SharePoint Workspace 2010 のワークスペースの詳しい説明

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、SharePoint Workspace で作成できるワークスペースの種類について説明します。

詳細

SharePoint ワークスペース

Groove ワークスペース

共有フォルダー

SharePoint ワークスペース

この種類のワークスペースでは、SharePoint サイトのコピーを、サーバーと自動的に同期されるローカル コンピューターに作成します。

SharePoint ワークスペースは、自分用の SharePoint サイトのパーソナル コピー、つまりオフラインでそのサイトから同期して使うために選択したリストおよびライブラリです。ワークスペースのメンバーは自分だけです。ワークスペースを SharePoint サイトと同期することで、コンテンツの更新内容を他の SharePoint ユーザーと共有します。

注: Groove ワークスペースとは異なり、SharePoint ワークスペースではユーザーがアカウントを持つ複数のコンピューター間での同期は行われません。 各コンピューター上に SharePoint ワークスペースの個別のコピーを作成する必要があります。

つまり、SharePoint ワークスペースを使用すると、ネットワークに接続しているかどうかに関係なく、SharePoint サイトのコンテンツにいつでもアクセスできます。

注: SharePoint ワークスペースは、Microsoft SharePoint Server 2010 以降、Microsoft SharePoint Foundation 2010、SharePoint Online 2010 サーバー以降で実行されているサイトとのみ同期できます。

SharePoint を作成する理由

SharePoint ワークスペースを作成する最大の理由は、ネットワークにアクセスできないときやオフライン状態のときにも SharePoint サイトのデータにアクセスできるようにするためです。

さらに、多くのユーザーは、Web ブラウザーから直接 SharePoint サイトを操作する場合と比べ、SharePoint ワークスペースに用意されている機能や環境の方を好む場合があります。たとえば、SharePoint ワークスペースには、リストやライブラリ間をすばやく簡単に移動できる機能が用意されています。マウスをクリックするだけでこれらのリストやライブラリを切り替えることができるため、Web ページを読み込む必要がありません。複数の SharePoint サイトからのコンテンツを操作する場合は、このコンテンツをいくつかの SharePoint ワークスペースにダウンロードし、SharePoint Workspace 起動バーにまとめて、すばやくアクセスできるように配置できます。

さらに、SharePoint ワークスペースでは、豊富なアプリケーション機能を利用し、リストやライブラリのアイテムやファイルの追加、編集などの多くの標準操作を簡単に実行できます。

SharePoint ワークスペースの作成方法

SharePoint ワークスペースは、次のいずれかの場所から作成できます。

  • Web ブラウザーでの SharePoint サイト

  • SharePoint Workspace の起動バー

Web ブラウザーで SharePoint サイトにアクセスしているときに SharePoint ワークスペースを作成する

コンピューターにコピーする SharePoint サイトで作業を開始できるため、これが最も簡単で確実なワークスペースの作成方法です。つまり、コンピューターと同期する SharePoint サイトに既にアクセスしているわけです。

SharePoint サイトにアクセスして、SharePoint ワークスペースを作成する、[サイトの操作] メニューをクリックしてに同期] をクリックして SharePoint Workspaceします。

注:  [サイトの操作] メニューが表示されない場合、これは、SharePoint サイトが SharePoint Server 2013 などの最新バージョンの SharePoint でホストされていることを意味します。 これに該当する場合は、次のセクションの説明に従って、SharePoint Workspace 起動バーからワークスペースを作成する必要があります。

SharePoint Workspace の起動バーから SharePoint ワークスペースを作成する

SharePoint Workspace 起動バーまたはBackstage ビューから SharePoint ワークスペースを作成できます。ここではで入力したり、必要な SharePoint サイトの Web アドレスを貼り付ける必要があり、SharePoint サイトの資格情報を入力する必要があります。

SharePoint ワークスペースのダウンロード オプション

SharePoint ワークスペースの初回作成時、最初のダウンロード設定では、選択した SharePoint サイトにある、サポートされているすべてのリストおよびライブラリからすべてのアイテムをダウンロードするように設定されています。

また、選択したリストおよびライブラリからのみアイテムが取得されるようにダウンロードを構成することもできます。ダウンロード対象を選択すると、このコンテンツを操作するまで、他のリストやライブラリからのアイテムのダウンロードを延期するオプションが与えられます。リストおよびライブラリは SharePoint ワークスペースに表示されたままですが、アイテム リストの代わりに、今すぐアイテムをダウンロードするか、SharePoint サイト上のリストまたはライブラリに移動するかを示すオプションが表示されます。

SharePoint ワークスペースでの外部リストの使用について

Microsoft Business Connectivity Services (BCS) アプリケーションでは、いくつかの SharePoint リストが作成されます。SharePoint ワークスペースを作成すると、これらのリストは、種類別に並べ替えられたとき"外部リスト] の下の [コンテンツ] ウィンドウで表示されます。この種類のリストの使用を他の SharePoint リストからとは異なる方法の詳細については、次を参照してくださいSharePoint ワークスペースの外部リストを使用します。

注: BCS は SharePoint Online サービス Update 1 で現在サポートされていますが、SharePoint Online でホストされる外部リストを SharePoint ワークスペースに同期することはできません。

サポートされていないコンテンツ タイプについて

大幅にカスタマイズされたリストがある問題がありますが、ほとんどのリストと SharePoint ワークスペースでライブラリを同期できます。SharePoint ワークスペースを作成すると、サポートされていないコンテンツ タイプは、種類でワークスペースを並べ替えたときサーバーで利用できる見出しの下コンテンツ パネルに表示します。これらのコンテンツ タイプのいずれかを選択すると、ブラウザーでリストを開くオプションが表示されます。SharePoint Workspace では、コンテンツ タイプをサポートするも表示するためのオプションリストに接続します。

次のコンテンツまたはサイト タイプは、現在は SharePoint  ワークスペースで同期できません。

  • Calendar/Events リスト

  • Wiki

  • Blog サイト

  • ポータル サイト

  • 会議ワークスペース サイト

  • フォーム ライブラリ

  • スライド ライブラリ

  • アンケート

  • サイト ディレクトリ

  • ドキュメント ライブラリに格納された OneNote ノートブック

  • IRM-protected ドキュメント ライブラリ。ただし、個々に保護されたファイルは、適切な認証があれば、非 IRM-protected ドキュメント ライブラリで同期できます。

  • Visio プロセス リポジトリ

SharePoint ワークスペースと、対応する SharePoint サイトとの間でのコンテンツの同期について

SharePoint ワークスペースは基本的に、サーバー上の SharePoint サイトに保存されているコンテンツの最新のコピーです。そのため、ワークスペースとサーバーが同期されるたびに、SharePoint ワークスペース内のコンテンツに対して行われた変更が、サーバー上のバージョンに反映されます。たとえば、SharePoint ワークスペースのアイテムに対して削除や名前変更を行うと、サーバー上の同じアイテムに対しても削除や名前変更が行われます。同様に、サーバー上のアイテムに対して削除や名前変更を行うと、SharePoint ワークスペース上のアイテムに対しても削除や名前変更が行われます。

SharePoint ワークスペースの削除について

SharePoint サイトのローカル コピーを削除するには、起動バーから SharePoint ワークスペースを削除します。サーバー上の SharePoint サイトに保存されているコンテンツも効果はありません。つまりは SharePoint ワークスペースを削除していないワークスペースに、サーバーからダウンロードしたコンテンツを削除します。SharePoint ワークスペースを削除すると、ことができる場合は、ワークスペースを作成する新しい SharePoint、正確な同じ SharePoint サイトを参照します。

ページの先頭へ

Groove ワークスペース

これは、Microsoft Office Groove (SharePoint Workspace の以前の製品名) 用に開発された、オリジナルのワークスペースです。

この種類のワークスペースでは、共通の目的や目標を持つグループまたは組織が、アイデアを共有したり、共同で作業できます。Groove ワークスペースには通常、2 人以上の "メンバー" がいます。メンバーは、招待状を介してワークスペースに参加します。ワークスペース コンテンツは、きわめて動的です。オンライン状態になっているすべてのメンバーには、お互いの更新内容が即座にわかります。オンラインになると、自分と他のメンバーが更新内容を送受信し合います。

Groove ワークスペースには、さまざまなアプリケーションの特殊なツールを使用するメンバーができるようにします。たとえば、マーケティング資料の開発について話し合う毎週の会議を実施しています。アクティビティのタスクを割り当てる、期限の設定を伴う場合があり、作業を完了を確認します。ワークスペースのメンバーがドキュメント ツールでファイルを投稿可能性がありますこの会議を容易にするには、ディスカッション ツールの問題について説明し、会議の議事録、予定表ツールを使用して共同作業を行います。すべてのメンバー ワークスペースで、同時に現在オンライン可能性のある操作リアルタイムチャットを使用します。

ツールの一覧を表示すると、ワークスペースに追加するユーザー設定ツールを作成するのには Microsoft Office InfoPath と組み合わせてが使用されます。複雑さとユーザー設定のツールの機能大きく異なる場合によってはほとんどの場合、目標と infopath ツールの創造力します。任意のデザイナーをさまざまなデータ入力フォームのレイアウトの入力フィールドで構成される単純なツールを構築できるようになります。

Groove ワークスペースの制限事項

ワークスペースについては、最適なパフォーマンスを得るには、特定のサイズの制限はありませんが、2 gb 以内の任意のワークスペースのサイズを制限することをお勧めします。現在のワークスペースのサイズを確認するワークスペース プロパティを表示することができます。

注: SharePoint Workspace では、2 GB を超える Groove ワークスペースを新しい招待先に送信することはできません。

ページの先頭へ

共有フォルダー

Groove ワークスペースの代わりに、名前を付けて、ファイル システムの共有フォルダーを作成することもできます。この種類のワークスペースでは、共有フォルダーの内容 Windows ファイル システムの他の SharePoint ワークスペースのユーザーと自分のアカウントがあるすべてのコンピューター間での招待状にすることができます。詳細については、共有フォルダーについて参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×