Skype for Business での基本的な作業

Skype for Business での基本的な作業

Skype for Business では、インスタント メッセージ、メール、音声通話、ビデオ通話、常設チャット ルーム、オンライン会議、オンライン プレゼンテーションを使って、大切な人といつでもコミュニケーションをとることができます。この記事では、Skype for Business の基本的な作業を行う場合の手順について説明します。

連絡先を見つけて追加する

  1. Skype for Business メイン ウィンドウの [連絡先] ビューの [検索] ボックスに、名前、IM アドレス、または電話番号 (組織内の連絡先の場合) を入力します。 入力を始めると、[検索] ボックスの下に検索結果が表示され、タブの表示は [グループ]、[状態]、[関係]、[新規]

    Skype for Business の [検索] ボックスに何も入力されていない場合、使用可能なタブは [グループ]、[状態]、[関係]、[新規] です。

    から [連絡先リスト] と [Skype 連絡先] に変わります。

    Skype for Business の [検索] ボックスに文字を入力すると、下のタブが [個人用の連絡先] と [Skype ディレクトリ] に変わります。

  2. 組織内のユーザーを検索する場合、[連絡先リスト] タブを選びます (既定のタブです)。 [連絡先リスト] が選択されていると、組織のアドレス帳が検索されます。

    組織外のユーザーを検索する場合、相手の Skype アカウントがわかっている場合は、[Skype 連絡先] タブをクリックして、数百万人の Skype ユーザーから検索することができます。 Skype ユーザー名と場所がわかっていれば、すばやく検索を絞り込むことができます。

  3. 追加するユーザーのリストが表示されたら、写真 (または写真表示エリア) をポイントします。

    組織内のユーザー ([連絡先リスト]) をグループに追加する場合は、[その他のオプション] をクリックし、[連絡先リストに追加] を選びます (それからいずれかのグループを選びます)。または、[お気に入りに追加] を選びます。

    Skype ユーザーをいずれかのグループに追加する場合は、[連絡先に追加] をクリックし、グループを選ぶか、お気に入りグループを選んで追加します。

注: ユーザーによっては、組織アカウントと Skypeアカウントを持っている場合があります。 そのため、同僚であり、友人でもあるユーザーを追加する場合は、両方の ID を連絡先に追加できます。

インスタント メッセージ (IM) を送る

  1. インスタント メッセージを送信するユーザーを見つけます。 次のいずれかの操作を行います。

    • 連絡先リストで相手の画像の上にマウス ポインターを置き、[IM] をクリックします。

      [クイック IM] ボタン

    • 連絡先リストの任意の場所をダブルクリックします。

    • リストを右クリックし、[IM の送信] をクリックします。

  2. 会話ウィンドウの下部にメッセージを入力します。

  3. (オプション) ファイルまたは画像を送信するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ドラッグ アンド ドロップで保存済みのファイルをテキスト入力領域に挿入します。

    • コピーと貼り付けで、保存済みのファイルまたは画像を Office プログラムからテキスト入力領域に挿入します。

    • キーボードで PrintScreen キーを押して画面で画像を直接キャプチャして、テキスト入力領域に貼り付けます。

  4. キーボードの Enter キーを押して、メッセージを送信します。

  5. (オプション) 他のユーザーを会話に加えるには、連絡先リストから対象の連絡先リストを会話ウィンドウにドラッグします。

オーディオ デバイスを確認する

  1. Skype for Business メイン ウィンドウで [ツール]、[オプション]、[オーディオ デバイス] の順に移動し、目的のデバイスを選びます。

  2. サンプルの音を聞くには、[スピーカー] の横にある緑の矢印をクリックし、音量を調整する必要がある場合はスライダーをドラッグします。

  3. マイクの音量をテストするには、数秒間話します。音量が最適であるのは、バーがテスト領域の中央に達する場合です。マイク音量を調整するには、[マイク] の横にあるスライダーをドラッグします。

  4. 通話を受ける場合のサンプルの呼び出しを聞くには、[呼び出し] の横にある緑の矢印をクリックし、呼び出しの音量を調整するにはスライダーをドラッグします。

  5. [通話品質の確認] をクリックし、表示されるメッセージに従って簡単なメッセージを録音し、再生します。必要に応じて音声を調整します。このオプションは使用しているアカウントでは利用できない場合もあることに注意してください。

  6. オーディオ デバイスが複数ある場合は、通話を受ける際に両方で呼び出し音を鳴らす設定を選べます。[セカンダリ呼び出し] で、[その他の呼び出し] を選び、追加のデバイスを選びます。

    また、[呼び出されたらミュート解除する] を選ぶこともできます。これを選ぶと、Skype for Business 通話を受けた場合にスピーカーが自動的にミュート解除されます。

  7. 会議中に最適な音声品質が使用できるようにするには、[ステレオ音声の再生が可能な場合に許可する] を選びます。

  8. 作業を終えたら、[OK] をクリックします。

ヒント: 各セクションでマイクとスピーカー用に異なるデバイスを選べます。ただし、エコーを避けるために、両方に同じデバイスを使用することを推奨します。別のデバイスを使用する必要がある場合は、スピーカーの音量を下げて、エコーを最小限に抑えます。

目的のデバイスがリスト内にない場合は、そのデバイスがコンピューターに直接接続されていることを確認してから、デバイスに付属している指示書に従ってインストールします。

通話を発信する

  1. 電話をかけたい相手が含まれる連絡先リストにカーソルを置きます。

  2. その連絡先に発信するには、[電話] をクリックします。

    または

    [電話] アイコンの横にある矢印をクリックし、別の番号を選びます。

ダイヤル パッドを使って発信する

  1. Skype for Business メイン ウィンドウで、[電話] タブをクリックします。

  2. ダイヤル パッドで番号をクリックするか、検索ボックスで番号を入力します。

  3. [電話] をクリックします。

呼び出しに応答する

着信があると、画面上に通知が表示されます。

次のいずれかの操作を行います。

  • 呼び出しに応答するには、写真領域内をクリックします。

  • 呼び出しを拒否するには、[無視] をクリックし、ボイス メールに送ります。

  • 他の操作を行うには、[オプション] をクリックします。

    • 呼び出しを [ボイス メール] に送ります。

    • 呼び出しをリダイレクトするには、[モバイル] または [自宅] をクリックします。

    • 音声やビデオの代わりに、[IM で返信] します。

    • 呼び出しを拒否して着信不可とするには、[応答不可] に設定します。

    • ビデオ通話を着信したとき、音声のみを使って応答するには、[音声のみで応答] をクリックします。

デスクトップまたはプログラムを共有する

Skype for Business により、次の 2 つの方法でコンピューター上の情報を共有できます。

デスクトップ共有 - プログラムを切り替える必要がある場合、または異なるプログラムのドキュメントを使う場合に適しています。

プログラム共有 - 特定のプログラムまたはドキュメントを表示する必要があり、デスクトップのそれ以外のプログラムやドキュメントを表示したくない場合に使います。

  1. [発表] をクリックします。 次のいずれかを選びます。

    • [デスクトップの表示]。デスクトップのコンテンツを共有します。

    • [プログラムの表示]。次に共有する特定のプログラムやドキュメントを選びます。

  2. Skype for Business の状態が [発表中] に変わり、インスタント メッセージまたは通話が受信されなくなります。

  3. 画面上部の共有ツール バーを使用して共有を停止するか、他の参加者に制御を渡します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×