SharePoint Workspace 2010 のドキュメント ツール

2010 ドキュメント ツールにより、Windows エクスプローラーと同様の階層的なフォルダー構造で、ドキュメントを保管して整理することができます。 ドキュメント ツールのドキュメントは、そのファイルの種類をサポートするアプリケーション プログラムを所有していれば開くことができます。

このヘルプ記事では、次の種類のワークスペースのドキュメント ツールで実行できるタスクについて説明します。

SharePoint ワークスペースでドキュメント ツールを使用する

SharePoint ワークスペースでは、ドキュメント ツールは、SharePoint ドキュメント ライブラリと同義語です。 ドキュメント ライブラリで作成または追加できるドキュメントの種類は、SharePoint サイトで各特定のドキュメント ライブラリに対して定義した設定によって決まります。

実行する操作

ページの先頭へ

Groove ワークスペースでドキュメント ツールを使用する

Groove ワークスペースでは、作成できるファイルの種類は、システムにインストールされたソフトウェア アプリケーションによります。 さらに、追加できるファイルの種類は、管理者によって設定されたポリシーによる場合があります。

ページの先頭へ

実行する操作

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×