。 常設チャットを初めてインストールするときに、Skype for Business 管理者はチャット ルーム参加者候補のリストを作成します。 このリストの設定後に、管理者は組織のニーズに基づいてチャット ルームにサブカテゴリを作成できます。 特定カテゴリの範囲によって、そのカテゴリのチャット ルームのメンバーとして指定できるすべてのユーザーとグループが決まります。 たとえば、管理者がルーム カテゴリの範囲を contoso.com に設定した場合、Contoso の任意のグループまたはユーザーを、そのカテゴリに含まれるルームのメンバーとして追加できます。 範囲を Sales に設定した場合は、Sales 配布リストに含まれるグループとユーザーのみをメンバーとして追加できます。

  • [チャット ルームの作成] ページの [カテゴリ] セクションで、使用する設定とメンバーシップ プールを含んでいるカテゴリを選びます。 ルーム マネージャーとして利用できるカテゴリのみが表示されます。

重要: Skype for Business 管理者は、ルーム カテゴリのほとんどの設定をロックできます。ロックすると、チャット ルーム マネージャーがその設定を変更できなくなります。 管理者は、チャット ルーム マネージャーがユーザーを選ぶ際に使用するユーザーのプールを制限できます。 そのような場合 (つまり、ルームの設定を変更できない場合や、特定のユーザーをルーム メンバーとして追加できない場合) は、制限が適用されているかどうかを Skype for Business 管理者に確認してください。

チャット ルーム マネージャーを追加または削除する

ルーム マネージャーは、他のユーザーをマネージャーとして追加して、作成したルームの管理業務を共同で行うことができます。 マネージャーは、ルームが属するルーム カテゴリのメンバー候補のプールに表示されている必要があります。

新しいマネージャーは自動でルーム メンバーになりません。そのマネージャーをメンバーとして追加する必要があります。

  1. [チャット ルームの作成] ページの [マネージャー] セクションで、マネージャーの名前を入力します。 名前を区切るにはセミコロンを Scott Oveson; Molly Dempsey のように使用します。

    注: 本来のルーム マネージャーと同様に、マネージャーはルーム メンバーを追加しルーム設定の一部を編集できます。

  2. [名前の確認] を選択して、マネージャーとして追加したユーザーが Skype for Business に認識されることを確認します。

チャット ルームのメンバーを追加または削除する

プライバシー設定が「公開」になっているルームでは、メンバーシップの要求や許可は必要ありませんが、「非公開」や「秘密」になっているルームでは必要です。ルーム マネージャーは、作成した非公開ルームまたは秘密ルームに参加できるユーザーを制御できます。 非公開ルームまたは秘密ルームの作成者は、自動的にメンバーになります。

任意のユーザーをメンバーとして追加できます。 ただし追加するメンバーは、ルームが属するルーム カテゴリのメンバー候補のプールに表示されている必要があります。 ルームからメンバーを削除することもできます。

  1. [チャット ルームの作成] ページの [マネージャー] セクションで、ルーム メンバーとして招待するユーザーの名前を入力します 。 名前はセミコロンで区切ります。

  2. [名前の確認] を選択して、メンバーとして追加したユーザーが Skype for Business に認識されることを確認します。

最終ステップとしてチャット ルームの設定を確認する

  • [招待の設定をカテゴリから継承する] を選択して、ルームが特定される対応するカテゴリの設定を受け入れます。Skype for Business メイン ウィンドウの [チャット ルーム] タブで各メンバーの [New] リストに通知が表示される場合と表示されない場合があります。

  • [No invitations sent to members (メンバーに招待状を送信しない)] を選択して、自分のルームのメンバーになったことを連絡先に通知しないようにします。

  • 適切なオプションを選択したら、[作成] を選択します。

チャット ルームを管理する

チャット ルームを管理できるユーザーとは?

以下の条件を満たすユーザーが、Skype for Business チャット ルームを管理できます。

  • チャット ルームを作成し、既定により、そのルームのマネージャーになった。

  • Skype for Business 管理者からルーム マネージャーのアクセス許可を付与された。

  • チャット ルームの作成者からチャット ルーム マネージャーとして指名された。

  • チャット ルーム管理者の権限を持っている。その場合、管理対象の Skype for Business 環境にあるすべてのチャット ルームを管理できます。

チャット ルーム マネージャーの名前は、チャット ルームのルーム カードの [マネージャー] ボックスに表示されます。

チャット ルーム マネージャーは、管理するチャット ルームのほとんどの設定を制御できます。 常設チャット ルームの作成だけでなく、それらのルームのプライバシー レベルの変更、ルーム マネージャーへの新たな責務の割り当て、メンバーの追加や削除も実行できます。

管理するルームの名前と説明を変更することもできます。 Web ベース アプリケーション (管理者が利用を許可している場合) をルーム環境に追加したりもできます。 さらに、ルームを無効にしてメンバーをルームからロックアウトできます。

次の表に、操作と、ルーム マネージャーがその操作を実行できるかどうかを示します。

操作

ルーム管理者がこの操作を行えるかどうか

チャット ルームの作成

チャット ルームの名前を付ける、または名前を変更する

チャット ルームの説明を作成または変更する

チャット ルームのプライバシー設定を選択または変更する

チャット ルームのメンバーを追加または削除する

新しいメンバーに通知 (招待) を送信しないように設定する

チャット ルームのマネージャーを追加または削除する

アドイン (Web ベース アプリケーション) を追加または削除する

チャット ルームにルーム カテゴリを割り当てる (管理者が複数のカテゴリを利用可能にしている場合)

チャット ルームを無効にする

無効にされたチャット ルームを再び有効にする

×

チャット ルームを削除する

×

削除されたチャット ルームを復元する

×

チャット ルームの投稿を削除する

×

チャット ルームの履歴を削除する

×

ルームの管理タスクは、[ルームの編集] ページで行います。

  1. Skype for Business メイン ウィンドウの [チャット ルーム] タブで、[メンバーである] を選択してアクセス権のあるルームのリストを表示します。

    [メンバーである] タブ
  2. ルーム一覧で、設定を変更したいチャット ルーム [チャット ルーム] アイコン アイコンの上にマウス ポインターを置きます。

  3. [Open room (公開ルーム) [Open room (公開ルーム)] アイコン ]、[その他のオプション [その他] ボタン ] (チャット ルーム ウィンドウの右下角)、[このルームの管理] を選択します。

    このルームの管理

  4. [ルームの編集] ページで、必要に応じてルームの設定を変更し、[変更の確定] を選択します。

チャット ルームを無効にする

管理しているチャット ルームを無効にする必要が生じることもあります。 ルームを無効にすると、ユーザーがそのルームを見つけたり参加したりできなくなり、現在のメンバー (ルーム マネージャーを含む) が削除されます。

ルームの無効化が必要になる理由はさまざまです。 たとえばルームが役割を終えた場合や、同じようなテーマをより活発に議論しているルームに取って代わられた場合などです。

  1. [ルームの編集] ページで、[無効にする] を選択します。

    チャット ルーム無効化の確認を求めるダイアログ ボックスのスクリーンショット

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 続行する場合は、[OK] をクリックします。

    • アクションを取り消すには、[キャンセル] を選択します。

関連項目

トピック フィードを使って Skype for Business チャット ルームのアクティビティを監視する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×