Skype for Business のアカウントを使わずに iOS デバイスから Skype for Business 会議に参加する

Skype for Business (Lync) にサインインすることもなく、Skype for Business (Lync) のアカウントを使うこともなく、iPhone から会議に参加することができます。

注記: 会議前に Lync 2013 アプリ (iPhone の App Store から入手できます) をインストールすることをお勧めします。先に Lync 2013 アプリをインストールしないで会議の招待から Lync の会議に参加しようとすると、Join Launcher ページにリダイレクトされます。このページには、Lync 2013 アプリのインストール用リンクが含まれています。このリンクをクリックすると、App Store ではなく、Safari ブラウザーの空のページが表示されます。この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行できます。

  • [ホーム] ボタンをクリックして Safari ページをバックグラウンドに送り、Safari を開き直します。"このページを App Store で開きますか?" という通知が表示されたら、[開く] をタップすると、App Store にある Lync 2013 ダウンロード ページに移動します。

  • App Store を手動で開いて、「Lync 2013」を検索して、アプリをダウンロードします。

Lync 2013 アプリをインストールしたら、次のように操作します。

  1. Lync にサインインしないでください。

  2. モバイル デバイス上で会議リンクをタップすると、会議への参加を確認する Lync メッセージが表示されます。

  3. [ゲストとしてサインイン] をタップします。

名前を入力すると、会議用の会話ウィンドウ (または会議の主催者がロビーを選んだ場合は、ロビー) への参加が認められます。

次に、Lync にサインインせずにゲストとして会議に参加した場合の権限について説明します。

できること:

  • 会議の設定画面を開き、ビデオ通話と会議コンテンツの取得に Wi-Fi を使用するかどうかの設定および文字電話 (TTY) モードの設定を変更する。

  • 会議リストを表示し、他の参加者の名前と役職を確認する。

  • 発表者になり、会議リストの他の発表者と同様の権限を得る。

できないこと:

  • 会議の会話画面と設定画面以外の Lync 画面に移動する。

  • 会議リストから連絡先カードを開く。

  • 会議リストやアクティブなスピーカー領域で連絡先の写真を表示する。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×