Skype for Business の全般オプションを設定する

Skype for Business の全般オプションを設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

インスタント メッセージの書式を設定する、Microsoft による Skype for Business の改善に役立てる、サポート スタッフによる問題の解決に役立てる、Skype for Business が閉じているときに利用できる場所を設定することができます。

[会話] ウィンドウの基本設定を変更する

[会話] ウィンドウでの設定によって、セッションが切り替わったときに、Skype for Business に会話を表示するかどうかや、アクティブな会話中に Skype for Business がバックグラウンドに移動した場合の処理などが決まります。

  • サインアウト時に、タブ表示されていた会話を Skype for Business に記憶させておき、次にサインインしたときに、自動的に元の会話が表示されるようにするには、[サインインしたときに会話を再度開く] を選びます。

  • アクティブな Skype for Business 会議がバックグラウンドに移動した場合に、通話コントロールのショートカットを表示するには、[Skype for Business がバックグラウンドで動作しているときに通話コントロールを表示] を選びます。

Skype for Business の改善に役立てるためのオプションを選択する

場合は、組織には、この機能が有効では Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加することもできます。参加する場合は、コンピューターまたはデバイスが自動的に情報を送信 Microsoft Skype for Businessの使用方法について。お使いのコンピューターからの情報が Microsoft 問題を解決し、顧客がよく使う機能、製品を向上させるためには、その他の CEIP データと組み合わせて使用します。CEIP の詳細については、 Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを参照してください。

  • CEIP に参加するには、[Office の機能向上にご協力ください] の [カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する] を選びます。

また、特に Skype for Business へのサインインや Skype for Business 会議の接続に関する問題を Microsoft に自動的に送信することもできます。この情報は、問題の根本原因の特定に役立てることができます。

  • サインインや Skype for Business 会議のエラー情報を送信するには、[Skype for Business 向上プログラム情報を Microsoft に送信する] を選びます。

社内のサポート チームが問題を解決しやすいようにログ オプションを設定する

システム ログは、問題の解析に使われることがあります。 また、社内のテクニカル サポート担当者から、トラブルシューティングのためにログを収集するように依頼されることもあります。 Skype for Business に関するログ情報を収集するには、[サポート チームの調査に役立つ情報] セクションで、ログの収集を指定できます。

  • ログ レベルを変更するには、[Skype for Business のログの記録] リストで、[完全]、[簡易]、[オフ] のいずれかを選びます。どのレベルを選ぶかについては、テクニカル サポート担当者にお問い合わせください。

  • Windows のイベント ログで、Skype for Business の問題を特定できることもあります。 Windows のイベント ログを有効にするには、[Windows イベント ログを使用してトラブルシューティング情報も収集する] を選びます。

アプリケーション ウィンドウ オプションを設定する

Skype for Business のメイン ウィンドウの右上にある [閉じる] (X) ボタンをクリックしても、Skype for Business は引き続き実行され、着信通話やメッセージの通知を受信できます。既定では、[閉じる] をクリックすると、最小化された Skype for Business がタスク バーに表示されます。タスク バーの代わりに、通知領域に最小化された Skype for Business ウィンドウを表示 (タスク バーの右端に表示) することもできます。そのためには、[アプリケーション ウィンドウ] の [タスク バーではなく通知領域に最小化する] を選びます。

注: このオプションを選んでも、Skype for Business を終了して、もう一度開くまで、有効にはなりません。Skype for Business メイン ウィンドウで、[オプション] メニューをクリックし、[ファイル]、[終了] の順にクリックして、Skype for Business にもう一度サインインします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×