Skype for Business で代理人または委任者として操作する

Skype for Business で代理人または委任者として操作する

受信するアラートに名前が記されたユーザーのために通話を管理する代理人に指定されました。Skype for Business では、連絡先リストの中に、自動的にグループが作成されます。代理人に任命してくれたユーザーのため、またはそのユーザーとともに、通話を受信するように指定される可能性があります。

代理人を続ける必要がなくなった場合は、自分を代理人として指定したユーザーに連絡し、代理人一覧から削除するよう依頼してください。他のユーザーの代わりに通話を発信したり通話に応答したりできるのは、サポート チームが Skype for Business を有効にした代理人だけです。

代理人として通話に応答する

  1. 着信通知には、着信があなたを代理人として指定したユーザー宛てであることが示されます。

  2. 通話に応答するには、通知内の任意の場所をクリックします。

  3. 通話をリダイレクトするには、[オプション] を選択し、次のいずれかを選びます。

    • あなたを代理人として指定したユーザーのボイス メールに通話を送信する。

    • 携帯電話や自宅など、公開済みのご自身の電話番号のいずれかをリダイレクトする。

    • 発信者とインスタント メッセージを開始する場合は、[IM で返信] を選択します。

    • [[応答不可] に設定] を選択して、通話をボイス メールにリダイレクトし、着信不可とします。

代理人として通話を発信する

  1. Skype for Business メイン ウィンドウの連絡先リストで、呼び出したいユーザーの写真をポイントします。

  2. [通話] の隣のドロップダウン矢印を選択します。

  3. ドロップダウン リストで、ご自身として発信するか、あなたを代理人として指定したユーザーとして発信するかを選ぶオプションが表示されます。例:

    • 自分について

    • 酒井 蒼太として

  4. 名前 (例、酒井 蒼太) をポイントして呼び出したい番号を選択するか、[新しい番号] を選択して新しい番号を入力します。

代理人を追加する

  1. [連絡先] タブで、代理人として追加したい連絡先を検索します。

  2. 利用可能な連絡先オプションを表示するために、連絡先を右クリックします。(または、連絡先の人の写真をクリックして連絡先カードを表示します。)

  3. [グループ] アイコン ( グループ アイコン ) を選択して、[代理人] を選択します。

    代理人オプション

通話を代理人に設定する

  1. メニュー バーで、[Skype for Business] > [環境設定] を選択します。

  2. 環境設定ウィンドウで、[通話] ( 環境設定の通話タブ ) を選択します。

  3. [通話の転送を有効にします] を選択します。

  4. [着信の転送先] または [同時呼び出し] を選び、[代理人] を選びます。

    通話を代理人に設定する

代理人を削除する

  1. [連絡先] タブで、[代理人] を選択します。

  2. 利用可能な連絡先オプションを表示するために、連絡先を右クリックします。(または、連絡先の人の写真をクリックして連絡先カードを表示します。)

  3. [グループ] アイコン ( グループ アイコン ) を選択して、代理人として削除する チェックマーク [代理人] を選択します。

    代理人を削除する

代理人として通話を発信する

  1. [連絡先] タブで、通話したい連絡先を検索して選択します。

  2. メニュー バーで、[連絡先] > [通話を開始] > [Skype 通話] > [Call on behalf of (代理として通話を行う)] を選択します。(または、連絡先カードから通話を開始します。)

    委任者の代理として通話を行う

注: お客様の組織で代理が有効化されている必要があります。この機能を使用できない場合は、お客様の管理者または技術サポート チームにお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×