Skype for Business で通話を発信および受信する

Skype for Business で通話を発信および受信する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Skype for Business は、ヘッドセット、マイク、スピーカー、カメラなどのデバイスを自動的に検出します。 通話の前に、オーディオ デバイスがコンピューターに接続されていることを確認してください。 会議への参加や通話を行う前に、オーディオ デバイスとビデオ デバイスをチェックして、すべての設定を確認することを強くお勧めします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

重要: 管理者がSkype for Businessを設定、ときに、 Skype for Businessを使って連絡することができるユーザーが決定されます。 既定では、組織内の他の Skype for Business ユーザーと通信することができます。 ただし、設定によっては、Skype for Business を使用して他の組織のユーザーまたは他の Skype ユーザーと通信できないことがあります。 質問がある場合は、管理者に問い合わせてください。

Skype for Business を使用して連絡先に電話するには、連絡先を選んでから電話ボタンを選びます。 その後、通話に関する次のいずれかのオプションを選びます。

[勤務先]: 勤務先の電話番号で連絡先に電話する場合

[新しい番号] をクリックし、Skype for Business の新しい連絡先番号を入力します。

[Skype 通話]: Skype for Business で連絡先に電話する場合

[ボイス メール]: 連絡先のボイス メールに電話をかける場合

通話が接続されたら、ウィンドウの下部にあるマイク ボタンを使って自分自身をミュート/ミュート解除したり マイク、ミュート解除 、ハンドセット ボタンを使って通話を終了したりします [切断] ボタン

必要に応じて他の通話コントロールを使います。

[通話コントロール] [通話コントロール] ボタン を選ぶと、次のオプションが表示されます。

  • 保留リスト

  • [転送]: 他の番号またはユーザーに転送します。

  • [デバイス]: 別のデバイスに切り替えます。

  • [ダイヤル パッド]: ボイスメールの場合は、コードの入力など、自動化された電話システムで対応し、組織の受付の場合はオプションを選びます。

  • [スピーカー音量]: サウンドを調整します。 ポインターを上下にスライドさせて音量を調節するか、音量コントロールの一番上のスピーカー アイコンを選んでスピーカーをミュートにします。

    Skype for Business 転送ダイヤル パッド

[ビデオ] を選んで、Skype for Business 通話にビデオを追加します。

[IM] を選んで、Skype for Business 通話にインスタント メッセージを追加します。

[参加者] を選んで、他の連絡先を通話に招待します。

ダイヤル パッドを使う

自分の Skype for Business のアカウントでエンタープライズ VoIP がオンになっている場合は、ダイヤル パッドを使用して Skype for Business から電話番号を発信することができます。

注: ダイヤル パッドが表示されない場合は、組織が適切なライセンスを持っていないことになります。 必要なライセンスをチェックするには、テクニカル サポート チームにSkype for Business や Microsoft チーム アドオンのライセンスが表示されます。

  1. Skype for Business メイン ウィンドウの [ダイヤル パッド] タブをクリックします。

    [電話] タブ。

    下にダイヤル パッドが表示されます。

    ダイヤル パッド

  2. 以下のいずれかの方法で電話番号を入力します。

    • ダイヤル パッドで番号ボタンを選びます。

    • キーボードで番号を入力します。

    • 番号がクリップボードにコピーされている場合は、それを貼り付けます。

  3. [通話] を選びます。

    通話が接続されたら、ウィンドウの下部にあるマイク ボタンを使って自分自身をミュート/ミュート解除したり、ハンドセット ボタンを使って通話を終了したりします。

通話を受ける

相手が通話してきたときは、画面に通知が表示されます。 通話に応答するには、その通知を選びます。

通話を許可したくない場合は、[拒否] を選んで通話を閉じ、ボイス メールに送ります (該当する場合)。

関連項目

Skype for Business 電話会議を開始する

Skype for Business ビデオ通話の発信と受信

Skype for Business 通話を転送する

着信の転送と同時呼び出し

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×