Skype for Business の概要

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
このビデオでは、Skype for Business について簡潔に紹介します。

作業を開始する前に

Windows コンピューターへの Skype for Business のインストールが既に完了している場合があります。使用しているオペレーティング システムに応じた手順で簡易チェックを実行して確認してください。

Windows 7: [スタート] をクリックし、[Microsoft Office 2013] または [Microsoft Office 2016] をクリックします。続いて [すべてのプログラム] をクリックし、[Skype for Business 2016] を探します。

Windows 10 または Windows 8 [スタート] をクリックし、「Skype for Business 2016」と入力します。

Skype for Business が見つかれば、準備は完了しています。見つからない場合は、Skype for Business をインストールする必要があります。このリンクからは、他のプラットフォームやモバイル デバイスに Skype for Business をインストールする方法も参照できます。

ここで、Skype for Business にログインします。

  • Office 365 のユーザー ID とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。(Skype for Business で次回からパスワードの入力を省略するようにパスワードを記憶させたい場合は、[パスワードの保存] チェックボックスをオンにします。パスワード変更を行った場合は再入力が必要です。)

    Skype for Business サインイン ダイアログ

    ユーザー ID またはパスワードがわからない場合は、所属する組織のテクニカル サポートにお問い合わせください。

次のモジュールでは、ツアー形式で解説します。

Skype for Business を使うと、社内全体または世界中の他のユーザーとすばやく連絡を取ることができます。

外観と操作性は Skype に似ていますが、ビジネスを効率的に進める上で役立つ、生産性に優れた機能を追加しています。他のユーザーが連絡可能か、会議中か、発表中かを確認できる機能、通話に対して業務用の強力なセキュリティを提供する機能、多数の参加者に対して会議をオンラインでブロードキャストする機能などを備えています。

メイン ウィンドウでは、連絡先を検索したり、音声通話やビデオ通話を実行したり、通信相手にするユーザーにマウス カーソルを合わせるだけです。

次に IM通話ビデオ チャット、または会議の予約を選んで、会話を開始します。

チャットに入ると、他のユーザーを参加させたり音声を追加したりすることができます。

画面を共有することや、他のユーザーが操作を手伝えるようにすることもできます。

Skype for Business は他の Office プログラムと連携して動作できるため、クリック 1 回でチャット、通話、会議に参加することができます。

オンライン会議は、Outlook の通常の会議のように作成されます。

コールインに関する情報とリンクは出席依頼に自動的に追加されます。

会議の時刻になったら、電子メール内のリンクをクリックします。

連絡先のユーザーは Skype for Business を使わなくても出席できます。

会議に入ったら、[その他のオプション] をクリックして、フル HD でのレコーディングなどの追加機能を確認します。

Skype for Business により、自分と連絡先との間で連絡を取り続けることが容易になり、Office 365 アプリ全体を生産的に活用できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×