SharePoint Workspace 2010 で廃止、変更される機能

Microsoft Office Groove 2007 または以前のバージョンの Groove (Groove Virtual Office 3.x など) で利用できたが、Microsoft SharePoint Workspace 2010 で廃止または変更された機能を次の表に示します。

  • SharePoint Workspace 製品    Microsoft Office Groove は Microsoft SharePoint Workspace という名前になりました。

  • ツールの場所    SharePoint Workspace 2010 では、ワークスペースのツールの一覧はウィンドウの左側にあるナビゲーション ウィンドウに表示されるようになりました。以前のバージョンでは、ツールの一覧はウィンドウの下部にタブとして表示されていました。デザインが新しくなり、ドラッグ アンド ドロップでツールを並べ替えることはできなくなりました。代わりに、ナビゲーション ウィンドウでは、種類別またはアルファベット順にツールを並べ替えることができます。

  • ログイン パスワードとスマートカード    SharePoint Workspace 2010 では、アカウントにアクセスする際に、パスワードを入力したり、スマートカード メディアを使用したりする必要がなくなりました。代わりに、アカウント データは Windows ログイン資格情報によって保護されます。

  • ワークスペース マネージャー    以前のリリースには、ワークスペース マネージャー ウィンドウがあり、そこにすべてのワークスペースの一覧が表示され、前回未読にされた日時などの情報が記載されていました。この機能は、SharePoint Workspace 2010 では削除されています。ただし、ワークスペースの関連情報は、すべて SharePoint Workspace の開始バーで確認できます。

  • 連絡先の通知    SharePoint Workspace 2010 では、連絡先に通知を設定できなくなりました。また、以前のリリースで連絡先に通知を設定していた場合、すべて削除されます。連絡先に通知を設定する代わりに、Microsoft Office Communicator のように、連絡先に "タグ" を設定できます。

  • Outlook に限定された招待の電子メール    以前のリリースでは、アプリケーションから直接 Outlook 以外の電子メール クライアントを利用して招待の電子メールを送信できました。SharePoint Workspace 2010 では、別の電子メール クライアントを利用して招待の電子メールを送信するには、招待状をコピーして貼り付けるか、添付ファイルとして送信する必要があります。Outlook 2010 を使用している場合は、引き続きアプリケーションからシームレスに招待の電子メールを送信できます。[Microsoft Outlook を使用して招待の電子メールを送信する] チェック ボックスは、[基本設定] ダイアログ ボックスから削除されています。

  • Groove フォームと InfoPath フォーム デザイナー    Groove 2007 フォーム ツールおよび InfoPath フォーム ツールを使用して開発されたカスタム ツールは、Microsoft SharePoint Workspace 2010 で引き続き機能します。ただし、新しいカスタム ツールを開発するための標準ツールであるこれらのツールは、新しいリスト ツールに置き換えられています。そのため、Groove 2007 フォーム ツールと InfoPath フォーム ツールのフォーム デザイナーは使用できなくなりました。既存の Groove 2007 フォーム ツールまたは InfoPath フォーム ツールでデザインを更新するには、まだ Groove 2007 を使用しているワークスペース メンバーが行う必要があります。

  • カスタム ツールまたはカスタム ツール セットの追加    カスタム ツールを追加するオプションおよびツールのカスタム グループを作成するオプションは、このリリースでは削除されています。ツール テンプレートとして保存したツールは、[ツールの追加] を使用して参照できます。

  • ワークスペース エクスプローラーの連絡先リスト    ワークスペース エクスプローラーから連絡先リストにアクセスできなくなりました。ただし、開始バーを使うことで連絡先リストにアクセスできるのは従来どおりです。

  • ワークスペース エクスプローラーのワークスペース リスト    ワークスペース エクスプローラーからワークスペース リストにアクセスできなくなりました。ただし、開始バーを使うことでワークスペース リストにアクセスできるのは従来どおりです。

  • ライト チャットの招待状    Microsoft Office Communicator は Microsoft Office 2010 に統合されました。Communicator では、複数のユーザーでチャットを実行できるため、SharePoint Workspace 2010 のライト チャットの招待状は、重複する機能として削除されています。

  • [一緒に移動]    [オプション] メニューの [一緒に移動] 機能は、SharePoint Workspace 2010 では削除されています。この機能を使用すると、1 名のワークスペース メンバーが、[一緒に移動] を有効にしているすべての Groove ワークスペースのメンバーに、ワークスペースのユーザー インターフェイス (UI) 上で同じ操作を実行させることができました。たとえば、この "リーダー" がツールを開くと、他のすべてのメンバーで自動的に同じツールが開かれます。SharePoint Workspace 2010 の場合、ワークスペース メンバーがワークスペース上で同じ操作をするには、チャット ウィンドウ、インスタント メッセージ、電話などの他の手段を使用する必要があります。

  • 音声チャット    以前のリリースでは、Groove ワークスペースのメンバーは、Groove ワークスペースのテキスト チャット機能だけでなく、コンピューターにマイクを接続すれば、音声チャット機能も使用できました。この機能は、現在のリリースでは廃止されています。

  • インク チャット機能    以前のリリースでは、Groove ワークスペースのチャット領域にインク モードがありました。インク モードを有効にすると、チャット エントリを作成する際に使用する描画ツールを選択できました。この機能は、現在のリリースでは廃止されています。

  • 音声メッセージ    以前のリリースでは、インスタント メッセージやワークスペースへの招待と共に送信された音声メッセージを記録できました。この機能は、現在のリリースでは廃止されています。

  • 複数の ID    以前のリリースでは、1 つのアカウントで使用する一意の ID を追加作成できました。追加の ID を作成するのは、別のユーザーとして通信するためです。この機能は、現在のリリースでは廃止されています。以前のリリースで追加の ID を作成し、アップグレードした場合は、それらの ID を引き続き使用できます。ただし、新しい ID を作成することはできません。

  • Office Messenger と Office Communicator の統合    Windows API ベースの Office Messenger と Office Communicator の統合は、Microsoft SharePoint Workspace 2010 では削除され、Microsoft Office ベースの統合に置き換えられています。これにより、Microsoft Office 2010 アプリケーション全体で、機能性、堅牢性、および操作の一貫性が向上しています。SharePoint Workspace 2010 の連絡先で使用可能な情報と操作を参照できます。

  • [利用停止] オーバーレイ アイコン    Microsoft Office Groove 2007 ワークスペース内で利用停止されたユーザー アカウントは、[利用停止] ユーザー インターフェイス グループに追加され、[利用停止] オーバーレイ アイコンがプレゼンス インジケーターに表示されます。Microsoft SharePoint Workspace 2010 では、[利用停止] オーバーレイ アイコンは削除されています。利用停止になったユーザーは Office Groove 2007 と同じようにグループ化されますが、ユーザー インターフェイスにはグループ名が表示されます。

  • メンバーがワークスペースに入力したツールの状態に関するヒント情報    Microsoft Office Groove 2007 では、メンバーがワークスペース内のツールを開くたびに、他のすべてのユーザーに、この状態変更を通知するヒントが表示されます。この機能は、SharePoint Workspace 2010 では削除されています。ただし、ツール名の番号付きプレゼンス インジケーターをポイントして、現在ツールを使用しているメンバーの名前を表示することはできます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×