Skype 会議ブロードキャストを記録および投稿する

Skype 会議ブロードキャストを記録および投稿する

すべての Skype 会議ブロードキャストは自動的に記録されるので、出席者や会議に出席できなかったユーザーは後で視聴できます。

ダウンロード可能な会議の MP4 ファイルを作成することもできます。これは、Office 365 ビデオ ポータルやその他のビデオ チャネルのビデオを投稿する場合に便利なオプションです。

ダウンロード可能な MP4 ファイルを記録する

  1. Skype 会議ブロードキャストのポータルにアクセスして、会議のスケジュール設定を行います。スケジュール設定の手順については、「Skype 会議ブロードキャストをスケジュールする」を参照してください。

  2. [会議設定] ページの下部で、[ダウンロード用のビデオ録画を作成] が選択されていることを確認します (既定で選択されています)。

    [会議の詳細] ページの [会議のレコーディングを有効にする] チェックボックスのスクリーン ショット。 既定では、オンになっています。
  3. ビデオをオンデマンドで提供する場合は、[会議の後にビデオをオンデマンドで使用可能にする] が選択されていることを確認します (これは既定でも選択されており、会議の前後に変更できます)。

    [会議の後にビデオをオンデマンドで使用可能にする] チェック ボックスをオフにすると、実行中のみブロードキャストを見ることができます。 後で参加すれば、ブロードキャスト全体を見ることができます。 ただし、ブロードキャスト終了後に参加したユーザーがブロードキャストを見ることはできません。

重要: Skype 会議ブロードキャストの終了後、180 日間は引き続きダウンロードできます。180 日を過ぎると、会議ブロードキャストはサービスから削除されます。180 日の期限から余裕を見てレコーディングをダウンロードしておくことをお勧めします。

記録された会議をダウンロードする

ダウンロードが利用可能になると、会議の概要にリンクが表示されます。

  1. [Skype 会議ブロードキャストのポータル] に移動します。

  2. [終了] セクションで、会議を選びます。

  3. [ビデオをダウンロード] をクリックします。

  4. Office 365 のビデオでチャンネルを作成、管理する」の手順に従って、Office ポータルに投稿します。

会議レポートをダウンロードする

会議レポートには、セッション ID、参加者の名前とメール アドレス、ブラウザー情報、タイムスタンプ、アクティビティ (参加、再生、一時停止)、言語が含まれます。

  1. [Skype 会議ブロードキャストのポータル] に移動します。

  2. [終了] セクションで、会議を選びます。

  3. [会議レポートをダウンロード] をクリックします。

  4. レポートを開くか保存するかをたずねられたら、希望のオプションをクリックします。 既定では、レポートは [ダウンロード] ファイルに保存されますが、別の場所も指定できます。

関連項目

Skype 会議ブロードキャストのヘルプ

Skype 会議ブロードキャストとは

Skype 会議ブロードキャスト イベントを管理する

Skype 会議ブロードキャストに参加する

Skype 会議ブロードキャストで Bing Pulse を使う

Yammer フィードを Skype 会議ブロードキャストに追加する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×