Skype for Business での録音、保存、公開

Skype for Business での録音、保存、公開

[保存と公開] オプションを使って、レコーディングの名前を変更したり、場所を変更したりすることができます。また、インスタント メッセージ、参加者ビデオ、パノラマ ビデオなど、レコーディングに何を含めるかを選択することもできます。

保存して発行する

  1. Skype for Business を開き、[ツール] の [レコーディング マネージャー] をクリックします。

  2. レコーディングを選び、[発行] をクリックします。

  3. [レコーディング ファイル名] ボックスにレコーディングの新しい名前を入力します。

  4. レコーディングの場所を変更するには、[保存先] ボックスの横にある [参照] をクリックして、ビデオの保存先のフォルダーに移動します。

  5. 既定では、レコーディングには音声、ビデオ、IM、発表されたコンテンツ (画面共有や PowerPoint スライドなど) が含まれます。必要に応じて、レコーディングからコンテンツの一部を削除できます。[オプション] をクリックし、次のように保存しないコンテンツをオフにします。

    音声

    参加者ビデオ

    パノラマ ビデオ

    インスタント メッセージ

    発表されたコンテンツ

  6. [OK] をクリックすると、レコーディングは選んだコンテンツを含めて新しい場所に保存されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×