Skype for Business のエラー ログを有効にする

Skype for Business のエラー ログを有効にする

エラー ログは、コンピューターの内部処理を継続的に記録したものです。通常、ログ レベルは、ソフトウェアのインストール時にサポート チームによって設定され、ほとんどの場合、変更する必要はありませんが、Skype for Business や Windows での問題をトラブルシューティングするために、エラー ログを送っていただく場合があります。そのため、設定の変更方法やエラー情報の収集方法を理解しておく必要があります。

Skype for Business のログ レベルを選ぶ

重要: Skype for Business のログ設定を変更するか、Windows のイベント ログを有効にする前に、「Skype for Business のプライバシーに関する声明」をご確認ください。

  1. Skype for Business メイン ウィンドウで [オプション] > [全般] をクリックします。

  2. [一般] タブの [サポート チームの調査に役立つ情報] で、[Skype for Business のログの記録] の横にあるドロップダウン矢印をクリックして、必要なログ レベルを選びます。

    • [オフ]: 情報を記録しません。

    • [簡易]: (既定) 概要を記録し、特定のエラーの情報を収集します。

    • [完全]: 詳細情報を含むログ ファイルを作成します。

Skype for Business のログ ファイル情報の検索と収集を行う

  1. エクスプローラーで、ユーザー プロファイル ディレクトリの Tracing フォルダー (C:\Users\<your alias>\AppData\Local\Microsoft\Office\<16.0 or 15.0>\<Skype for Business or Lync>\Tracing など) に移動します。(Skype for Business のログを有効にした場合は、ログ ファイルが作成されるように、Skype for Business からサインアウトしてから、サインインし直す必要があります。)

  2. Tracing フォルダーを圧縮 (または zip) します。

  3. サポート チームから指示があった場合は、圧縮したフォルダーをサポート チームに送信します。

Windows イベント ログを有効または無効にする

[一般] タブの [サポート チームの調査に役立つ情報] で、[Windows イベント ログを使用してトラブルシューティング情報も収集する] の隣にあるチェック ボックスを選択 (ログ記録を有効化) またはクリア (ログ記録を無効化) します。

Windows イベント ログの情報を確認および収集する

  1. Windows 10 では、Windows ロゴをクリックし、Event Viewer と入力して Event Viewer を選びます。

  2. [イベント ビューアー] ウィンドウの左側のウィンドウで、[Windows ログ] をダブルクリックし、[アプリケーション] をクリックします。

  3. 一覧に表示された追跡する Skype for Business エラー (通常は、最新の Skype for Business エラーまたは一番上のエラー) をダブルクリックして、エラーの詳細を表示します。

  4. サポート チームから指示された場合は、[操作] ウィンドウで、[コピー] をクリックしてから、[詳細をテキストとしてコピー] をクリックして、エラー情報をテキスト ファイルまたはメール メッセージに貼り付け、サポート チームに送信します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×