Skype 会議ブロードキャスト用にネットワークをセットアップする

Skype 会議ブロードキャストを有効にした後は、ネットワークを構成する必要があります。この手順は、組織外の参加者にウェビナーおよびその他のブロードキャストを開催する場合に実行します。

ファイアウォールの構成に慣れていない場合は、マイクロソフトのパートナーに依頼してこの手順を実行することを考慮してください。

この手順をスキップし、代わりに別の組織をフェデレーションに追加してブロードキャストに招待できるようにする場合は、「ユーザーが外部の Skype for Business ユーザーに連絡できるようにする」の手順に従ってください。

手順 1: 許可したドメインをセットアップする

次のいずれかの方法を使用して、許可したドメインをセットアップします。

  1. Office 365 管理センターに移動し、左のナビゲーションで [設定] > [サービスとアドイン] をクリックしてから、Skype for Business を選択します。

  2. [External sharing (外部の共有)] ページの [Domain exceptions (ドメインの例外)] の下で、[All domains are blocked except (次以外のドメインをすべてブロック)] をクリックし、次のドメインを入力してカンマで区切ります。

    • noammeetings.lync.com

    • emeameetings.lync.com

    • apacmeetings.lync.com

    • resources.lync.com

  3. [保存] をクリックします。

  • [スタート] メニューで [Windows PowerShell] を右クリックして、[管理者として実行] を選びます。[Windows PowerShell] ウィンドウに次の行をそれぞれ入力して、Enter キーを押します。

    $r = New-CsEdgeDomainPattern -Domain "noammeetings.lync.com"

    $s = New-CsEdgeDomainPattern -Domain "emeameetings.lync.com"

    $t = New-CsEdgeDomainPattern -Domain "apacmeetings.lync.com"

    $n = New-CsEdgeDomainPattern -Domain "resources.lync.com"

    $newAllowList = New-CsEdgeAllowList -AllowedDomain $r,$s,$t,$n

    Set-CsTenantFederationConfiguration -AllowedDomains $newAllowList

手順 2: Skype 会議ブロードキャストのドメインと URL、IP アドレスを追加する

セットアップ プロセスの 2 番目の手順では、最初に必要なドメインを追加して、Skype 会議ブロードキャストが機能するために必要な IP アドレスと URL を追加します。

  • 必要なドメインのエンドポイントを追加します。

    Skype 会議ブロードキャストを使用するには、クライアント コンピューターが次のエンドポイントにアクセスできるようにする必要があります。

    用途

    ソース | 資格情報

    接続先

    CDN

    Office 365 向け ExpressRoute の BGP コミュニティ

    CIDR アドレス

    ポート

    1

    必須:Skype for Business エンドポイント。

    Skype for Business Online」を参照して、"必須" というラベルの付いた項目がすべてアクセス可能であることを確認します。

    2

    必須: Skype 会議ブロードキャストの発表者と出席者

    クライアント コンピューター/ログオンしているユーザー

    *.broadcast.skype.com
    broadcast.skype.com
    browser.pipe.aria.microsoft.com
    

    ×

    Skype for Business の IP 範囲

    TCP 443

    aka.ms
    amp.azure.net
    

    ×

    なし

    該当なし

    TCP 443

    3

    必須: Skype 会議ブロードキャストの発表者と出席者

    クライアント コンピューター/ログオンしているユーザー

    *.keydelivery.mediaservices.windows.net
    *.msecnd.net
    *.streaming.mediaservices.windows.net
    ajax.aspnetcdn.com
    mlccdn.blob.core.windows.net
    

    ×

    該当なし

    TCP 443

  • 必要な Skype for Business Online エンドポイントの URL と IP アドレスを追加します。どれが必要であるかは、 ここで確認します。

ハイブリッド展開と組織に Skype 会議ブロードキャストをセットアップする

Skype for Business Online 組織があり Lync Server 2010、Microsoft Lync Server 2013、および Skype for Business Server 2015 のオンプレミス展開があり、オンラインとオンプレミスの両方にユーザーがいる場合は、上記の手順に加えてその他の設定手順を完了して、オンプレミス組織が Skype for Business Online と通信でき、すべてのユーザーが Skype 会議ブロードキャストを作成して参加できるようにする必要があります。その要件については、「Skype 会議ブロードキャストのオンプレミス展開を構成する」を参照してください。

関連項目

Skype 会議ブロードキャストを有効にする

Office 365 URL と IP アドレスの範囲

Skype for Business Online のセットアップ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×