Skype Room Systems バージョン 2 のヘルプ

Skype Room Systems バージョン 2 は、小さな打ち合わせの場から大きな会議室に至るまで、あらゆる規模の会議に HD ビデオ、音声、コンテンツの共有をもたらし、Skype for Business の素晴らしい会議エクスペリエンスを提供します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Skype Room Systems コンソールのウィンドウ

会議テーブルのタッチスクリーン コンソールは、会議室で開催されるすべての会議の中心部です。前方に動きを検知すると、制御が自動的に起動します。画面上には、実行できる 5 つの操作が表示されます。

  • 開催者がその会議室を会議の場所として追加し、Outlook から事前にスケジュール設定された Skype for Business 会議に参加します。

  • [新しい会議] ボタンにタッチして、すぐに新しい Skype for Business 会議を開始します。

  • の PSTN 通話統合を使って、[Skype for Businessダイヤル パッド] から電話をかけます。

  • HDMI ケーブルをコンソールに接続し、[表示] ボタンをタッチして、会議室のスクリーンの前部にラップトップを映写します。

  • 会議室を招待することで Skype for Business 会議を簡単に開催できるようにして、会議室での表示内容をすぐに映写することでリモート参加者と共有できるようにします。

会議に参加中は、ビデオ、マイク、共有コンテンツ、通話終了といったおなじみの Skype for Business ボタンが表示されます。

会議のコントロール

会議ウィンドウの上部には、[参加者]、[会話]、および [コンテンツ] タブが表示されます。これらをタップして、会議参加者の追加や、IM 会話の開始または IM 会話への参加や、コンテンツの共有と管理を行います。

会議のタブ

スケジュールされている会議に参加する
  • タッチスクリーン コンソールで Skype for Business 会議タイルを見つけて、[参加] をタップします。

    スケジュールされている会議に参加する

    ヒント: 現在の会議が青色のタイルで表示されます。目前に迫っている会議は灰色のタイルで表示されます。前回の会議のタイルは、再度参加しやすくするために通話終了後 5 分間はスクリーン上に表示されます。

    注: スケジュールした Skype for Business 会議がコンソールに表示されない (または会議タイルに [参加] ではなく [...] が表示される) 場合は、Skype Room Systems の会議室を招待する必要があります。

コンソールにタイルが表示されていない場合にスケジュールされている会議に参加する
  1. ラップトップなどのデバイスで、すでにスケジュールされている Skype for Business 会議に参加します。

  2. デバイスから、[他の参加者の招待] をタップして会議室を招待します。(会議室名はコンソールに表示されます。) 会議室を選び、[OK] をクリックします。

  3. タッチスクリーン コンソールで、[許可] をタップして、通話に応答します。

タッチスクリーン コンソールから、自分の会議室で新しい会議を開始できます。

  1. タッチスクリーン コンソールで、[新しい会議] をタップします。

    [新しい会議] ボタン
  2. [ユーザーを検索するか、番号をダイヤルします] ボックスで、ディレクトリをスクロールするか、キーボード表示を使って招待するユーザーの名前を入力してから、[招待] をタップします。

  3. ユーザー名が表示されたら、それを選び、招待されたユーザーのリストに追加します。各参加者ごとに、この手順を繰り返します。

  4. 招待するすべての参加者が [参加者] リストに表示されたら、[招待] をクリックします。通話が自動的に開始されます。

個人のデバイスから Skype for Business 会議に参加しているユーザーは、会議参加者とコンテンツを共有できます。

PowerPoint プレゼンテーションを共有する
  1. 個人のデバイスで、[表示] をタップします。

  2. [PowerPoint ファイルの表示] をクリックします。

  3. エクスプローラーで、プレゼンテーションを行う PowerPoint ファイルを選び、[開く] をクリックします。

    PowerPoint ファイルがアップロードされ、表示されます。これは、Skype Room Systems v2 コンソールの [コンテンツ] タブにある [プレゼンテーション用コンテンツ] リストと、すべての参加者の クライアントの [Skype for Businessコンテンツの管理] リストにも追加されます。

プログラム ウィンドウを共有する
  1. 個人のデバイスで、[表示] をタップします。

  2. [プログラムの表示] をタップします。

  3. 共有するプログラム ウィンドウを選びます。

スケジュールされた Skype for Business 会議の参加者とデスクトップを共有する
  1. 会議に参加します。

  2. 個人のデバイスで、[表示] をタップします。

  3. [デスクトップの表示] をタップします。

室内の参加者のみとデスクトップを共有する
  • ラップトップをテーブルの適切なケーブルに接続して、ローカルで共有します。コンソールの HDMI 入力タイルをタップして、会議でデスクトップを共有することもできます。

デスクトップの共有を停止する
  • コンソールで、[発表の停止] をタップします。

参加者を追加する
  1. 会議ウィンドウの上部で、[参加者] タブをタップしてから、[参加者の追加] をタップします。

    [会議] ウィンドウ
  2. [ユーザーを検索するか、番号をダイヤルします] ボックスで、ディレクトリをスクロールするか、キーボード表示を使って招待するユーザーの名前を入力してから、[招待] をタップします。

    参加者を検索して追加する
IM の会話に参加する
  1. 会議ウィンドウの上部で、[会話] タブをタップします。

    [会話] ウィンドウ
  2. [メッセージを入力] ボックスに、キーボード表示を使って、メッセージを入力してから、 [IM の送信] ボタン をタップするか Enter キーを押します。

    [メッセージを入力] ボックス
画面レイアウトを管理する
  1. 会議ウィンドウの下部で、[レイアウト] ボタンをタップします。

    [レイアウト] ボタン
  2. 使用する会議室の表示レイアウトを、ギャラリー、コンテンツとギャラリー、またはコンテンツから選びます。

音声を管理する
  • 会議ウィンドウの下部で、[マイク] ボタン [ミュート]/[ミュート解除] ボタン をタップして、マイクをミュートまたはミュート解除します。

  • 会議ウィンドウの下部で、スライダー コントロールを使ってスピーカー音量を調節するか、スピーカーをミュートにします。

    音声のコントロール
  • [参加者] タブで、参加者名をタップしてから、[参加者をミュートにする] をタップして、単一の参加者をミュートにします。または、[すべてをミュートにする] ボタンをタップして、すべての参加者をミュートにします。

    参加者の操作
ビデオを管理する
  1. 会議ウィンドウの下部で、[ビデオ] ボタン [ビデオ] ボタン をタップします。

  2. 使用するビデオ デバイスを選ぶか、[カメラ オフ] をタップして、会議室からのビデオの送信を停止します。

電話をかける
  1. タッチスクリーン コンソールで、[ダイヤル パッド] をタップします。

    [ダイヤル パッド] ボタン
  2. キーパッドを使って電話番号をダイヤルしてから、[通話] をタップします。

    [ダイヤル パッド] ウィンドウ
  3. [参加者] タブから通話することもできます。[ユーザーを検索するか、番号をダイヤルします] ボックスで、キーボード表示を使って、通話するユーザーの電話番号を入力します。

室内でのみ映写する
  • 室内にいる参加者にのみコンテンツを表示し、リモート参加者には表示しない場合は、[コンテンツの共有] ボタン [コンテンツを表示する] ボタン をタップして、ラップトップが Skype Room Systems v2 ケーブルに接続する際に共有を切り替えます。

    注: 室内でのみ映写する場合は、ラップトップがコンソールの HDMI 入力ケーブルに接続している必要があります。

会議を終了する
  • 会議ウィンドウで、[切断] ボタン 通話を終了 をタップして、会議を終了します。

アップロードされたコンテンツを削除する
  1. スケジュールされた会議時間が終了する前に会議室から退席する場合は、そのプレゼンテーションでアップロードしたコンテンツを削除できます。会議ウィンドウの上部で、[コンテンツ] タブをタップします。

  2. [プレゼンテーション用コンテンツ] リストで、削除するコンテンツを選びます。

  3. [削除] をタップします。

Outlook を使って Skype Room Systems v2 で用意された会議室を予約する
  1. Outlook を開き、予定表に移動します。

  2. [ホーム] タブの [Skype 会議] セクションで、[新しい Skype 会議] をクリックします。

  3. [会議] タブで、[会議室の検索] を選択します。

  4. [会議室の検索] ウィンドウで、[会議室の一覧] メニューから建物またはリストを選びます。

  5. 利用できる会議室のリストから、末尾が「Skype Room」となる会議室名 (または組織が Skype Room Systems v2 コンソールで用意された会議室の指定に使う会議室名) を選びます。

  6. コンソールで PowerPoint ファイルを利用できるようにするには、それらのファイルを会議の出席依頼に追加します。[挿入] タブで、[ファイルの添付] をクリックします。

  7. 会議の出席依頼を、その他の会議の場合と同様にすべて入力してから送信します。

Skype for Business を使って、Skype Room Systems v2 の会議室を既存の会議に追加する
  1. 個人のデバイスから会議に参加します。

  2. [他の参加者の招待] をクリックまたはタップします。

  3. (コンソール上にある) 会議室名を検索して、[OK] をクリックまたはタップします。

  4. コンソールから通話に応答します。

Outlook を使って、Skype Room Systems v2 の会議室を既存の会議に追加する
  1. 個人のデバイスで、Outlook の予定表アイテムを開きます。

  2. [送信先] フィールドに (コンソール上にある) 会議室名を追加して、更新を送信します。

  3. 会議は承認されるとコンソール上に会議タイルとして表示されます。

  4. コンソール上の会議タイルをタップして参加します。

関連項目

Skype Room Systems v2 の要件

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×