Shell 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

実行可能プログラムを実行し、成功した場合はプログラムのタスク ID を示す Variant (Double) を返し、それ以外の場合は 0 を返します。

構文

Shell( pathname [, windowstyle ] )

Shell 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

pathname

必須。バリアント型 (文字列)。実行するプログラム名と必要な引数または コマンド ライン スイッチ。ディレクトリまたはフォルダーとドライブを含めることができます。Macintosh では、アプリケーション名ではなく、MacID 関数を使用してアプリケーションの署名を指定できます。次の例では、Microsoft Word の署名を使用します。Shell MacID("MSWD")

windowstyle

省略可能。プログラムを実行するウィンドウのスタイルに対応する Variant (Integer)。windowstyle を省略すると、プログラムはフォーカス付きの最小化表示で起動されます。Macintosh (7.0 以降のシステム) の場合、windowstyle は、アプリケーションの実行時にアプリケーションにフォーカスを移動するかどうかのみを指定します。


windowstyle 名前付き引数には次の値があります。

定数

説明

vbHide

0

ウィンドウは非表示で、フォーカスは非表示ウィンドウに渡されます。vbHide 定数は Macintosh プラットフォームでは適用されません。

vbNormalFocus

1

ウィンドウにフォーカスが移動し、元のサイズと位置に復元されます。

vbMinimizedFocus

2

ウィンドウはフォーカス付きでアイコンとして表示されます。

vbMaximizedFocus

3

ウィンドウはフォーカス付きで最大化表示されます。

vbNormalNoFocus

4

ウィンドウの最近のサイズと位置が復元されます。現在アクティブなウィンドウはアクティブなままです。

vbMinimizedNoFocus

6

ウィンドウはアイコンとして表示されます。現在アクティブなウィンドウはアクティブなままです。


解説

指定したファイルを Shell 関数で正常に実行できた場合、起動されたプログラムのタスク ID が返されます。タスク ID は、実行中のプログラムを識別する一意の番号です。指定したプログラムを Shell で起動できない場合、エラーが発生します。

Macintosh では、vbNormalFocusvbMinimizedFocusvbMaximizedFocus のいずれを使用してもアプリケーションはフォアグラウンドに移動されます。また、vbHidevbNoFocusvbMinimizeFocus のいずれを使用してもアプリケーションはバックグラウンドに移動されます。

注: Shell 関数の既定では、他のプログラムが非同期に実行されます。つまり、Shell で起動したプログラムが、Shell 関数の次のステートメントを実行するまでに完了しないことがあります。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Shell 関数を使用して、ユーザーが指定したアプリケーションを実行します。Macintosh では、"HD" が既定のドライブ名で、パス名の各部分は円記号ではなくコロンで区切られます。同様に、\Windows ではなく、Macintosh フォルダーを指定します。

' Specifying 1 as the second argument 
' opens the application in normal size and
' gives it the focus.
Dim RetVal
' Run Calculator.
RetVal = Shell("C:\WINDOWS\CALC.EXE", 1)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×