SharePoint Workspace 2010 の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Groove は Microsoft SharePoint Workspace という名称に変更されました。以前のバージョンにあった基本的なツールと機能は、その大半が最新バージョンでも引き続きサポートされます。たとえば、生産性を向上するためのさまざまなツールを備えたコラボレーション ワークスペースも従来と同様、手軽に作成して展開することができます。

ただし、このリリースは、Microsoft の SharePoint テクノロジの価値を高めることを最優先課題としています。そのような経緯から、Microsoft SharePoint Workspace には、ユーザーが社内ネットワークに接続されていない状態でも、SharePoint サイトに格納されたコンテンツにアクセスして共有できる強力なツールが新たに追加されています。

この記事の内容

SharePoint ワークスペース

Windows Phone 7 対応 SharePoint Workspace Mobile 2010

Groove ワークスペース

ユーザー設定のリスト ツール

Groove 2007 フォーム ツールと InfoPath フォーム ツールについて

予定表ツール

Windows Search

Microsoft Office Communicator メッセージング

単純化されたログイン

Microsoft Office リボン テクノロジ

Backstage ビュー

セーフ モード

SharePoint ワークスペース

Microsoft SharePoint Workspace 2010 には、"SharePoint ワークスペース" という新しいタイプのワークスペースが導入されています。SharePoint ワークスペースを使用すると、ローカル コンピューター上の SharePoint サイトのコンテンツにアクセスできます。たとえば、ドキュメント ライブラリのコンテンツのほか、各種のリストのコンテンツにアクセスすることができます。

SharePoint ワークスペースは、SharePoint サイトと同期された自分専用のコピーです。他の種類のワークスペースとは異なり、SharePoint ワークスペースのメンバーシップは、SharePoint サイトを自分のローカル コンピューターと同期している個々のユーザーに限定されます。

SharePoint ワークスペースは、2 とおりの方法で作成できます。通常は、ローカル コンピューターの同期先の SharePoint サイトから直接作成します。その場合は、SharePoint サイトから、[サイトの操作] をクリックし、[ワークスペースと同期] をクリックします。

もう 1 つは、SharePoint Workspace を起動バーから作成する方法です。その場合は、ローカル コンピューターの同期先の SharePoint サイトの Web アドレスを指定する必要があります。

SharePoint Workspace でのコンテンツ更新は、SharePoint サイトとの間でスケジュールに従って自動的に同期されます。SharePoint ワークスペースと SharePoint サイト間の同期を、任意のタイミングで手動で行うように強制することもできます。また、SharePoint サイトの同じコンテンツへのアクセス権を持つ他のユーザーが同時に編集を試みる可能性もあります。そのような場合は、SharePoint ワークスペースのコンテンツをチェックアウトすることによって編集の競合を避けることができます。

ページの先頭へ

Windows Phone 7 対応 SharePoint Workspace Mobile 2010

Windows Phone 7 を持っている場合は、職場にいても、自宅にいても、外出先でも、どこからでも Microsoft Office Mobile 2010 を使用してファイルを操作できます。SharePoint Workspace Mobile 2010 は Office Mobile の一部であり、電話の Office ハブに既に入っているため、さらに何かをダウンロードしたりインストールしたりしなくてもすぐに使い始めることができます。

SharePoint Workspace Mobile 2010

SharePoint Workspace Mobile を使用すれば、SharePoint サイトに保存されている最新バージョンのドキュメントを携帯でも利用できます。インターネットに接続している場合は、次のことが可能です。

  • SharePoint 2010 サイトでホストされているコンテンツを表示する。

  • SharePoint 2010 サイトでホストされている Word、Excel、PowerPoint、および OneNote のファイルを開いて編集する。

  • SharePoint 2010 のサイト、リスト、およびドキュメント ライブラリを参照する。

また、SharePoint Workspace Mobile を使用すれば、SharePoint 2010 のファイルをオフラインで取得して、電話に配置することもできます。その後、ドキュメントを開いて編集し、オンラインに戻ったときに SharePoint サイトに保存することができます。

Windows Phone 7 対応 Office Mobile 2010 については、こちらをご覧ください。SharePoint Workspace Mobile については、こちらをご覧ください。

Windows Phone 7 を利用している場合は、携帯電話から操作手順のヘルプを確認できます

ページの先頭へ

Groove ワークスペース

Groove ワークスペースは、Microsoft Office Groove のユーザーにはおなじみの、複数のユーザーをピアツーピアで接続する共同作業のための空間です。以前と同様、Groove ワークスペースにはメンバーを複数追加することができ、ディスカッション、予定表、ドキュメントなど、生産性を向上するためのさまざまなツールが用意されています。

新しい Groove ワークスペースを作成するときに、ユーザーは、2010 (既定) と 2007 のいずれかのバージョンを選択できます。追加できるツールはワークスペースのバージョンによって異なり、両者を混在させることはできません。2010 バージョンのワークスペースのすべてのメンバーは、Microsoft SharePoint Workspace 2010 を実行している必要があります。2007 バージョンのワークスペースのすべてのメンバーは Microsoft Office Groove 2007 または Microsoft SharePoint Workspace 2010 を実行している必要があります。

ページの先頭へ

ユーザー設定のリスト ツール

SharePoint Workspace 2010 には、カスタム データ コレクション ツールを設計して展開するための "リスト ツール" が導入されました。リスト ツールのすべてのフォーム テンプレートは、Microsoft Office InfoPath で設計し、更新した後で、インポートします。インポート後は、ツール開発者がリスト ツールのデザイナーで、ビューのレイアウトや、並べ替えのセットアップ、フィルターのセットアップなど、別途デザイン作業を行います。

ページの先頭へ

Groove 2007 フォーム ツールと InfoPath フォーム ツールについて

Groove 2007 フォーム ツールおよび InfoPath フォーム ツールで開発されたあらゆるカスタム ツールは、Microsoft SharePoint Workspace 2010 でも引き続き機能します。ただし、今後は、最新のリスト ツールが、これらのツールの後継として、新しいカスタム ツールを開発するための標準のツールとなります。そのため、InfoPath フォーム ツールと Groove 2007 フォーム ツールのフォーム デザイナーは無効となります。Groove 2007 または InfoPath の既存のフォーム ツールでデザインを更新する場合は、まだ Groove 2007 を実行しているワークスペースのメンバーが行う必要があります。

ページの先頭へ

予定表ツール

SharePoint Workspace 2010 には、新しい予定表ツールが導入されています。これまで Groove 2007 予定表と Groove 2007 会議ツールを使用していた場合、アップグレード後、両方のツールの概念と機能が、新しい予定表ツールに引き継がれていることがよくわかることと思います。

ワークスペース メンバーは予定表ツールを使用して、個々の会議または定期的な会議のスケジュール作成、会議の議題設定、会議出席者の管理、会議メモの作成、会議概要の記録など、会議のライフサイクルを管理できます。

ページの先頭へ

Windows Search

ワークスペース内のコンテンツ検索を効率化するため、SharePoint ワークスペースに、新たに Windows Search バージョン 4.0 がサポートされました。今後は、2010 ワークスペースの大半のツールおよび 2007 ワークスペースのいくつかのツールからコンテンツを検索できます。詳細については、「SharePoint Workspace で内容を検索する」を参照してください。

ページの先頭へ

Microsoft Office Communicator メッセージング

SharePoint Workspace では、そのメッセージング システムとして Microsoft Office Communicator が使用されます。Office Communicator の会話を開始するには、起動バーで連絡先リスト内の任意の連絡先をダブルクリックするか、ワークスペース メンバー リスト内の任意のメンバーをダブルクリックします。

Groove 2007 のメッセージング システムも引き続き利用できます。任意の連絡先またはワークスペース メンバーを右クリックして、[メンバー メッセージの送信] をクリックします。

ページの先頭へ

単純化されたログイン

SharePoint Workspace アカウントには、プログラムを起動すると自動的にログインできます。ユーザー名とパスワードなどの資格情報を、コンピューターの起動時や Windows へのログイン時だけでなくプログラムの起動時にも入力するという、従来のような二重の手間は必要ありません。

ページの先頭へ

Microsoft Office リボン テクノロジ

既に他の Microsoft Office 製品で利用されているリボン テクノロジは、SharePoint Workspace にもそのまま採用されています。したがって、ほとんどの作業は、各種のリボン タブにあるグラフィカルなオプションをクリックすることによって実行できます。利用頻度の高いほとんどの作業がリボンに集められているほか、クイック アクセス ツールバー にもいくつかのオプションが表示されます。

ページの先頭へ

Backstage ビュー

リボンの [ファイル] タブをクリックすると、Backstage ビューが表示されます。他の Microsoft Office アプリケーションと同様、あらゆる管理タスクを Backstage ビューで実行することができます。たとえば、SharePoint Workspace の場合、接続設定の変更、警告の設定、アカウントの基本設定の管理、メッセージ履歴の確認と管理、ワークスペースの作成、印刷、ワークスペース テンプレートやワークスペース アーカイブの作成などの管理タスクを実行できます。

ページの先頭へ

セーフ モード

SharePoint Workspace が何らかの理由でクラッシュしたなど、SharePoint Workspace のアカウントまたはインストール環境に問題が生じた場合、プログラムを "セーフ モード" で再起動することができます。SharePoint Workspace をセーフ モードで実行することによって、アカウントの問題を解決できる可能性があります。たとえば、問題の原因がワークスペースの破損に関係している場合、SharePoint Workspace をセーフ モードで実行して、不具合のあるワークスペースを削除してから、SharePoint Workspace を通常どおりに再起動します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×