Skype 会議アプリ (Skype for Business Web App) でコンテンツの共有や発表を行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Skype の会議、通話、インスタント メッセージング (IM) の会話の中で、他のすべての人に自分のデスクトップ全体を、または 1 つのプログラムだけを見せることができます。

自分の画面を共有するには、Skype 会議で発表者になる必要があります。オプションが淡色表示になっていたり、「共有コントロールがポリシーにより無効になっています」というメッセージが表示されたりする場合は、発表者の 1 人に依頼して、発表者のアクセス権を付与してもらってください。

画面またはプログラムを共有する

  • 複数のプログラム間で切り替える必要がある場合、または異なるプログラムのファイルを使う場合は、[画面を共有] します。

  • 自分のコンピューターに特定のプログラムまたはファイルを表示し、それ以外のものが表示されないようにする必要がある場合は、[プログラムを共有] します。

  1. [会議] ウィンドウの下部にある [共有] ボタンをクリックします。

    [共有] ボタンをクリックします

  2. 画面の共有デスクトップ画面を共有したり、コンピューター上の特定のプログラムを共有するプログラムの共有] をクリックして、クリックします。

    重要: デスクトップを共有している場合は、会議の参加者全員がプログラム、ファイル、および通知を参照できます。機密情報やファイルを表示するユーザーが不要な場合は、それらを閉じるまたはプログラムの共有の代わりに使用します。

    1 つ以上のプログラムまたはファイルを共有するには、プログラムの共有] をクリックし、プログラムを選択または複数のいずれかを選ぶには、ctrl キーを押しながらプログラム キーを押します。

  3. 画面の上部にある共有ツール バーで、次のオプションを使います。

    画面の共有を終了する場合は、[発表の停止] をクリックします。

    自分のデスクトップやプログラムの制御を参加者と共有する場合は、[制御を渡す] をクリックします。

    ピンをクリックすると、ツール バーが非表示になって、スペースが広くなります。ツール バーを再表示するには、画面の最上部にマウス ポインターを移動します。共有ツール バーが表示されているときは、必要な制御機能を使うことができます。ピンをもう一度クリックすると、ツール バーが表示されたままになります。

会議の参加者の画面を共有したい場合は、参加者に発表者アクセス権を与えて制御機能を使えるようにします。

デスクトップまたはプログラムを共有する

  • 複数のプログラム間で切り替える必要がある場合、または異なるプログラムのファイルを使う場合は、[デスクトップの表示] を使います。

  • 自分のコンピューターに特定のプログラムまたはファイルを表示し、それ以外のものが表示されないようにする必要がある場合は、[プログラムの表示] を使います。

  1. 会話ウィンドウの下部にあるプレゼンテーション (モニター) アイコンをポイントします。

  2. [発表] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    デスクトップのコンテンツを共有するには、[デスクトップ] をクリックします。

    重要: デスクトップを共有している場合は、会議の参加者全員がプログラム、ファイル、通知を参照できます。他の人に見られたくない機密情報やファイルがある場合は、閉じておくか、[プログラムの表示] を使用します。

    1 つ以上のプログラムまたはファイルを共有するには、[プログラム] をクリックしてから、特定のプログラムまたはファイルを選びます。

  3. 画面の上部にある共有ツール バーで、次のオプションを使います。

    画面の共有を終了する場合は、[発表の停止] をクリックします。

    自分のデスクトップやプログラムの制御を参加者と共有する場合は、[制御を渡す] をクリックします。

    ピンをクリックすると、ツール バーが非表示になって、スペースが広くなります。ツール バーを再表示するには、画面の最上部にマウス ポインターを移動します。共有ツール バーが表示されているときは、必要な制御機能を使うことができます。ピンをもう一度クリックすると、ツール バーが表示されたままになります。

会議の参加者の画面を共有したい場合は、参加者に発表者アクセス権を与えて制御機能を使えるようにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×