Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

Skype for Business でのスクリーン リーダーの使い方

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Skype for Business をキーボードと Windows に組み込まれているスクリーン リーダーであるナレーターを使用して操作し、音声およびビデオによる会話を開始したり、インスタント メッセージング (IM) を使用したり、他のユーザーと会議を行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Skype for Business を起動する

Skype for Business を起動するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Windows ロゴ キーを押して、「Skype for Business」と入力し、Enter キーを押します。

  • 会議の招待で、[Skype 会議への参加] リンクを選択します。

  • Windows を起動します ([オプション] ダイアログ ボックスの [個人] タブで [Windows にログオンするときに自動的にアプリを開始する] チェック ボックスをオンにしている場合)。

注: Skype 名や Microsoft アカウントではなく、組織の資格情報を使用してサインインします。

Windows が起動すると、Skype が自動的に起動します。

  1. [オプション] ダイアログ ボックスを開くには、Alt キーを押しながら T を押し、次に O を押します。「全般」と読み上げられます。

  2. P を押します。「個人」と読み上げられます。

  3. Alt キーを押しながら U を押します。「Windows にログオンするときに自動的にアプリを開始する」と読み上げられます。

  4. 「オン」と読み上げられるまで Space キーを押します。

  5. Enter キーを押します。[オプション] ダイアログ ボックスが閉じ、メイン ウィンドウの検索ボックスにフォーカスが移動します。

状態を変更する

Skype for Business が起動すると、一部のスクリーン リーダーでは、ユーザー名、状態、地域、個人メモが読み上げられます。これらの情報は、メイン ウィンドウの上部に表示され、他の Skype ユーザーが見ることができます。

表示される情報または写真を変更するには、必要なオプションの名前が聞こえるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押して、次に Space キーを押します。

Skype for Business ユーザー インターフェイスを使ってみる

Skype for Business ウィンドウを開くか、更新すると、フォーカスが検索ボックスに移動します。そのため、[連絡先] リスト (Ctrl + 1) または組織から連絡先をすばやく見つけることができます。

検索ボックスの下のメイン ウィンドウに、[連絡先] リストを含む [連絡先] タブが表示されます。会話を始めるには、連絡先を選択し、接続する方法 (IM の送信通話、またはビデオ通話を開始する) を選択します。その他のビューの場合は、[会話] タブ (Ctrl + 3) または [会議] タブ (Ctrl + 5) に移動します。アカウントによっては、[チャット ルーム] (Ctrl + 2) または [電話] (Ctrl + 4) という 2 つの追加のタブが表示される場合があります。

多くのタスクに固有のキーボード ショートカットを利用できます。Skype for Business のキーボード ショートカットを参照してください。

非表示のメニュー バーを表示する

メイン ウィンドウには、4 つのメニュー [ファイル] (Alt + F)、[今すぐミーティング] (Alt + M)、[ツール] (Alt + T)、[ヘルプ] (Alt + H) を持つ非表示のメニュー バーがあります。任意のメニューのショートカットを押すと、スクリーン リーダーがメニュー バーを読み上げることができます。たとえば、メニュー バーを表示して、[ファイル] メニューを開くには、Alt キーを押しながら F キーを押します。

または、Tab キーを押して [メニューを表示] ボタンを表示し、Space キーを押して、[メニューバーの表示] (S) を選択します。

スクリーン リーダーを使用する

  • JAWS を使用する場合、コンピューターのスピーカーでドルビー音声を使用すると、Skype for Business 通話または会議に参加するときに音量が突然低下することがあります。対応策については、「Skype for Business のアクセシビリティ」をご覧ください。

  • ナレーターを使用する場合、コンピューターのスピーカーでドルビー音声を使用すると、通話または会議に参加するときに音量が突然低下することがあります。対応策については、「Skype for Business のアクセシビリティ」をご覧ください。

関連項目

Skype for Business でスクリーン リーダーを使って通話を受信および発信する

スクリーン リーダーを使用して、Skype for Business でオンライン会議に参加するには

Skype for Business のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business のアクセシビリティ機能を使用して移動する方法について説明します。

Skype for Business for Mac をキーボードと Mac OS に組み込まれているスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して操作し、音声およびビデオによる会話を開始したり、インスタント メッセージング (IM) を使用したり、他のユーザーと会議を行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Skype for Business のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

  • Quick Nav オプションを使用すると、矢印キーのみを使用してアプリ間を移動できます。Quick Nav のオンとオフを切り替えるには、←キーと→キーを同時に押します。Quick Nav の詳細については、「Mac 用の VoiceOver: Quick Nav を使用した移動」をご覧ください。

この記事の内容

Skype for Business を開いてサインインする

  1. Finder で [アプリケーション] リストに移動するには、Shift + Command キーを押しながら A を押します。

  2. 「S」で始まるアプリケーションに直接移動するには S を入力し、「Skype for Business アプリケーション」と読み上げられるまで↓キーを押します。

  3. Skype for Business for Mac を開くには、Command キーを押しながら↓キーを押します。

  4. 電子メール アドレスを入力します。Tab キーを押し、パスワードに入力して Enter キーを押します。「Skype for Business ウィンドウです。メイン ナビゲーション グループ」と読み上げられます。

  5. サインインまたはサインアウトするには、Command キーを押しながら G を押します。

    ヒント: サインインで資格情報を入力するときに、「パスワードを保存する、オフ、チェックボックス」と読み上げられるまで Tab キーを押します。[パスワードを保存する] チェック ボックスを選択するには、Control + Option + Space キーを押します。「パスワードを保存するをオンにします」と読み上げられます。次回 Skype を開くときは、Enter キーを押すだけでアカウントにサインインできます。

Skype for Business ユーザー インターフェイスを使ってみる

Skype for Business for Mac を開始すると、フォーカスがメイン ナビゲーション グループに移動します。メイン ナビゲーション グループを参照するには、Control キーを押しながら Tab キーを押します。メイン ナビゲーション グループのオプションのいずれかを選択するには、Space キーを押します。メイン ナビゲーション グループには次のタブがあります。

  • [マイ プロファイル] タブ: 利用状況を変更できます。

  • [チャット] タブ: ログ記録されたチャットを一覧表示します。

  • [会議] タブ: スケジュールされた会議を一覧表示します。

  • [通話] タブ: 通話を一覧表示します。

  • [連絡先] タブ: [連絡先を検索] 検索ボックスと、その下に追加された連絡先の一覧を表示します。

Quick Nav をオンにし、「メイン ナビゲーション グループ」と読み上げられるまで→キーまたは←キーを使用して移動すると、メイン ナビゲーション グループに戻ることができます。メイン ナビゲーション グループに切り替えるには、テーブル内にフォーカスがないことを確認します。テーブルを終了するには、Control + Option + Shift キーを押しながら↑キーを押します。メイン ナビゲーション グループを操作するには、Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押します。

注: このトピックでのメイン ナビゲーション グループの操作に関する記述では、Quick Nav をオフにしていることが想定されています。

Skype for Business for Mac のメニューやコマンドを含むアプリケーション メニューにもアクセスできます。アプリケーション メニューはメニュー バーにあります。メニュー バーに移動するには、Fn + Control + F2 キーを押します。[Skype for Business]、[ファイル]、[編集]、[連絡先]、[会話]、[ウィンドウ]、[ヘルプ] メニュー間を移動するには、→キーを使用します。任意のメニューを開くには↓キーを使用し、1 つのメニュー全体を移動するには↑キーと↓キーを使用します。コマンドを選択するには Space キーを押します。

VoiceOver スクリーン リーダーを使用する

Skype for Business for Mac では、Mac に組み込まれているスクリーン リーダーである VoiceOver を使用できます。スクリーン リーダーはテキストを音声に変換し、コンテンツ自体に加えて、コマンド、場所、リスト、ボタンを読み上げます。

VoiceOver を使用するときの注意事項を次に示します。

Skype とスクリーン リーダーで、作業を行う

スクリーン リーダーを使用するときに役立つショート タスクを次に示します。

利用状態を変更する

  1. メイン ナビゲーション グループで、Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押して、グループを操作します。「マイ プロファイル ボタン」と読み上げられます。次に Space キーを 2 回押します。「メニュー。7 項目」と読み上げられます。

  2. プロファイルに表示する状態 (連絡可能取り込み中応答不可一時退席中業務時間外または退席中表示) に移動するには、↑キーまたは↓キーを押します。

  3. 状態を選択するには、Space キーを押します。メイン ナビゲーション グループの [マイ プロファイル] に戻るには、Esc キーを押します。

通話を発信する

  1. メイン ナビゲーション グループで、Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押して、グループを操作します。次に、「連絡先ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. 連絡先リストに移動するには、Space キーを押し、Tab キーを 2 回押します。「連絡先テーブル」と読み上げられます。

  3. ↓キーを押して、通話する相手の名前が読み上げられるまで連絡先を参照します。連絡先グループを展開する必要がある場合は、→キーを押します。

  4. 選択した連絡先と通話を開始するには、Shift + Command キーを押しながら R を押します。

  5. 通話中、一部のキーボード ショートカットを使用できます。

    • ビデオ通話をオンまたはオフにするには、Shift + Command キーを押しながら V を押します。

    • マイクをミュートまたはミュート解除するには、Shift + Command キーを押しながら M を押します。

    • 通話を終了するには、Shift + Command キーを押しながら E を押します。

IM を介したチャット

  1. メイン ナビゲーション グループで、Control + Option + Shift キーを押しながら↓キーを押して、グループを操作します。次に、「連絡先ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. 連絡先リストに移動するには、Space キーを押し、Tab キーを 2 回押します。「連絡先テーブル」と読み上げられます。

  3. ↓キーを押して、チャットを開始する相手の名前が読み上げられるまで連絡先を参照します。連絡先グループを展開する必要がある場合は、→キーを押します。

  4. Space キーを押し、「チャット ボタン」と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  5. チャットを開始するには、Control + Option + Space キーを押します。「テキスト領域上です」と読み上げられます。

  6. メッセージを入力します。送信するには、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Skype for Business で連絡先にユーザーを追加します。

Skype for Business のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Skype for Business のアクセシビリティ機能を使用して移動する方法について説明します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×