Skype for Business のキーボード ショートカット

ショートカット キーは複数のキーの組み合わせであり、これらを押すことで、通常はマウスなどのポインティング デバイスが必要な操作を実行することができます。ここで説明するショートカット キーは、英語版 Lync のキーボード レイアウトを基にしています。他のレイアウトのキーは、英語のキーボードのキーと正確に対応していない場合があります。

ここで示すショートカット キーは、Lync ユーザー インターフェイス (UI) の機能領域に関連するものです。たとえば、Esc キーを押して連絡先カードを閉じるのは、連絡先カードを操作している場合です。

UI を移動する場合、通常は Tab キーと Shift + Tab キーを使います。Tab キーでは順番通りに UI を移動でき、Shift + Tab キーでは逆の順序で移動できます。

アカウントの状態によっては一部の機能を使用できない場合がありますので、その情報も示しています。

機能領域ごとのショートカット キー

一般 (すべてのウィンドウ)

Skype for Business (Lync) メイン ウィンドウ

連絡先リスト

連絡先カード

会話ウィンドウ

通話コントロール (会話ウィンドウ)

ビデオ (会話ウィンドウ)

IM (会話ウィンドウ)

会話または会議ステージ

会話環境

PPT 共有: レガシー PPT Viewer

会話のタブ表示

常設チャット

一般 (すべてのウィンドウ)

以下のショートカット キーは、どのウィンドウにいるかに関係なく、使用できます。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Windows ロゴ キー + Shift + O

着信招待通知による招待を承諾します。

Windows ロゴ キー + Esc

招待通知による招待を辞退します。

Windows ロゴ キー + F4 キー

自分の音声をミュート/ミュート解除します。

Windows ロゴ キー + F5

通話の中で既にビデオ セッションが確立されている場合に、自分のビデオのオン/オフを切り替えます。

Ctrl + Shift + Space キー

アプリケーション共有ツール バーにフォーカスを移動します。

Ctrl + Alt + Shift + 3 キー

メイン ウィンドウを開いて、検索ボックスにフォーカスを移動します。

Ctrl + Alt + Space

画面を共有しているときに、制御を取り戻します。

Ctrl + Shift + S

画面の共有を停止します。

Skype for Business メイン ウィンドウ

以下のショートカット キーは、Lync メイン ウィンドウが前面にあるときに使用します。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Ctrl + 数字 1 キー

[連絡先リスト] タブに移動します。

Ctrl + 2

[常設チャット] タブに移動します。

Ctrl + 3

[会話リスト] タブに移動します。

Ctrl + 4

[電話] タブに移動します。

Ctrl + 数字 1 キーまたは Ctrl + Shift + 数字 1 キー

代理人として、通話を誰か他の人の勤務先の電話番号に転送します。(Lync Basic やすべての Office 365 サブスクリプションでは利用できません。)

Alt + Space

[システム] メニューを開きます。Alt キーでメニュー バーが開きます。

Alt + F

[ファイル] メニューを開きます。

Alt + M

会議を今すぐ開始します。

Alt + T

[ツール] メニューを開きます。

Alt + H

[ヘルプ] メニューを開きます。

連絡先リスト

以下のショートカット キーは、連絡先リストにいるときに使用します。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Del キー

選択したユーザー設定のグループまたは連絡先を削除します。

Alt + ↑

選択したグループを上に移動します。

Alt + ↓

選択したグループを下に移動します。

Alt + Enter

[ショートカット] メニューで: 選択した連絡先またはグループの連絡先カードを開きます。

Space キー

選択したグループを折りたたんだり、展開します。

Shift + Del

選択した連絡先 (配布グループのメンバー以外のみ) を連絡先リストから削除します。

連絡先カード

以下のショートカット キーは、連絡先カードを使用しているときに使用します。Alt + Enter を使用して、連絡先カードを開きます。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Esc キー

連絡先カードを閉じます。

Ctrl + Tab

連絡先カードの一番下にあるタブ間を移動します。

Ctrl + Shift + Tab

連絡先カードの一番下にあるタブ間を逆方向に移動します。

[会話] ウィンドウ

以下のショートカット キーは、[会話] ウィンドウにいるときに使用します。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

F1 キー

([ヘルプ] メニューにある) ヘルプ ホーム ページを開きます。

Esc キー

全画面表示の場合に、それを終了します。それ以外の場合は、音声、ビデオ、または共有が実行されていない場合のみ、[会話] ウィンドウが終了します。

Alt + C

どの種類かにかかわらず、あらゆる招待通知を承諾します。招待通知には、音声会議、ビデオ会議、電話、共有の依頼があります。

Alt + F4

[会話] ウィンドウを閉じます。

Alt + L

どの種類かにかかわらず、あらゆる招待通知を無視します。招待通知には、音声会議、ビデオ会議、電話、共有の依頼があります。

Alt + R

会議で音声を再びオンにします。

Alt + S

[会話] ウィンドウで送信されたファイルに対して [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを開きます。

Alt + V

既存の会話に連絡先を招待します。

Ctrl + S

IM 履歴の内容を保存します。Outlook を使う場合に、指名会話に対して有効です。

Ctrl + W

インスタント メッセージ領域を表示または非表示にします。

Ctrl + F

ファイルを送信します。または、会議中の場合は、会議の添付ファイルを追加します。

Ctrl + N

Microsoft OneNote メモ作成プログラムを使用して自分のメモを取ります。OneNote を開始します。(Lync Basic では利用できません。)

Ctrl + R

参加者リストの表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + Alt + →キー

[会話] ウィンドウの次の UI 要素に右方向に移動します。このキーの組み合わせは、1 つの UI 要素から次の要素へとフォーカスを移動する Tab キーに代わるものです。

Ctrl + Shift + Alt + ←キー

[会話] ウィンドウの前の UI 要素に左方向に移動します。このキーの組み合わせは、1 つの UI 要素から前の要素へとフォーカスを移動する Tab キーに代わるものです。

Ctrl + Shift + Enter キー

ビデオを追加または終了します。

Ctrl + Shift + H キー

実行されている音声会話を保留または再開します。

Ctrl + Shift + I キー

会話を「重要度 - 高」としてマークします。指名会話でのみ有効であり、会議で使用することはできません。

Ctrl + Shift + Y キー

共有ステージの表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + P キー

コンパクト表示に切り替えます。

Ctrl + Shift + K キー

コンテンツのみのビューに切り替えます。

Ctrl + Enter キー

音声を追加または終了します。

↑キー

モード ボタンにいるときに、対応する吹き出しを開きます。

Space キー

フォーカスがモード ボタンにあるときに、既定のアクションを起こします。音声の場合は、ミュートまたはミュート解除が発生し、ビデオであれば、カメラが開始または停止します。

Esc キー

キーボード フォーカスを持っている、開いている吹き出しまたはバブルを閉じます。

通話コントロール ([会話] ウィンドウ)

以下のショートカット キーは、ピアツーピア通話をしているときの通話の制御に使用します。これらのショートカットは、会議通話には機能しません。

押す
ショートカット キー

目的

Alt + Q キー

通話を終了します。

Ctrl + Shift + T キー

転送で: ピアツーピア通話の通話中に連絡先選択コントロールを開きます。(Lync Basic やすべての Office 365 サブスクリプションでは利用できません。)

Ctrl + Shift + H キー

通話を保留にします。

Ctrl + Shift + D キー

ダイヤル パッドを表示します。

ビデオ ([会話] ウィンドウ)

以下のショートカット キーは、[会話] ウィンドウでビデオの操作を行っているときに使用します。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

F5 キー

全画面表示でビデオを表示します。[会話] ウィンドウにステージ領域が表示されている場合は、F5 キーを押してもビデオが全画面になりません。

Esc キー

全画面表示のビデオを終了します。

Ctrl + Shift + O キー

ポップアウト ギャラリーで: ギャラリーを通常の表示に戻します。

Ctrl + Shift + L キー

会議に参加している全員に自分のビデオをロックします。

IM ([会話] ウィンドウ)

以下のショートカット キーは、誰かと IM で会話しているときに使用できます。

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

F1 キー

ヘルプを開きます。

F12 キー

IM 会話を保存します。

Shift + Enter キー

キャリッジ リターンを挿入します。

Shift + Insert キーまたは Ctrl + V キー

貼り付けを行います。

Ctrl + A キー

すべてのコンテンツを選びます。

Ctrl + B キー

選択した文字列を太字にします。

Ctrl + C キー

選択した文字列をコピーします。

Ctrl + X キー

選択した文字列を切り取ります。

Ctrl + L キー

選択した文字列を斜体にします。

Ctrl + U キー

選択した文字列に下線を引きます。

Ctrl + Y キー

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Z キー

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Shift + F キー

フォントの色を変更します。(他のユーザーでなく自分が入力したフォントの色だけが変更されます。)

Alt + P キー

受信したファイルを開きます。

Alt + D キー

送信されたファイルを辞退します。

Ctrl + Shift + M キー

IM 入力領域にフォーカスを移動します。

会話または会議ステージ

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

F5 キー

[会話] ウィンドウの会議ステージを全画面表示します。

Esc キー

全画面表示になっている場合に、それを終了します。

Alt + T キー

共有を停止します。

Ctrl + Shift + E キー

プレゼンテーション コンテンツを管理します。

Ctrl + Shift + Y キー

共有ステージの表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + Shift + A キー

保留になっている L1 アラートを全画面のビューに強制的に送ります。

Ctrl + Shift + J キー

スピーカー ビューに切り替えます。

Ctrl + Shift + L キー

ギャラリー ビューに切り替えます。

Ctrl+Alt+→ または

Ctrl+Alt+←

前方方向の共有領域にタブ移動します。または後方方向の共有領域にタブ移動します。

会話環境

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Delete キー

選択したアイテムを削除します。

Home キー

リストの先頭に移動します。

End キー

リストの末尾に移動します。

PageUp キー

1 ページ分上に移動します。

PageDown キー

1 ページ分下に移動します。

↑キー

会話の前の連絡先に移動します。

↓キー

会話の次の連絡先に移動します。

PPT 共有: レガシー PPT Viewer

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Tab キー

コンテンツ空間にフォーカスがある場合、Tab キーを押すと、PPT 共有のコントロール ([前へ] 矢印、[次へ] 矢印、サムネイル、およびメモ) の間を移動できます。

→キー

コンテンツ領域にフォーカスがある場合、現在のスライドでアニメーションのためのクリックがなければ、次のクリック、またはスライドに移動します。

←キーまたは→キー

サムネイル領域にフォーカスがある場合、アクティブなスライドは変更せずに、1 つ前または次のサムネイルにフォーカスを移動します。

←キー

コンテンツ領域にフォーカスがある場合、現在のスライドでアニメーションのためのクリックがなければ、前のクリック、またはスライドに移動します。

Home キー

サムネイル領域にフォーカスがある場合、アクティブなスライドは変更せずに、フォーカスを最初のスライド サムネイルに移動します。

Enter キー

フォーカスのあるコントロールを選びます。または、サムネイル ストリップがフォーカスを持っていて、選択されている場合、サムネイルを選びます (アクティブなスライドでの変更)。

End キー

サムネイル領域にフォーカスがある場合、アクティブなスライドは変更せずに、フォーカスを最後のスライド サムネイルに移動します。

タブ表示された会話

押すキーまたは
ショートカット キー

目的

Alt + Space キー

タブ ウィンドウのシステム メニューを開きます。

Ctrl + Shift + T キー

タブ化された会話ウィンドウのタブ アイテムにフォーカスを置きます。

Ctrl + Tab キー

次のタブに切り替えます (すべてのタブの間を連続的に移動していきます)。

Ctrl + 1、2 ... 9 キー

特定のタブ番号のタブに切り替えて、その会話にキーボード フォーカスを移します。Ctrl + 1 キー。

Ctrl + O キー

選択されている会話をタブ表示のウィンドウにドッキング、またはタブ表示のウィンドウからドッキング解除します。

Esc キー

タブを閉じます。

常設チャット

常設チャット ウィンドウでは、会話ウィンドウや IM と同じショートカットを使います (Office 365 サブスクリプションでは利用できません)。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×