Skype for Business のアクセシビリティ

Skype for Business のアクセシビリティ

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

This article is for people who use a screen reader program with the Office products and is part of the Office Accessibility content set. For more general help, see Office Support home.

Skype for Business は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注記: 

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

Skype for Business を使用すると、最大で 250 人の参加者を含むオンライン会議をスケジュール設定し、開催できます。さらに、同僚と通話したり、メッセージを送信できます。Skype for Business UI に含まれる要素は、連絡先、会話、通話または会議といった通信要素によって異なります。

視覚、視力、身体に障碍があるユーザーの場合、Skype for Business UI のメンタル モデルを構築してください。UI のエリアと固有の要素を、次の表に示します。

エリア

このエリア内にある要素

最初の行: メニュー バーまたは個人用設定した投稿

  • アプリの既定のビューを使用する場合、[本日の予定やメッセージを入力] テキスト ボックスが最初の行に表示されます。ここには、個人用設定に基づく投稿を表示します。

  • アプリのメニュー バーを表示するように既定のビューを変更すると、メニュー バーは最初の行に表示され、その次に [本日の予定やメッセージを入力] テキスト ボックスが表示されます。

2 番目の行: ユーザーに関する情報

  • ユーザー名

  • [状態] メニュー: [連絡可能]、[取り込み中] または [応答不可] などの状態とその他のオプションが表示されます。

  • [場所の設定] ボタンとテキスト ボックス。場所を表示したり、場所の設定を行えるようにします。

3 番目の行: UI とオプション ボタンのメイン領域に表示される情報を変更するタブのグループ

  • [連絡先] タブ: 連絡先に関する情報を示します。

  • [チャット ルーム] タブ (お使いのアカウントで利用できる場合): 所属している、またはフォローしているチャット ルームに関する情報を表示します。

  • [会話] タブ: 現在および過去の会話に関する情報を表示します。

  • [電話] タブ: ボイス メールに関する情報や、通話を行うためのダイヤル パッドを表示します (お使いのアカウントで利用できる場合)。

  • [会議] タブ: 今後の会議に関する情報を示します。

  • [オプション] ボタン: アプリに対する設定にアクセスできるようにします。

  • [メニューの表示] ボタン: 次のボタンおよびメニューにアクセスできます。

    • [ファイル] メニュー

    • [今すぐ会議] ボタン

    • [ツール] メニュー

    • [ヘルプ] メニュー

    • [メニュー バーの表示] トグル: UI の最初の行でアプリのメニュー バーの表示と非表示を切り替えます。

条件によって異なる数の行: 選んだ通信要素に対応する情報

[連絡先] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [ユーザーの検索] 検索ボックス: 所属する組織内または (所属する組織で利用できる場合) Skype for Business ディレクトリ内でユーザーを検索します。

  • [連絡先] ビューのタブ:

    • [グループ] タブ: 連絡先をお気に入り、カスタムグループ、その他の連絡先でグループ化して表示します。

    • [状態] タブ: [オンライン] または [退席中] などの状態で連絡先をグループ化して表示します。

    • [関係] タブ: [仕事仲間]、[友達]、[家族] または [ワークグループ] など、ユーザーとの個人的な関係で連絡先をグループ化して表示します。

    • [新規] タブ: 連絡先リストに追加済みのユーザーを表示します。

    • [連絡先の追加、グループの作成、連絡先リストのカスタマイズを行います] ボタン: 連絡先の追加、グループの作成、表示オプションの設定を行います。

  • 名前、状態、デバイスの機能 ([ビデオ使用可能] など) を含む各ユーザーの連絡先の詳細。

[会話] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [すべての会話] タブ: 現在および過去のすべての会話を表示します。

  • [不在着信した会話] タブ: 不在着信した会話を表示します。

  • [通話] タブ: 通話履歴を表示します。

  • 通話履歴内の各会話または各通話。

[電話] タブを選択すると、(お使いのアカウントで有効になっている場合に) 次の情報が表示されます。

  • [ユーザーまたはルームを検索するか、電話番号を入力します] 検索ボックス: 所属する組織内のユーザーを検索するか、ダイヤルする電話番号を入力します。

  • [ダイヤル パッド] ボタン: 電話番号の入力ができます。また、最後の電話番号をリダイヤルして電話をかけることができます。

  • [ボイス メール オプションを参照します] メニュー: [ボイス メールの呼び出し]、[応答メッセージの変更]、[ボイス メールの設定] というコマンドを含むメニューを表示します。

  • 各ボイス メール。

[会議] タブを選択すると、次の情報が表示されます。

  • [今すぐ会議] ボタン: 会議を今すぐ開始します。

  • 予定日でグループ化された各会議。

最後の行: プライマリ デバイスに関する情報

[プライマリ デバイスの選択] メニュー: プライマリ デバイスのオーディオおよびビデオに関する情報を表示します。

キーボードを使って移動する

以下は、Skype for Business でよく使用されるキーボード ショートカットです。

  • Skype for Business UI の一番上の行でメニュー バーの表示と非表示を切り替えるには、Alt キーを押します。メニュー バーが表示された状態で Alt キーを押した直後に任意のメニューを開くには、メニューの名前で下線の付いた文字 (通常は最初の文字) を押します。メニューの項目のいずれかを開くには、メニュー項目の名前の下線の付いた文字 (通常は最初の文字) を押します。たとえば、[ツール] メニューの [オプション] メニュー項目を開くには、Alt キーを押しながら T キーと O キーを押します。

  • Skype for Business UI の要素の間を順に移動するには Tab キーを押し、逆順に移動するには Shift + Tab キーを押します。一部の要素の間を移動するには、矢印キーを使用しなければならない場合があります。

  • 連絡先との通信を開始するには、連絡先を選んで Enter キーを押して、別の通信ウィンドウを開きます。

Skype for Business 専用のキーボード ショートカットの詳細については、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

Skype for Business に関する特別な考慮事項

IM のテキストのサイズを変更する

会話に表示されるテキストのサイズを変更するには、次の手順を実行します。

  • 会話ウィンドウで [その他のオプション] ボタンを選択します。

  • [IM のテキスト表示サイズ] メニュー項目を選びます。

  • 任意のテキスト表示サイズを選びます。

    注: この操作では、画面上のテキスト サイズが変更されますが、送信するメッセージのテキスト サイズは変更されません。

通話を開始または受信するときにスクリーン リーダーのボリュームを調整する

お使いのコンピュータが Dolby オーディオ制御を搭載している場合、Skype for Business を使用して通話を開始または受信するときにスクリーン リーダーからの音声フィードバックの音量が下がる場合があります。これは既知の問題で、Windows 10 では現在すべてのオーディオ デバイス メーカーについて対処中です。ただし、すべてのデバイスで修正が実装されるまでは、この音量低下の問題を回避するために次の 2 つの方法のいずれかを使用できます。

  • 外付け USB スピーカーを接続する。非 USB スピーカーでは、Dolby ドライバでお使いのデバイスの内蔵オーディオが使用されます。デバイスの内蔵スピーカーまたはヘッドホン ジャックに接続したスピーカーを使用する代わりに、外付け USB スピーカーを接続します。

  • オーディオ ドライバの Dolby 機能を無効にする。 Dolby 機能を無効にするには、次の手順を実行します。

    1. Windows 10 で [コントロール パネル] に移動し、[サウンド] 設定を開きます。

    2. [サウンド] 設定ダイアログ ボックスで、[再生] タブを選び、お使いのオーディオ デバイスを選びます。

    3. [プロパティ] ボタンを選択して、[プロパティ] ダイアログ ボックスで [Dolby] タブを選んで、Dolby 機能をオフにします。[OK] ボタンを選択します。

    4. [サウンド] 設定ダイアログ ボックスで [OK] ボタンを選択します。

Skype for Business のテレタイプ端末 (TTY) モードを有効にする

テレタイプ端末 (TTY) デバイスを使用するときに、Skype for Business で TTY モードをオンにするには、次の手順を実行します。

  1. メニュー バーから [ツール]、[オプション] の順に選択するか、[オプション] ボタンを押します。

  2. [電話] タブを選び、[電話のアクセシビリティ] 領域で [TTY モードをオンにする] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] ボタンを選びます。

音声認識機能を使用して Skype for Business を操作する

音声認識ツールは、身体に障碍がある方や (キーボードやマウスではなく) 音声コマンドを使用する必要がある方が、Skype for Business を含む、Microsoft 製品を操作する場合に役立ちます。

サード パーティ製の音声認識ツール、または Windows オペレーティング システムに付属の音声認識機能を使用することができます。コンピューターで音声認識を有効にする場合は、「音声認識を使う」をご覧ください。

関連項目

Skype for Business とスクリーン リーダーを使用して発信または着信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って画面を共有する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Skype for Business on Mac は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注記: 

この記事の内容

Mac 版 Skype for Business のレイアウトを理解する

Skype for Business を使用すると、最大で 250 人の参加者を含むオンライン会議をスケジュール設定し、開催できます。さらに、同僚と通話したり、メッセージを送信できます。Skype for Business UI に含まれる要素は、会話、会議、通話、連絡先といった通信要素によって異なります。

視覚、視力、身体に障碍があるユーザーの場合、Skype for Business UI のメンタル モデルを構築してください。UI のエリアと固有の要素を、次の表に示します。

エリア

このエリア内にある要素

1 番目の列: メイン ナビゲーション グループ

  • マイ プロファイルのポップアップ ボタン:

    • 空き時間情報の変更

    • 個人用設定に基づく状態メッセージの書き込み

  • [チャット] タブ

  • [会議] タブ

  • [通話] タブ

  • [連絡先] タブ

2 番目の列: ナビゲーション グループ上の各メイン項目に関連する項目を一覧表示するウィンドウ

  • [チャット]:

    • [チャットを検索] ボックス

    • IM のリスト

  • [会議]:

    • 今後の会議のリスト

  • [通話]:

    • [すべての通話] オプション

    • [不在着信] オプション

    • [保存した通話] (存在する場合)

    • [ボイスメール] オプション (設定に応じて変わる)

  • [連絡先] には、次の項目が表示されます。

    • [連絡先を検索] ボックス

    • お気に入りの連絡先グループ

    • その他の連絡先グループ

3 番目の列: 2 番目の列で選択された項目の詳細を示すウィンドウ。

  • インスタント メッセージ、通話、連絡先、会議の詳細を表示します。

  • 会議を選択したときに会議に参加します。

既定では、Skype for Business on Mac は [連絡先] タブが選択された状態で開始し、フォーカスは [連絡先を検索] にあります。

会話を個別のウィンドウに表示する

既定では、Skype for Business on Mac は同じウィンドウ内の別ペインに連絡先のすべてのインスタント メッセージ (IM) の会話を表示します。会話が別個のウィンドウに表示されている場合に、会話を管理する必要がある場合もあります。

  1. Skype for Business 環境設定では、[全般] タブが既定で選択されています。「全般、選択済み、ボタン」と読み上げられます。次に Control+Option+Spacebar キーを押します。

    注: [環境設定] に移動するには、Command+, (カンマ) キーを押します。

  2. 「会話を個別のウィンドウに表示する、チェック ボックスがオフ」と読み上げられるまで Tab キーを押し続けます。オプションを選択するには、Control+Option+Space キーを押します。

着信メッセージと通話の効果音をオンにする

着信メッセージの効果音で、新しいインスタント メッセージまたは着信通話があることが通知されます。

  1. Skype for Business 環境設定で、「通知、選択済み、ボタン」と読み上げられるまで←または→キー、または Tab キーを押します。次に Control+Option+Spacebar キーを押します。

  2. 「通話に関連するサウンドの再生、チェック ボックスがオフ」と読み上げられるまで←または→キー、または Tab キーを押します。オプションを選択するには、Control+Option+Space キーを押します。

  3. 「メッセージに関連するサウンドの再生、チェック ボックスがオフ」と読み上げられるまで←または→キー、または Tab キーを押します。オプションを選択するには、Control+Option+Space キーを押します。

    ヒント: 画面を共有しているときに通知を表示したくない場合は、「画面を共有している間の通知を停止、チェックボックスがオフ」と読み上げられるまで←または→キー、または Tab キーを押します。オプションを選択するには、Control+Option+Space キーを押します。

キーボードを使って移動する

VoiceOver がオンになっている状態で、Quick Nav もオンになっていることを確認します。コントロールキーとオプション キーは「VoiceOver キー」または「Control + Option キー」と呼ばれます。VoiceOver コマンドを入力するには、Control + Option キーを押しながら、他の 1 つ以上のキーを押します。このトピックでは、Control + Option ではなく実際のキーの名前が使用されます。

  • メイン ウィンドウ内を移動するには、Control+Option+方向キーを押します。

  • 項目を操作するには、Control+Option+Shift+↓キーを押します。

  • 項目を選択および選択解除するには、Control+Option+Space キーを押します。

  • 項目から離れるには、Control+Option+Shift+↑キーを押します。

  • メニューやリスト内を参照するには、↑ キーまたは ↓ キーで選択し、Enter キーを押します。

  • メニューまたはリストを終了するには、Esc キーを押します。

  • メニュー バーにアクセスするには、Control+Option+M キーを押します。「メニュー バー、アップル」と読み上げられます。

詳細については、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

VoiceOver 項目セレクターを使用する

簡単に Skype for Business 内を移動するために、VoiceOver 項目セレクターも使用できます。項目セレクターを有効にするには、Control+Option+I キーを押します。「項目セレクター メニュー」と読み上げられます。メニュー内で移動するために方向キーを使用して、読み上げられる内容を聞きます。

Skype for Business の環境設定に移動する

Command+, (カンマ) キーを押します。「環境設定、全般」と読み上げられます。オプションの読み上げを聞くためにウィンドウ内を移動します。

関連項目

Skype for Business とスクリーン リーダーを使用して発信または着信する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って画面を共有する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

iPhone および iPad 用の Skype for Business アプリは身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使えるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • This topic assumes that you are using the built-in iOS screen reader, VoiceOver. To learn more about using VoiceOver, visit Apple accessibility.

  • This topic assumes that you are using an iPhone. Some navigation and gestures might be different for an iPad.

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

iPhone で Skype for Business アプリを開始した後は、レイアウトに次の要素が表示されています。

注: Skype for Business では、最近のアクティビティに基づいて表示するものが選ばれます。お使いのデバイスに応じて、表示内容が変わります。

  • プロファイル、[会議] ボタン、通話を行うための [電話] ボタン (お使いのアカウントで利用できる場合)、および [連絡先] ボタン。

  • [連絡先を検索] ボックス

  • [予定] 見出し (目前に迫っている会議がある場合)

  • [最近] 見出し。ここでは会議を含む、最近のすべての通信を一覧表示します。

タッチを使用した操作

VoiceOver とタッチを使用して移動します。

  • 上下左右にスクロールするには、3 本の指を使用して目的の方向にスワイプします。

  • コマンドまたは UI 要素を選ぶには、1 回タップします。

  • 選択したコマンドまたは UI 要素をアクティブ化するには、ダブルタップします。

関連項目

iPhone および iPad での Skype for Business で通話を発信するために VoiceOver を使用する

iPhone および iPad での Skype for Business で画面を共有するために VoiceOver を使用する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Android 用の Skype for Business アプリは身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単に会議およびメッセージング アプリを使用できるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • This topic assumes that you are using the built-in Android screen reader, TalkBack. To learn more about using TalkBack, go to Android accessibility.

  • This topic assumes you are using this app with an Android phone. Some navigation and gestures might be different for an Android tablet.

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

Android スマートフォンで Skype for Business アプリを開始した後は、レイアウトに次の要素が表示されています。

注: Skype for Business では、最近のアクティビティに基づいて表示するものが選ばれます。お使いのデバイスに応じて、表示内容が変わります。

  • プロファイル、[会議] ボタン、通話を行うための [電話] ボタン (お使いのアカウントで利用できる場合)、および [連絡先] ボタン。

  • [連絡先を検索]、または [会社のディレクトリで検索] ボックス (ユーザーのアカウント設定に応じて変わる)。

  • [予定] 見出し (目前に迫っている会議がある場合)

  • [最近] 見出し。ここでは会議を含む、最近のすべての通信を一覧表示します。

タッチを使用した操作

TalkBack とタッチを使用して移動します。

  • 上下左右にスクロールするには、2 本の指を使用して目的の方向にスワイプします。

  • コマンドまたは UI 要素を選ぶには、1 回タップします。

  • 選択したコマンドまたは UI 要素をアクティブ化するには、ダブルタップします。

関連項目

Skype for Business for Android で通話を発信するために TalkBack を使用する

Skype for Business for Android でプレゼンテーションを共有するために TalkBack を使用する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

Skype for Business の Outlook on the web は身体や視覚に障碍のあるユーザーが簡単にメッセージング アプリを使用できるようにするためのアクセシビリティ機能を備えています。

注記: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • This topic assumes that you are using the built-in Windows screen reader, Narrator. To learn more about using Narrator, go to Get started with Narrator.

  • This topic assumes you are using this app with a PC. Some navigation and gestures might be different for a Windows phone or tablet.

  • Skype for Business の Outlook on the web を使用する場合は、Web ブラウザーに Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Skype for Business の Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

この記事の内容

Skype for Business のレイアウトを理解する

Skype for Business の Outlook on the web は Outlook on the web で実行します。これを開くには、 アプリ ランチャーがある同じバーで [Office 365Skype] ボタンを選択します。

Skype for Business を開始した後は、レイアウトに次の要素が表示されています。

  • [連絡先] リスト。アプリは [連絡先] リストがフォーカスされた状態で開きます。リストの全員を読み上げるために [すべての連絡先] タブを選択したり、現在オンライン状態のユーザーを読み上げるために [オンライン] を選択することができます。

  • [Skype を検索] ボックス。連絡先を検索するために使用します。

  • [新しいチャット] ボタン。選択した連絡先の新しい IM セッションを開始します。

  • オープンになっている会話 (存在する場合)

キーボードを使って移動する

キーボードを使用して、Skype for Business の Outlook on the web 内を移動したり、画面の要素間を順番に移動します。

  • Skype for Business の Outlook on the web 内の要素間を移動するには、Tab キー (前方移動) または Shift + Tab キー (後方移動)を押します。選択するには、Enter キーを押します。

  • [すべての連絡先] タブから [連絡先] リストに移動するには、最初の連絡先の名前が読み上げられるまで Tab キーを押します。

  • [連絡先] リストで連絡先の名前の間を移動するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。連絡先にたどり着いたら、その連絡先の名前または電子メールと現在の状態が読み上げられます。現在選択されている連絡先との会話を開始するには、Enter キーを押します。

  • Skype for Business を終了するには、Esc.キーを押します。

関連項目

Outlook on the web の Skype for Business からインスタント メッセージを送信するためにスクリーン リーダーを使用する

Outlook on the web の Skype for Business で連絡先を追加するためにスクリーン リーダーを使用する

Skype for Business で会議をよりアクセスしやすくする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft wants to provide the best possible experience for all our customers. If you have a disability or questions related to accessibility, please contact the Microsoft Disability Answer Desk for technical assistance. The Disability Answer Desk support team is trained in using many popular assistive technologies and can offer assistance in English, Spanish, French, and American Sign Language. Please go to the Microsoft Disability Answer Desk site to find out the contact details for your region.

If you are a government, commercial, or enterprise user, please contact the enterprise Disability Answer Desk.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×