Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってボイスメールを確認する

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってボイスメールを確認する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Skype for Business をキーボードと Windows の組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターを使用して操作し、ボイスメールを速やかにチェックします。Skype for Business と Outlook の両方でボイスメールが保存されます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • キーボードのショートカットの詳細については、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

Skype for Business でボイスメールを再生する

新しいボイスメール メッセージを受信すると、Skype for Business のメイン ウィンドウの [電話] タブにメッセージ数が表示されます。フォーカスが [電話] タブにある場合は、ナレーターによってメッセージ数が読み上げられます。

注: Skype でボイスメールを受信したり、ボイスメールにアクセスするには、ボイスメールを受信するようにアカウントを設定する必要があります。

  1. Skype for Business を起動します。手順については、「Skype for Business を起動する」をご覧ください。

  2. Skype for Business メイン ウィンドウで、Ctrl キーを押しながら 4 を押して [電話] タブを選択します。

  3. ボイスメール メッセージの一覧が開きます。メッセージ間を移動するには、↓キーまたは↑キーを押します。メッセージに移動すると、その発信者の詳細が読み上げられます。

  4. メッセージを読み上げるには、Space キーを押します。

    1. 再生を一時停止するには、Space キーを押します。

    2. 再生速度を変更するには、「ボイスメール再生速度のボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押します。Space キーを押して、メニューから速度を選択します。

    3. メッセージの巻き戻しまたは早送りを行うには、「スライダー」と読み上げられるまで Tab キーを押します。次に、←キーまたは→キーを押して再生位置を巻き戻すか早送りします。

  5. その他の操作を行う場合や追加のオプションを表示するには、ボイスメール メッセージを選択した状態で Enter キーを押します。たとえば、次の操作を行うことができます。

    • コールバック。→キーを 1 回押して、Enter キーを押します。

    • 発信者の携帯、別の番号、Skype 通話の発信を行う。→キーを 2 回押します。ナレーターによって「通話オプション ボタン」と読み上げられます。Space キーを押してメニューを開き、↑キーまたは↓キーを押してメニュー内のオプション間を移動します。オプションを選択するには Enter キーを押します。

    • 連絡先カードを開く。発信者の連絡先カードを開くには、→キーを 3 回押し、Space キーを押します。連絡先カード内の項目を移動するには、↓キーまたは↑キーを押します。連絡先カードを閉じるには Esc キーを押します。

    • 他のオプションを選択するには、→キーを 4 回押します。ナレーターによって、「その他のオプション ボタン」と読み上げられます。Space キーを押してメニューを開きます。たとえば、ここでは次の操作を実行できます。

      • 発信者とビデオ通話を開始する

      • 通話に関する追加情報を確認するために Outlook で項目を開く

      • からボイスメールを削除するためにSkype for Business項目を削除する。

      • 項目を開封済みにする

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Outlook on the web の Skype for Business でスクリーン リーダーを使用する方法

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business のアクセシビリティ

Skype for Business for Mac をキーボードと Mac OS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して操作し、ボイスメールを速やかにチェックします。

注記: 

Skype for Business でボイスメールを再生する

新しいボイスメール メッセージを受信すると、Skype for Business for Mac のメイン ウィンドウの [通話] タブに赤いドットが表示されます。フォーカスが [ボイスメール] タブにある場合は、VoiceOver によって未再生のメッセージ数が読み上げられます。

  1. 開いていない場合は、Skype for Business を起動します。

    1. Command キーを押しながら F を押して、検索を開きます。

    2. テキスト フィールドに Skype for Business と入力します。

    3. VoiceOver によって「Skype for Business、アプリケーション」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

    4. Ctrl + Option + Space キーを押します。Skype for Business ログイン ウィンドウが開きます。

    5. 組織のサインイン アドレスを入力し、Tab キーを押します。

    6. パスワードを入力し、Enter キーを押します。

  2. フォーカスが Skype for Business メイン ナビゲーション ウィンドウに移動します。ウィンドウ内のメイン ナビゲーション項目にアクセスするには、Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押します。

  3. VoiceOver によって「通話」と読み上げられるまで Tab キーを 3 回押します。ボタンを選択するには Space キーを押します。

  4. メイン ナビゲーション ウィンドウを終了するには、Control + Option + Shift キーを押しながら↑キーを押します。VoiceOver によって「メイン ナビゲーション グループから離れます」と読み上げられます。

  5. [通話] グループの [ボイスメール] ボタンに移動するには、VoiceOver によって「ボイスメール ラジオ ボタン」と読み上げられるまで Control + Option キーを押しながら→キーを繰り返し押します。

  6. [ボイスメール] ボタンを選択するには、Control + Option + Space キーを押します。

  7. ボイスメール メッセージの一覧に移動するには、Control + Option キーを押しながら→キーを 1 回押します。VoiceOver によって「ボイスメール、テーブル」と読み上げられます。

  8. Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押して、一覧内に移動します。最新のボイスメール メッセージがフォーカスされます。VoiceOver によって発信者の情報が読み上げられます。

  9. メッセージ間を移動するには、Control + Option キーを押しながら↓キーまたは↑キーを押します。

  10. メッセージを再生するには、Enter キーを押します。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使ってオンライン会議に参加する

Skype for Business とスクリーン リーダーを使用して発信または着信する

Skype for Business のキーボード ショートカット

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×