SharePoint Workspace 2010 のワークスペースの全般的なプロパティを表示または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

起動バーで、ワークスペースを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。次に、[全般] タブをクリックすると、ワークスペースの全般プロパティが開きます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ワークスペースの情報を表示します。

表示または Groove ワークスペースに必要なバージョンを変更します。

追加またはこのワークスペースの説明を編集します。

すべてのコンピューターにワークスペースを自動的にダウンロードします。

選択したワークスペースに関する情報を表示する

選択したワークスペースに関して、次の情報を表示できます。

  • バージョン: ワークスペースが作成された SharePoint Workspace のバージョン。

  • テンプレート: ワークスペース テンプレートのバージョン番号。

  • 作成者: ワークスペースを作成したユーザーの名前。

  • 作成日時: ワークスペースを作成した日時。

  • 必要条件: ワークスペースとツールのすべての機能にアクセスするために必要な SharePoint Workspace の最小バージョン。

  • 共有フォルダーのプロパティ: 共有フォルダーの場合は、[プロパティ] ダイアログ ボックスに [フォルダー情報] タブおよび [状態] タブがあります。これらのタブでは、現在同期されているルート フォルダーのパス、除外するファイルおよびファイル拡張子、現在の同期状態などの情報が表示されます。

ページの先頭へ

Groove ワークスペースに必要なバージョンを表示または変更する

Groove ワークスペースに必要なバージョンを変更するには、ドロップダウン メニュー (使用可能な場合) から SharePoint Workspace の新しいバージョンを選択します。

各ワークスペースのツールに必要な SharePoint Workspace のバージョンは、ワークスペースの作成時に最初に設定されます。つまり、自他のメンバーがワークスペースに追加したすべてのツールは、必要なバージョン以降の SharePoint Workspace を実行しているメンバーのみが使用できます。以前のバージョンの SharePoint Workspace を実行しているメンバーが新しいバージョンを必要とするワークスペースのツールを使用しようとすると、ソフトウェアの更新を求めるメッセージが表示されます。また、ワークスペースへの招待を受けたメンバーが以前のバージョンを実行している場合にも、招待を承諾する前に SharePoint Workspace の更新が必要になることがあります。

ワークスペースの管理者は、メンバーが新しいバージョンのツールをワークスペースに追加できるように、SharePoint Workspace のバージョン番号を変更する場合があります。ただし、バージョンの変更には次の注意事項があります。

  • ワークスペースに必要なバージョンを下げることはできません。このバージョンを上げると、以前のバージョンの SharePoint Workspace を実行しているメンバーは、新しいツールがワークスペースに追加されたときに SharePoint Workspace をアップグレードするように求められる場合があります。

ページの先頭へ

ワークスペースの説明を追加または編集する

ワークスペースの管理者は、[説明] ボックスでテキストを追加または編集できます。

ページの先頭へ

すべてのコンピューターにワークスペースを自動的にダウンロードする

複数のコンピューターで SharePoint Workspace を実行する (または今後実行する予定がある) 場合、[自分が使用している全コンピューターに自動的にダウンロードする] チェック ボックスをオンにすることができます。このチェック ボックスをオンにすると、別のコンピューターで自分のアカウントにログインしたときに、ワークスペースが自動的にダウンロードされます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×