SharePoint Workspace 2010 起動バーについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

起動バーが、起動オプションを変更しない限り、最初に、SharePoint Workspace を起動したときに開きます。

この記事の内容

起動バーを配置する.

[ワークスペース] パネルについて

[連絡先] パネル

起動バーを開いて表示を切り替える

起動バーを開くには、Windows の通知領域にある SharePoint Workspace アイコンをダブルクリックするか、SharePoint Workspace アイコンをクリックして [起動バー] をクリックします。

起動バーには、ワークスペースを作成および管理するためのパネルと連絡先を管理するためのパネルがあります。

起動バーのパネルのレイアウトをタブ付きのパネル (既定のレイアウト) から分割パネルに切り替えるには、[ビュー] タブをクリックし、[ビューの分割] をクリックします。

ページの先頭へ

[ワークスペース] パネルについて

[ワークスペース] パネルには、ワークスペースが一覧表示されます。[ワークスペース] パネルからは、次のように処理を開始できます。

  • 任意のワークスペースをダブルクリックして開きます。ワークスペースの種類に対応するビューアーでワークスペースが開きます。たとえば、SharePoint ワークスペースや Groove ワークスペースはワークスペース エクスプローラーで開き、共有フォルダーは Windows エクスプローラーに専用のレイアウトで開きます。

  • 任意のワークスペースを右クリックし、ワークスペースを管理するためのメニュー オプションを表示します。たとえば、ワークスペースのプロパティを開く、ワークスペースの名前を変更する、ワークスペースを一時停止する、ワークスペースを削除する、ワークスペースをアーカイブまたはテンプレートとして保存する、新しいメンバーを招待する (ピア ワークスペースまたは共有フォルダーの場合のみ) などを実行できます。

  • 新しいワークスペースを作成するには、[ホーム] タブの [新規作成] をクリックし、作成するワークスペースの種類をクリックします。

ワークスペースを並べ替える

ワークスペースは、さまざまな方法で並べ替えることができます。[表示] タブの [ワークスペース] をクリックし、表示される一覧からオプションを選択します。

  • [フォルダー]: ワークスペースはフォルダーを基準に分類表示されます。

  • [名前順]: ワークスペースはアルファベット順に表示されます。

  • [状態]: ワークスペースは状態を基準に分類表示されます。

    • [新規]: 過去 7 日以内に作成されたワークスペースは [新規] に分類されます。

    • [アクティブ]: 自分および他のメンバーが現在閲覧または更新のために開いている Groove ワークスペース。SharePoint ワークスペースに自分以外のメンバーが含まれることはないため、SharePoint ワークスペースは [アクティブ] には分類されません。

    • [未読]: 未読の新しい情報や更新情報が含まれているワークスペース。

    • [既読]: 未読の内容が現在含まれていないワークスペース。

    • [このコンピューター以外]: 他のコンピューター上にあるワークスペース。ワークスペースのデータは、自分のアカウントが含まれる別のコンピューターまたは他のワークスペース メンバーからダウンロードできます。

  • [種類]。 "SharePoint Workspace"、"Groove Workspace"、または "共有フォルダー" などの種類でワークスペースを並べ替えます。

  • [最後に未読状態になった日]: ワークスペースは、それぞれの処理に基づいて分類表示されます。たとえば、新しい情報や更新情報をワークスペースが受信した時間を基準に [今日]、[昨日]、[過去 7 日以内]、または [過去 30 日以内] に分類されます。更新を受信したのが 30 日より前のワークスペースは、[それ以前] に分類されます。過去 7 日以内に作成されたワークスペースは [新規] の下に表示されます。

    各カテゴリのワークスペースは、"開封された時間が一番新しい" ワークスペースを先頭として上から順に表示されます。

    ワークスペースは、さらに次の追加カテゴリで分類表示できます。

  • [ダウンロード中]: 別のコンピューターまたはワークスペース メンバーから現在ダウンロードされているワークスペース。

  • [利用停止]: メンバーシップが利用停止になっているワークスペース。

  • [一時停止中]: 通信が現在一時停止しているワークスペース。

ページの先頭へ

[連絡先] パネル

[連絡先] パネルには、個人用リストに追加したユーザー全員の一覧が表示されます。[連絡先] パネルでは、次のように処理を開始できます。

  • メッセージングの Microsoft Communicator でのアクティビティを開始する連絡先をダブルクリックします。

    連絡先またはメンバーをダブルクリックして、メッセージの送信] ウィンドウが開く Office Communicator にログインしていない場合。

  • [連絡先] を右クリックして、アクティビティ オプションのメニューを開きます。

    たとえば、メッセージまたはワークスペースへの招待の連絡先への送信、連絡先の削除、連絡先のエクスポート、連絡先情報の連絡先へのメールができます。

  • その連絡先に向けたワークスペースへの招待を開くには、 [ワークスペース] パネルでのワークスペースに連絡先をドラッグします。

    ヒント: 起動バーが分割ビューに設定されていない場合でも、連絡先をワークスペースにドラッグできます。連絡先を [ワークスペース] タブにドラッグして [ワークスペース] パネルを表示し、ワークスペースを選択します。

  • [ホーム] タブの [連絡先の追加] をクリックすると、ディレクトリを検索して新しい連絡先を一覧に追加できます。

連絡先を並べ替える

連絡先は、さまざまな方法で並べ替えることができます。[表示] タブの [連絡先] をクリックし、一覧からオプションを選択します。

  • [フォルダー]: 連絡先はフォルダーを基準に分類表示されます。

  • [名前順]: 連絡先はアルファベット順に表示されます。

  • [状態]: 連絡先は現在の状態に従って分類されます。状態のカテゴリは次のとおりです。

    • [アクティブ]: 現在オンライン状態で、自分のワークスペースのいずれかで処理を実行している連絡先を表示します。

      ワークスペースに直接移動するには、連絡先を右クリックして、[アクティブなワークスペースに移動] をクリックします。選択されているメンバーが複数のワークスペースでアクティブな場合は、[ワークスペースの選択] ウィンドウが開き、一覧が表示されます。

    • [オンライン]: 現在オンライン状態の連絡先が表示されます。

    • [オフライン]: 現在オフライン状態の連絡先が表示されます。これらの連絡先は、Communicator でまだ使用できる場合があります。

  • 状態を確認します。メンバーの確認状態に基づいて並べ替えられます。

連絡先をフォルダーに整理する

連絡先はフォルダーに整理できます。フォルダーを表示するオプションを選択すると、カテゴリが表示されます。

  1. [表示] タブで、[連絡先] ドロップダウン メニューをクリックし、[フォルダー] をクリックします。

  2. [連絡先] ボックスの一覧で、新しいフォルダーを配置する場所をクリックします。

    フォルダーは、選択されているたフォルダー (存在する場合) と同じレベルに作成されます。たとえば、既にフォルダー内に存在する連絡先を選択すると、新しいフォルダーはそのフォルダーの子フォルダーとして表示されます。

  3. [表示] タブの [新しいフォルダー] をクリックします。

  4. フォルダー名 "新しいフォルダー" を、そのフォルダー内の連絡先に適した名前に変更します。

  5. 連絡先を新しいフォルダーにドラッグ アンド ドロップするか、新しい連絡先を追加します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×