Skype for Business の接続の問題のトラブルシューティング

Skype for Business 通話に問題がある場合は、インターネット接続に原因がある可能性が最も高いです。インターネット接続が不完全だと、音声やビデオの品質が低下する、遅延が発生する、通話が途切れるなどの問題が発生する場合があります。通話中に表示される接続インジケーターをクリックすると、追加情報が表示されます。

接続状態を表す段階的な高さを持つ一連の縦棒

問題の重大度に応じて、アイコンの色がグレー、黄、赤になります。

接続速度が遅い場合は、次のヒントを参考にしてください。

  • 信号を改善します。   可能な場合は、イーサネット ケーブルを使って、モデムまたはルーターにコンピューターを直接接続します。Wi-fi 接続を使っている場合は、ルーターの近くに移動すると、信号の状態が良くなります。

  • 他のプログラムを閉じます。   ファイル共有アプリケーションやストリーミング オーディオ/ビデオを実行したり、単に Web ブラウザーを開いたりするだけでも、帯域幅を消費してしまいます。それらを閉じると帯域幅が解放され、Skype for Business で使用できるようになります。Windows 7 または新しいリリースの Windows を使っている場合は、タスク マネージャーを使用して、PC 上で実行しているすべてのプログラムと、各プログラムの CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの使用率を確認できます。

  • 速度を確認します。   高品質のビデオ通話を行うには、自分と他の参加者の両方に十分な帯域幅が必要です。オンラインで速度テストを行う (検索エンジンに「速度テスト」と入力し、検索結果の上位いくつかを試す) か、インターネット サービス プロバイダー (ISP) にダウンロードとアップロードの速度をテストしてもらいます。速度テストの結果と ISP が提供すべき速度とを比較します。インターネット接続の速度が頻繁に遅くなる場合は、ISP に調査を依頼します。

  • ハードウェアを更新します。   コンピューター、モデム、ルーターが古いと、高速接続であっても、すべての動作が遅いように感じられます。他のすべての方法を試しても問題が解決しない場合は、ハードウェアのアップグレードをお勧めします。

  • 他の参加者に確認します。   こちら側には問題がなくても、他の参加者に接続の問題がある場合があります。

関連項目

Skype for Business の音声とビデオのトラブルシューティング

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×